記事内にプロモーションを含みます。
「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」にならないよう配慮し、法令遵守に基づいた運営を行っています。

Wordのインデントで文章をキレイに揃える設定方法|苦手な社会人多し!

  • URLをコピーしました!

社会人になると意外に使う機会が多いのがWordです。

しかしこのWord、苦手な人が多いのも事実。基本的な使い方を知っているとかなり重宝されます。

Wordを知っていると一目置かれること間違いなし!

なかでも、インデント機能は文章作成ソフトであるWordの真骨頂ですが、苦手意識を持つ人はかなりいます。

そもそもインデントとは日本語で『字下げ』という意味で、文章をキレイに揃える超便利機能です。

ぜひ本記事を読んで、インデント機能の設定や基本的な使い方をマスターしてください!

基本・便利ワザが50本以上!

関連記事Wordの使い方講座|基本操作を覚えて脱・初心者! ≫

記事作成:ヤットキ
  • 大手通信企業の元SE
  • Web業界歴10年のWeb解析士
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
目 次

Wordのインデントで文章をキレイに揃える設定方法

それではさっそく、Wordのインデントで文章をキレイに揃える設定を行っていきましょう。

まず最初に、インデント機能を使用するためのルーラー(物差し)を表示させておく必要があります。

表示タブ>表示グループ>ルーラーにチェックを付けましょう。

下のようにルーラーが表示されていれば下準備はOKです。

それではいよいよ、具体的な操作方法を説明していきます。

利用シーン別|Wordのインデントで文章をキレイに揃える設定

以下では、次のようなWordでの利用シーン別のインデント設定を説明します。

これくらいを覚えておけば、ビジネス文書の作成で困ることはないでしょう。

  • 文頭をインデント
  • 右の余白をインデント
  • 項目ごとの説明文をインデント

今回はサンプルとして、次のようなWord文書を使用します。

あとは必要に応じて表などを使えば十分です。

文頭のインデント

『文頭のインデント』とは、具体的に下のような場合です。

赤い四角は分かりやすくするために編集して付けたもので、実際は空白になります。

文頭を字下げすると、段落ごとの区切りを明確になって読みやすくなります。

それでは方法を説明していきましょう。

これは字下げインデントを右にスライドさせるだけです。

これによって文頭が字下げされます。

字下げの適用範囲は、『カーソルが当たっている文章の文頭~改行コードまで』です。

なお、字下げインデントを1回スライドさせると、半角1文字分の字下げになります。

そのため、全角日本語1文字分を字下げするには、2回スライドさせてください。

ちょっと操作のイメージがわかない…

いまいちピンとこない方は、字下げインデント機能を実際に操作してみてください。

きっと、『こういうことか!』と分かるようになります。

習うより慣れろということですね。

ちなみに、文頭のインデントはスペースキーでも代用できます。スペースキーで文頭を字下げすると、字下げインデントも自動的に右スライドします。

右の余白をインデント

インデントは右余白にも適用できます。

方法は先ほどの文頭のインデントと同様です。

右インデントを適用したい段落を選択します。

そして右インデントボタンを左にスライドさせると、選択した段落の右側がインデントされます。

項目ごとの説明文をインデント

『項目ごとの説明文をインデント』と言われてもピンときませんよね…。

要はこういうやつです。

各項目に対応する説明文がインデントされているので見やすいですよね。

もしこれがインデントされていなかったら…

たしかにこりゃ見にくい…

ということでさっそくやっていきましょう!と言いたいところですが、下準備が必要になります。

それはタブ記号の表示です。

Wordのファイルその他オプション文章校正を開いてオートコレクトのオプションをクリックしてください。

左サイドバーの表示を選択して、タブにチェックを入れてOKボタンを押します。これで準備OKです!

上記の設定により、Tabキーを押すとマークが表示されるようになります。後々、これが必要になってきます。

それではさっそくやっていきます。

ぶら下げインデントで字下げ

本項目で説明する字下げには、ぶら下げインデント機能を使います。ぶら下げインデントボタンは、ルーラーにある下のボタンです。

上の図は分かりやすいようにぶら下げインデントをピンク色で塗りつぶしていますが、実際は白色です。

これを右にスライドさせるてぶら下げインデントを行っていきます。

具体的な方法は次のとおりです。

ぶら下げインデントを適用したい箇所でTabキーを押します。そうすると、こんな感じになるはずです(ハイライトの箇所がTabキーの挿入箇所です)。

このTab記号の直後にカーソルを当てた状態でぶら下げインデントを右スライドさせてください。

上の画像の場合だと、説明文1と説明文2に対して、それぞれぶら下げインデントを行っています。

すると、↓のように見やすい体裁が整いました。

このぶら下げインデントはかなり使えるので、覚えておいて損のない機能です。

スペースキーで間隔を調整するよりも早くて正確ですよ!

まとめ)Wordのインデントで文章をキレイに揃える設定方法

以上、Wordのインデントで文章をキレイに揃える設定についてお伝えしました。

なお、上記以外で余白設定が必要な場合は、箇条書き(リスト)や表を使ったりする方が見やすかったりしますので、必要以上にインデントにこだわる必要はありません。

Wordをしっかり使いこなしてデキるビジネスマンを目指しましょう!

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

【関連記事 (クリックで展開)

70本以上の基本・便利ワザ!   

  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次