\ ポイント最大11倍! /詳細を見る
記事内にプロモーションを含みます。
「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」にならないよう配慮し、法令遵守に基づいた運営を行っています。

Word 箇条書きの中に箇条書きを作る設定|インデント・タブ・解除の方法

  • URLをコピーしました!

Wordの箇条書きは作れるけど、箇条書きの中に箇条書きがうまくいかない…

たとえば、下の画像のようにしたいんですけどね。

なぜかこれがうまくいかない…

やり方としては箇条書きボタン、タブ、インデントなど色々な方法で実現可能です。

本記事ではそうした方法をお伝えします。

Word・Excel・PowerPointのオリジナル教材で効率的なスキルアップを!

個人でも利用できる給付金・補助金制度あり

給付金・補助金制度あり

良質な講座・良心的な受講料

良質な講座・良心的な受講料

オンラインと常駐講師のハイブリッド

Wordの基本・便利ワザが90本以上!

関連記事Wordの使い方講座|基本操作を覚えて脱・初心者! ≫

記事作成:ヤットキ
  • 大手通信企業の元SE
  • 業界歴15年のWeb解析士
  • 携わったSNSは約100件
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
目 次

Word 箇条書きの中に箇条書きを作る設定|インデント・タブ・解除の方法

先ほどお伝えしたように、箇条書きの中に箇条書きを作るためには次の3つがあります。

もっとも簡単なのはタブ、その次に簡単なのはインデント、ちょっとめんどくさいけど最も正確にできるのが箇条書きボタンです。

お好きなものを選んで設定してみてください。

タブで箇条書きの中に箇条書きを作る

まず、レベルを一つ落としたい箇条書き部分を選択します(下図のサッカー、野球、テニス)。

この状態でtabキーを押してください。そうするとこんな感じになります。

以上がタブで箇条書きの中に箇条書きを作る方法です。

ここからさらに、箇条書きマークを変更したいこともあると思います。その場合は次のように設定してください。

まず、マークを変更したい箇所を選択します。

そして、メニューのホームタブ>段落グループ>箇条書きボタンを押します。

下のようなマーク一覧が表示されるのでお好きなものを選びましょう。

そうすると、レベルを落とした箇条書きのマークだけを変更できます。

以上の手順を必要な個所に行ってください。

次は、インデントを使って、箇条書きの中に箇条書きを作る方法をお伝えします。

インデントで箇条書きの中に箇条書きを作る

本項では、左インデントを使って箇条書きの中に箇条書きを設定していきます。

左インデントとは、ルーラーに表示されているこのボタンです。これを右方向にスライドさせることで箇条書きのレベルを下げることができます。

それでは具体的な方法を説明します。

まず、レベルを一つ落としたい箇条書き部分を選択します(下図のサッカー、野球、テニス)。

この状態で、先ほどの左インデントを右方向にスライドさせると下のようになります。

altキーを押しながら左インデントをスライドさせると、細かく位置を調整できます。

なお、インデントにはの使い方に上記の左インデントやぶら下がりインデントなどの種類があります。

各インデントの詳しい使い方は下の記事で説明しています。

関連記事Wordのインデントで文章をキレイに揃える設定方法

また、箇条書きマークを変更したいときは次のように設定してください。

マークを変更したい箇所を選択して、メニューのホームタブ>段落グループ>箇条書きボタンを押します。

下のようなマーク一覧が表示されるのでお好きなものを選びましょう。

そうすると、レベルを落とした箇条書き部分のマークを変更できます。

以上が左インデントを使った方法ですが、苦手に感じる方は多いかもしれませんね…。

続いて、次項では箇条書きボタンによって、箇条書きの中に箇条書きを作っていきます。

この方法が最も最も正攻法な方法といえるでしょう。

箇条書きボタンで箇条書きの中に箇条書きを作る

まず、レベルを一つ落としたい箇条書き部分を選択します(下図のサッカー、野球、テニス)。

マークを変更したい箇所を選択して、メニューのホームタブ>段落グループ>箇条書きボタンを押します。

リストのレベルの変更を選択します。

レベル2を選択してください。なお、マークは後から変更できるので、この段階ではこだわらなくても大丈夫です。

そうすると下の画像のように、箇条書きの中に箇条書きを作成することができます。

続けて、レベルを落とした箇条書きのメークを変更していきましょう。

マークを変更したい箇所を選択して、メニューのホームタブ>段落グループ>箇条書きボタンを押します。

下のようなマーク一覧が表示されるのでお好きなものを選んでください。

そうすると、箇条書きのマークを変更できます。

箇条書きの中に箇条書きを作成して、さらにその中に箇条書きを作ることも可能です。

1つのやり方さえ覚えてしまえば、その他のやり方も大体の見当はつきます。

ちょっと大変かもしれませんが、時間に余裕があるときにでもぜひチャレンジしてみてください。

Officeソフトの学習は、一人でパソコンに向かってもなかなか継続できないものです。

その点、パソコン教室には初心者歓迎の講座が用意されていて、Word、Excel、PowerPointをゼロから理解できます。

効率的なスキルアップを手伝ってくれる、経験豊富な講師のサポート体制があるので安心です。

個人でも利用できる給付金・補助金制度

給付金・補助金制度あり

良質な講座を良心的な受講料で

良質な講座・良心的な受講料

eラーニングと常駐講師のハイブリッド

Word 箇条書きを解除する方法

ここまでは箇条書きの中に箇条書きを作る設定をお伝えしましたが、それを解除したい場合もありますよね。

これはもういたって簡単です。

解除したい部分を選択してください。

この状態で、左インデントボタンを左にスライドさせれば、箇条書きが解消されます。

または、メニューのホームタブ>段落グループ>箇条書きボタンを押してもOKです。

まとめ)Word 箇条書きの中に箇条書きを作る設定

以上、Wordファイルで箇条書きの中に箇条書きを作る設定を説明しました。

一見すると難しそうに思えますが、実際にやっていることは大したことありません。

やるかやらないかだけなので、ぜひとも箇条書きボタンなどを触ってみてください。

そうすれば、書類がグーンと見やすくなること間違いなしです!

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問は気軽にコメントへ!

【関連記事 (クリックで展開)

90本以上の基本・便利ワザ!   

  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA


目 次