記事内にプロモーションを含みます。
「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」にならないよう配慮し、法令遵守に基づいた運営を行っています。

Wordで行数表示させる方法|細かいカスタム表示もできる!

  • URLをコピーしました!

Wordのルーラー表示はみんな知っていますが、行数表示もできることを知っていますか?

しかも、利用状況に合わせて表示方法を色々とカスタムできます。

それではさっそくやっていきましょう。

Word・Excel・PowerPointをオンラインでマスター!

良質なオリジナル教材で効率的にスキルアップできます。

個人でも利用できる給付金・補助金制度あり

良質な講座を良心的な受講料で

オンラインと常駐講師のハイブリッド

基本・便利ワザが90本以上!

関連記事Wordの使い方講座|基本操作を覚えて脱・初心者! ≫

記事作成:ヤットキ
  • 大手通信企業の元SE
  • Web業界歴15年のWeb解析士
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
目 次

Wordで行数表示させる方法

Wordで行数表示させる方法は簡単です。

サクッとやっちゃいましょう!

レイアウトタブ>ページ設定グループ>行番号ボタンを押します。

プルダウンから連続番号を選択してください。

そうすると、行番号が左端に表示されます。

以上が、行番号の基本的な表示方法です。

ここからは様々な行番号の表示方法をお伝えします。

ページごとに振り直し

次はページごとに振り直しです。

これは、ぺージが変わるたびに行番号を1から振りなおします。

セクションごとに振り直し

次はセクションごとに振り直しです。

これは、セクション区切りが行われるたびに行番号を1から振りなおします。

現在の段落には表示しない

この現在の段落には表示しないは、選択中の段落には行数非表示となる表示モードです。

下図を見ると、選択中の段落の行数は非表示になっていることが分かります。

行番号オプション

行番号オプションを選択すると↓の画面が表示されます。

行番号をクリックしてください。

そうすると、行番号の開始番号や番号の増え方などを設定できます。

なかなか芸が細かいですね(笑)

Officeソフトの学習は、一人でパソコンに向かってもなかなか継続できないものです。

その点、パソコン教室には初心者歓迎の講座が用意されていて、Word、Excel、PowerPointをゼロから理解できます。

効率的なスキルアップを手伝ってくれる、経験豊富な講師のサポート体制があるので安心です。

個人でも利用できる給付金・補助金制度あり

良質な講座を良心的な受講料で

eラーニングと常駐講師のハイブリッド

まとめ)Wordで行数表示させる方法

以上、Wordで行数表示させる方法をお伝えしました。

文字数制限のある文書を作成するとき、いちいち行数を数えるなんてめんどくさくて大変です。

そんなときはWordに作業してもらいましょう!

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次