記事内にプロモーションを含みます。
「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」にならないよう配慮し、法令遵守に基づいた運営を行っています。

Word文書の透かし文字|設定のやり方と削除の方法

  • URLをコピーしました!

ビジネス文書に「社外秘」や「SAMPLE」などの透かし文字を入れることはたまにあります。

しかしこの透かし文字、言われればピンとくるものの、どうやって作ればいいのか分からない人も多いのではないでしょうか?

どうやればいいのか、実はよく知らないのよね…

もしかして、文字列を入力したテキストボックスを回転させたりしていませんか?

もっと楽に作成する方法があります。もちろん、文字の内容も好きなようにカスタムできます!

本記事では、Word文書の透かし文字設定をお伝えします。

基本・便利ワザが50本以上!

関連記事Wordの使い方講座|基本操作を覚えて脱・初心者! ≫

記事作成:ヤットキ
  • 大手通信企業の元SE
  • Web業界歴10年のWeb解析士
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
目 次

Word文書の透かし文字|設定のやり方と削除の方法

Wordの機能を利用すると、こんな透かし文字を簡単に挿入できます。

任意のページに透かし文字を入れると、前ページに透かしが入ります。

また、白紙ページに透かしを入れた後に文字や画像を挿入できますし、文字や画像を挿入したページに透かしを入れることも可能です。

要は、文書データと透かしを入れる順番は、どちらが先でもOKです。

今回は、文字や画像を入力済みのページに透かしを入れていきます。

まず、デザインタブ>ページの背景グループ>透かしをクリックしてください。

そうすると、下図のようなウィンドウが表示されるので、ユーザー設定の透かしを選びます(もちろん、テンプレを選んでもOKです)。

ユーザー設定の透かしを選んだら、テキストをチェックしてください。

上から三段目のテキストはプルダウンになっていますが、ここにカーソルを当てればお好きな文字を入力できます。今回は『SAMPLE』と入力します。

その他の項目はお好みでどうぞ。

そうすると、↓のような透かし文字の完成です!

透かし文字の削除

透かし文字を削除したい場合は、先ほどのカスタム設定画面を開きます。

そして、なしを選択すればOKです。

これでWord文書のすべてのページからから透かし文字が消えます。

ぜひお試しください!

透かし文字の移動・サイズ変更

透かし文字は移動やサイズ変更も可能です。

しかし、テキストボックスや図形などの移動やサイズ変更の方法とは少し異なります。

実は、ヘッダーとフッターの編集モードから操作するというちょっと特殊な仕様なんです。

それでは実際のやり方を見ていきましょう!

まず、文書のどのページでも構わないので、ヘッダー部分をダブルクリックします。

そして、透かし文字の周辺にマウスカーソルを移動させます。そのとき、十字矢印になるポイントがあるので、そこで一回クリックしてください。

そうすると、下図のように透かし文字の周囲に丸いポイントが表示されます。

上の状態で再びマウスカーソルを動かして、十字矢印になるポイントを探してください。

十字矢印になったら、左クリックを押しっぱなしで透かし文字を移動できます。

丸にマウスカーソルを当てると、サイズの変更が可能です。

上記のようにすると、透かし文字の位置とサイズの変更ができます。

番外編:透かし画像のやり方

上記の要領で透かし画像も可能です。

この画面でユーザー設定の透かしを選択しましょう。

にチェックを入れて、図の選択をクリックします。

あとは、図の挿入元を選べばOKです。

ちなみに、図を透かすとこんな風になります。

面白い雰囲気が出ています!

透かしというよりは、背景画像の意味合いが強いかもしれませんね。

まとめ)Word文書の透かし文字|設定のやり方と削除の方法

以上、Word文書の透かし文字について、設定のやり方と削除の方法をお伝えしました。

ここまでにお伝えした内容はすべてテキストボックスでもできるのですが、ちょっと手間がかかります。

あまり時間をかけるところではないので、透かし機能を利用してササっと仕上げてしまいましょう!

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

【関連記事 (クリックで展開)

70本以上の基本・便利ワザ!   

  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次