記事内にプロモーションを含みます。
「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」にならないよう配慮し、法令遵守に基づいた運営を行っています。

Wordで数種類の区切り線を簡単に引く方法と削除する方法

  • URLをコピーしました!

Wordにおける『区切り線』は、文書内での異なるセクションを区別するために挿入される水平線のことです。

この『区切り線』は例えば、セクション終わりや章の開始など、視覚的に区別したい箇所に挿入されます。

ちょっとしたひと手間で書類がグ~ンと観やすくなるのでぜひやってみましょう!

記事作成:ヤットキ
  • 大手通信企業の元SE
  • Web業界歴10年のWeb解析士
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
目 次

Wordで区切り線を簡単に引く方法と削除する方法

Wordの区切り線は図形の挿入タブから直線を引けば実現できますが、正直なところ少々めんどくさい…。

そこで本記事では、もっと簡単に区切り線を引く方法を紹介します。

しかもこの方法ではマウスを使いません。

といってもやり方はめちゃくちゃ簡単です。

さっそくやっていきましょう!

まず区切り線の挿入箇所にハイフン(全角でも半角でもOK)を3回入力して下さい(ーーーと入力)。

その後、Enterキーを押すと区切り線を引くことができます。

区切り線の種類

区切り線の種類は3つ(一本線、二重線、太線)あります。

それぞれの引き方は以下のとおりです。

一本線ハイフン3回+Enterキー
二重線イコール3回+Enterキー
太 線アンダーバー3回+Enterキー

Wordの区切り線を削除

区切り線の削除はボタン一発です。

ホームタブ>フォントグループ>すべての書式をクリアをクリックします。

これで区切り線の削除は完了です。

まとめ)Wordの区切り線と削除

以上、Wordの区切り線と削除の方法をお伝えしました。

区切り線があると、読者はそこで一呼吸できますし、何より文書全体が見やすくなります。

文書が見やすくなればこちら側の言いたいことを伝えやすくなります。

言いたいことが伝われば、こちらの要求も通りやすくなるかもしれません。

ぜひ区切り線をお試しください!

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

【関連記事 (クリックで展開)

70本以上の基本・便利ワザ!   

  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次