\ 最大10%ポイントアップ! /詳細を見る
記事内にプロモーションを含みます。
「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」にならないよう配慮し、法令遵守に基づいた運営を行っています。

Word文書での表紙の作り方|テンプレートから自作まで

  • URLをコピーしました!

仕事や学校で提出するレポートには表紙を付けるのが常識です。

しかし、よくよく考えるとどうやって作ればいいんだろうと疑問を持つ人も多いはず。

改行を繰り返して、2ページ目から書き出せばいいんでしょ?

上の吹き出しのように考えている人、いませんか?

確かに改行の連続でもよさそうですが、それだと『私はWordが苦手です!』と告白しているようなもの!

そこで本記事では、Word文書における表紙の作り方をお伝えします。

改行マークだらけの表紙はちょっとカッコ悪いですよ!

Word・Excel・PowerPointをオンラインでマスター!

良質なオリジナル教材で効率的にスキルアップできます。

個人でも利用できる給付金・補助金制度あり

良質な講座を良心的な受講料で

オンラインと常駐講師のハイブリッド

基本・便利ワザが90本以上!

関連記事Wordの使い方講座|基本操作を覚えて脱・初心者! ≫

記事作成:ヤットキ
  • 大手通信企業の元SE
  • Web業界歴15年のWeb解析士
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
目 次

Word文書での表紙の作り方|テンプレートから自作まで

Word文書で表紙を作成するときのポイントは、1ページ目に表紙を挿入する方法をしっかりマスターすることです。

きっと多くの人は、こんな感じでEnterキーを連打して改行していると思います。

でもこれだと、表紙に文言を付け加えたときに、それ以降の文章や図表が下にズレてしまいます。

考えただけでも修正がめんどくさそう…

それよりも改ページかセクション区切りを活用しましょう!

  • 改ページ
  • セクション区切り

この方法なら、表紙に文言を追加してもそれ以降のページにズレは出ません。

二つはどう違うの?

改ページは強制的に次ページに移動するときに使用します。これは皆さんご存知のとおりです。

一方、セクション区切りは改ページと同様、強制的に次ページに移動するのですが、それに加えてページ毎に余白や印刷の向きを変えることも可能です。

たとえばセクション区切りでは、2ページ目をA4サイズの縦向き、3ページ目をB5サイズの横向きといった細かい指定ができます。

つまり、改ページとセクション区切りはどちらも強制的に次ページに移動できますが、『ページ毎の設定ができるかどうか』が異なります。

どちらか迷ったら、セクション区切りを選べば間違いありません。

それでは実際に、改ページとセクション区切りを使った表紙の挿入方法を見ていきましょう!

改ページでの表紙の挿入方法

まず、改ページを挿入したい箇所にカーソルを置きましょう。

そして、レイアウトタブ>ページ設定グループ>区切りをクリックします。

改ページを選択してください。

以上の操作でカーソルは2ページ目に移動します。

そして改ページの挿入箇所には次のようなマークがついています。これで完了です!

なお、この改ページマークは印刷されませんのでご安心ください。

セクション区切りでの表紙の挿入方法

セクション区切りを挿入したい箇所にカーソルを置きましょう。

そして、レイアウトタブ>ページ設定グループ>区切りをクリックします。

次のページから開始を選択してください。

以上の操作でカーソルは2ページ目に移動します。

そしてセクション区切りの挿入箇所には次のようなマークがついています。これで完了です!

なお、このセクション区切りマークは印刷されませんのでご安心ください。

表紙の作り方|自作&テンプレート

さて、上記の方法で表紙を挿入するスペースを確保できました。

いよいよ、実際の表紙をデザインしていきます。

その前にまず、マナーとして表紙には次の内容は入れておきましょう。

  • タイトル
  • 所属(会社や学校に在籍している場合)
  • 氏名
  • 日付

それでは、作っていきます!

ここではセクション区切りで表紙用ページを挿入した場合を例にします。

自作による表紙の作り方

自作の場合は、文字列を入力するだけです。

デザインも文言も文字とおり白紙の状態から作成します。

そして、こんな感じの表紙を作りましょう。

テンプレートによる表紙の作り方

次はテンプレートを利用した表紙の作り方です。

まずテンプレを挿入したページにカーソルを合わせます(ページ内のどこでもOK)。

挿入タブ>ページグループ>表紙をクリックしましょう。

↓のようなウィンドウが表示されるので、組み込みの中から選んでください。

1ページ目にテンプレが挿入されるので、各項目に必要事項を入力すれば完成です!

Officeソフトの学習は、一人でパソコンに向かってもなかなか継続できないものです。

その点、パソコン教室には初心者歓迎の講座が用意されていて、Word、Excel、PowerPointをゼロから理解できます。

効率的なスキルアップを手伝ってくれる、経験豊富な講師のサポート体制があるので安心です。

個人でも利用できる給付金・補助金制度あり

良質な講座を良心的な受講料で

eラーニングと常駐講師のハイブリッド

まとめ)Word文書での表紙の作り方

以上、Word文書での表紙の作り方について、自作とテンプレ利用との場合に分けてお伝えしました。

ポイントは、表紙の挿入ページを作成する方法です。

  • 改ページ
  • セクション区切り

これさえマスターすれば、以降のページのズレを気にすることなく表紙をデザインできます。

ぜひお試しください!

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

【関連記事 (クリックで展開)

90本以上の基本・便利ワザ!   

  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次