記事内にプロモーションを含みます。
「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」にならないよう配慮し、法令遵守に基づいた運営を行っています。

Wordの均等割り付け|異なる文字数の単語をキレイに揃える!

  • URLをコピーしました!

Wordでメニュー表やイベントの案内文を作成するとき、なるべく見やすいものにしたいですよね。

たとえば、下の画像はジムのレッスン料金表です。

悪くはないのですが、ちょっと読みにくいですね…

そこで本記事では、Wordの均等割り付けという機能を使ってもう少しを読みやすく・キレイに整形していきます。

基本・便利ワザが50本以上!

関連記事Wordの使い方講座|基本操作を覚えて脱・初心者! ≫

記事作成:ヤットキ
  • 大手通信企業の元SE
  • Web業界歴10年のWeb解析士
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
目 次

Wordの均等割り付け|異なる文字数の単語をキレイに揃える!

それではさっそく、上の料金表をキレイに整えて読みやすくしていきましょう。

キレイに整える箇所はコース名の右端です。出来上がりイメージはこんな感じです。

最初よりも格段に見やすくなったのではないでしょうか。

次項からその方法を説明していきます。

なお、これとは別にリーダー線を付ける方法もあります。

詳しくは下の記事をどうぞ。

関連記事Word 右揃えタブによるリーダー線の引き方

Wordの均等割り付けのやり方

まず、均等割り付けの適用箇所を全選択してください。

この際、Ctrlキーを押しながら選択するのがコツです。

たとえば上の例だと、まず『おためし:』部分を選択してください(いつものようにマウスで選択するか、Shiftキーを押しながらキーで選択)。

その後、Ctrlキーを押しながら、『ビギナーコース:』部分をマウスでなぞります。

さらに、Ctrlキーを押しながら、『ステップアップコース:』部分をマウスでなぞりましょう。こうすることで、上の画像のように飛び飛びの文字列を選択できます。

ここまでできればもう少し!

ツールバーの均等割り付けボタンを押しましょう。下の画像のように2か所あるので、どちらかを押してください(どちらでもOKです)。

文字の均等割り付けウィンドウが表示されるので、そのままOKボタンを押しましょう。

新しい文字列の幅という入力欄があります。入力値によって割り付け幅が増減しますが、選択範囲内の最大文字数が自動的に入力されるので特に入力の必要はありません。

OKボタンを押すと、下のようにWordでの均等割り付けが完了します。

まとめ)Wordの均等割り付け

以上、Wordの均等割り付けの方法を説明しました。

均等割り付けって聞くと、こんな人がいるかもしれません。

なんか難しくてややこしそう…

でも、実際やってみると案外簡単です。

ぜひともチャレンジしてみてください!

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

【関連記事 (クリックで展開)

70本以上の基本・便利ワザ!   

  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次