記事内にプロモーションを含みます。
「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」にならないよう配慮し、法令遵守に基づいた運営を行っています。

Word スペース(空白)記号の表示・非表示|四角マークの設定方法

  • URLをコピーしました!

『Wordのスペース(空白)やTabの記号が邪魔!』と考える人は多いようです。

プリントアウトしても四角やTabの記号は印刷されませんし、そのうち見慣れますが、表示/非表示の切り替え設定を知っておいて損はありません。

そこで本記事では、Wordファイルのスペース(空白)記号の表示・非表示方法を説明します。

Word・Excel・PowerPointをオンラインでマスター!

良質なオリジナル教材で効率的にスキルアップできます。

個人でも利用できる給付金・補助金制度あり

良質な講座を良心的な受講料で

オンラインと常駐講師のハイブリッド

基本・便利ワザが90本以上!

関連記事Wordの使い方講座|基本操作を覚えて脱・初心者! ≫

記事作成:ヤットキ
  • 大手通信企業の元SE
  • Web業界歴15年のWeb解析士
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
目 次

Word スペース(空白)記号の表示・非表示|四角マークの設定方法

まずはWordのファイルを選択します。

左サイドメニューのその他オプションを選択してください。

Wordのオプション画面の表示を選択します。

その後、常に画面に表示する編集記号タブスペースのチェックを外しましょう。

これで必要な設定は完了です。

確認のため、元の編集画面を見てみましょう。

スペースの四角マークやとTabの→マークが非表示になっていることが分かります。

表示・非表示はボタンでも切り替えられる

スペース(空白)の四角マークやTabの矢印記号を非表示にしたものの、やっぱり表示させたいときがあるかもしれません。

しかしそのたびに、上記で設定した↓のWordのオプション画面から設定するのは面倒です。

そんなときは、ツールバーの表示/非表示ボタンを使いましょう。

ホームタブ>段落グループの表示/非表示ボタンを押してください(下図参照)。このボタンが白い状態なら非表示状態です。

そして、このボタンを押すとグレーになってスペース(空白)やTabが表示状態になって四角のマークが非表示になります。

ワンクリックでスペースやTabの表示/非表示を切り替えられるこのボタンです。

便利なのでぜひ活用しましょう!

あまり気付かないポイントなので知っておくと便利ですよ。

Officeソフトの学習は、一人でパソコンに向かってもなかなか継続できないものです。

その点、パソコン教室には初心者歓迎の講座が用意されていて、Word、Excel、PowerPointをゼロから理解できます。

効率的なスキルアップを手伝ってくれる、経験豊富な講師のサポート体制があるので安心です。

個人でも利用できる給付金・補助金制度あり

良質な講座を良心的な受講料で

eラーニングと常駐講師のハイブリッド

まとめ)Word スペース(空白)記号の表示・非表示|四角マークの設定方法

以上、Word スペース(空白)記号の表示・非表示を設定する方法を説明しました。

最初の一回だけ、常に画面に表示する編集記号タブスペースのチェックを外しておきましょう。

そうすれば、ホームタブ>段落グループの表示/非表示ボタンを押すだけでスペースやTabの表示/非表示がすぐに切り替わります

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

【関連記事 (クリックで展開)

90本以上の基本・便利ワザ!   

  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次