記事内にプロモーションを含みます。
「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」にならないよう配慮し、法令遵守に基づいた運営を行っています。

Word チェックボックスの作り方|レ点を付ける方法とチェックできないときの確認点

  • URLをコピーしました!

チェックボックスはWordでも作成できるんです。

しかも、クリックするたびにレ点が付いたり消えたりするチェックボックスを作れます。

Wordでもチェックボックスを使える!

Wordファイルで社内アンケートを作成するときに便利ですよね。

そこで本記事では、Wordのチェックボックスの作り方とチェックできないときの確認ポイントをお伝えします。

Word・Excel・PowerPointをオンラインでマスター!

良質なオリジナル教材で効率的にスキルアップできます。

個人でも利用できる給付金・補助金制度あり

良質な講座を良心的な受講料で

オンラインと常駐講師のハイブリッド

基本・便利ワザが90本以上!

関連記事Wordの使い方講座|基本操作を覚えて脱・初心者! ≫

記事作成:ヤットキ
  • 大手通信企業の元SE
  • Web業界歴15年のWeb解析士
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
目 次

Word チェックボックスの作り方|レ点を付ける方法とチェックできないときの確認点

まず最初に必要な設定をしておきましょう。

それは開発タブの表示です。通常はデフォルトでこのタブが非表示になっています。

本記事で紹介するチェックボックスの作成には、この開発タブ内のツールを使用します。

ところがこの開発タブ、デフォルトでは非表示となっています。

そこでこの開発タブを表示させるように設定していきましょう。

まずWordを起動して、ファイルをクリックします。

左サイドバーのその他オプションを選択してください。

リボンのユーザー設定メインタブから開発にチェックしてOKボタンを押せば下準備は完了です。

念のため、Wordのツールバーに開発タブが表示されていることを確認してください。

それではいよいよ、Wordにおけるチェックボックスの作り方を説明していきます。

Wordにおけるチェックボックスの作り方

チェックボックスの作り方はめちゃくちゃ簡単です。

なにせ、ボタンを1回クリックするだけ!

まず、挿入したいと箇所にカーソルを合わせて、開発タブ>コントロールグループ>チェックボックスボタンを押しましょう。

これだけで、下の画像のようにチェックボックスを作成できます。

しかし困ったことが一つあります。

実は、このチェックボックスをクリックすると、ではなく×になってしまうんです。これだと当初期待していたイメージと違いますよね…。

そこで、これがとなるようにカスタムしていきます。

まずチェックボックスを選択してください。

その状態で開発タブ>プロパティボタンを押しましょう。

コンテンツコントロールのプロパティウィンドウが表示されるので、選択時の記号の変更をクリックしてください。

記号と特殊文字ウィンドウが表示されます。

フォントにはWingdings 2を選択しましょう。一覧の中にがあるので、これを選択します。

Wingdingsとは絵文字フォントのことです。

これでチェックボックスのカスタマイズは完了です。

実際に確認してみると、こんな感じになっているはずです。

Wordチェックボックスの注意点

上記では、チェックボックスの作り方とレ点を付ける方法をお伝えしましたが、一点だけ注意点があります。

それはのカスタマイズは、そのチェックボックスに限り適用されるという点です。

たとえば、上図③のプロパティボタンから作成した2個目、3個目…のチェックボックスは、クリックするとではなく×になってしまいます。

これは仕様なのでどうしようもありません。

これを回避するためには、にカスタマイズ済みのチェックボックスをコピペしてください。

Officeソフトの学習は、一人でパソコンに向かってもなかなか継続できないものです。

その点、パソコン教室には初心者歓迎の講座が用意されていて、Word、Excel、PowerPointをゼロから理解できます。

効率的なスキルアップを手伝ってくれる、経験豊富な講師のサポート体制があるので安心です。

個人でも利用できる給付金・補助金制度あり

良質な講座を良心的な受講料で

eラーニングと常駐講師のハイブリッド

装飾としてのチェックボックス

ここまではクリックによってチェックマークが表示されるボックスを作成してきましたが、Wordを使い慣れていない人にとっては難しく感じるかもしれません。

もし、チェックマークを装飾として使いたいだけなら、次の二つの方法で簡単に実現できます。

ちなみに、装飾としてのチェックマークとは、チェックマークを四角の枠で囲った文字という意味です。クリックによってチェックが付くといった機能はありません。

具体的には次の2つが挙げられます。

  • 環境依存文字
  • 囲み文字

ではそれぞれを見てみましょう。

環境依存文字

環境依存文字とは、閲覧しているPCによって表示できたりできなかったりする文字のことです。

『チェック』と入力して変換すると、下のような変換候補が表示されます。この中にも環境依存文字がたくさん含まれていますね。

ぱっと見、使ってみたくなるものがたくさんありますが、環境依存文字はWindowsやMacなど、OSの違いで文字化けする可能性があるのであまりおススメできません。

囲み文字

囲み文字とはその名のとおり、枠で囲った文字のことです。

あらかじめ✔と入力後、それを選択した状態でホームタブの囲み文字ボタンを押すと作成できます。

チェックマークに何らかの機能を付ける必要がないなら、環境依存文字や囲み文字の方法でもいいかもしれませんね。

Wordのチェックボックスにチェックできないときの確認ポイント

もし、Wordのチェックボックスにチェックできないというときは、次の2つを疑ってみましょう。

案外、単純な見落としがあるかもしれません。

  • チェックできないチェックボックス
  • 編集不可のWordファイル

チェックできないチェックボックス

そもそも、そのチェックボックスはチェックできないのかもしれません。

単純に『四角』という文字列を変換した□の場合は一見するとチェックボックスに見えますが当然、チェックできないですよね。

また、上で紹介した環境依存文字や囲み文字だとしたら、クリックしてもそのチェックは消えません。

編集不可のWordファイル

もしクリックで✔を付けられるチェックボックスだったとしても、そのファイルが編集不可の制限があればチェックできない仕様です。

そのファイルを作成した人は、第三者による編集を防ぐため意図的に変更不可 (読み取り専用)に設定している可能性があります。

その場合は、変更不可 (読み取り専用)を解除するためのパスワードを教えてもらうか、閲覧だけにとどめましょう。

まとめ)Word チェックボックスの作り方|レ点を付ける方法

以上、『Word チェックボックスの作り方』と題して、レ点を付ける方法やチェックできないときの確認点をお伝えしました。

ちょっとした社内やサークル内でのアンケート文書などに使うと、見やすくなりそうですね。

クリックによって✔を付けたり消したりできるので、Wordのスキルアップのつもりで色々とさわってみるのも楽しいかもしれません!

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

【関連記事 (クリックで展開)

90本以上の基本・便利ワザ!   

  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次