記事内にプロモーションを含みます。
「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」にならないよう配慮し、法令遵守に基づいた運営を行っています。

Wordファイルのコメントを一括削除(非表示)する2つの方法

  • URLをコピーしました!

Wordファイルのコメントを一括削除(非表示)するには2つの方法があります。

  1. 校閲タブから一括削除
  2. ファイルメニューの『文書の検査』から一括削除

どちらでも構いませんが、手軽なのは校閲タブからの一括削除です。

本記事では両方について説明していきますので、お好きな方でどうぞ。

Word・Excel・PowerPointをオンラインでマスター!

良質なオリジナル教材で効率的にスキルアップできます。

個人でも利用できる給付金・補助金制度あり

良質な講座を良心的な受講料で

オンラインと常駐講師のハイブリッド

基本・便利ワザが90本以上!

関連記事Wordの使い方講座|基本操作を覚えて脱・初心者! ≫

記事作成:ヤットキ
  • 大手通信企業の元SE
  • Web業界歴15年のWeb解析士
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
目 次

Wordの校閲タブからコメントを一括削除(非表示)

Wordの校閲タブを選択して、コメントグループ内の削除ボタン横にあるマークをクリックしてください。

下の画像のように削除ボタンがグレーアウトしていても、マークはクリックできます。

そうすると、下のようなメニューが表示されるので、ドキュメント内のすべてのコメントを削除を選択すればOKです。

これで、コメントを一括削除できます。

ただ、↓のような時があるかもしれません。

間違って全部削除しちゃった…どうしよう!?

もし誤って一括削除してしまった場合、削除の直後ならCtrlキー+Zキーでコメントを復元できることがあります。

そんなときは、Wordの編集画面に戻って、ダメ元でCtrlキー+Zキーをお試しください。

Wordの『文書の検査』からコメントを一括削除(非表示)

Wordのコメントの一括削除(非表示)は『文書の検査』からもできます。

まずはWordのファイルをクリックしてください。

左サイドメニューの情報を選択して、文書の検査項目にある問題のチェックを押します。

『文書の検査』から削除したコメントは復元できません。そこで念のため、コメント削除前のファイルを保存しておきましょう。はいを選択してファイルを保存してください。

コメント、変更履歴、バージョンにチェックを入れて検査ボタンを押します。

これで、コメントを一括削除できます。

ただし、注意点が一つ!

この方法で削除したコメントは、Ctrlキー+Zキーでも復元できません!

くれぐれも注意してくださいね。

まとめ)Wordファイルのコメントを一括削除する方法

以上、Wordファイルのコメントを一括削除(非表示)を2つお伝えしました。

校閲タブからの一括削除

ファイルメニューの『文書の検査』から一括削除

上記2つのうち、ファイルメニューの『文書の検査』から一括削除した場合は、コメントを復元できないので注意してください。

Officeソフトの学習は、一人でパソコンに向かってもなかなか継続できないものです。

その点、パソコン教室には初心者歓迎の講座が用意されていて、Word、Excel、PowerPointをゼロから理解できます。

効率的なスキルアップを手伝ってくれる、経験豊富な講師のサポート体制があるので安心です。

個人でも利用できる給付金・補助金制度あり

良質な講座を良心的な受講料で

eラーニングと常駐講師のハイブリッド

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

【関連記事 (クリックで展開)

90本以上の基本・便利ワザ!   

  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次