\ ポイント最大11倍! /詳細を見る
記事内にプロモーションを含みます。
「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」にならないよう配慮し、法令遵守に基づいた運営を行っています。

Wordのスペルチェックと文章校正|確認作業はWordにやらせる!

  • URLをコピーしました!

仕事や学校のレポートで誤字脱字は許されません。

確認やスペルチェックは欠かせませんが、その負担はなるべく軽くしたいですよね。

そんなときはWordのスペルチェックと文章校正を利用しましょう!

人間よりもはるかに速く・正確にチェックしてくれますよ。

Word・Excel・PowerPointのオリジナル教材で効率的なスキルアップを!

個人でも利用できる給付金・補助金制度あり

給付金・補助金制度あり

良質な講座・良心的な受講料

良質な講座・良心的な受講料

オンラインと常駐講師のハイブリッド

Wordの基本・便利ワザが90本以上!

関連記事Wordの使い方講座|基本操作を覚えて脱・初心者! ≫

記事作成:ヤットキ
  • 大手通信企業の元SE
  • 業界歴15年のWeb解析士
  • 携わったSNSは約100件
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
目 次

Wordのスペルチェックと文章校正

文章校正とスペルチェック機能を利用すると誤字・脱字が目立つように表示されるので、すぐに気付いてその場で修正できます。

そのためにはまず、機能を有効化させるための設定が必要です。

ファイルタブをクリックします。

サイドメニューのその他オプションを選びましょう。

文章校正を選択して、下図の赤枠にチェックを入れてください。あとはOKボタンを押せば下準備は完了です!

文章校正とスペルチェックの実行

下準備が完了したところで、実際に文章校正とスペルチェックをやってみましょう。

今回はサンプルとしてAIに生成してもらったダミーの文章にわざとスペルミスを混ぜてみました。

校閲タブ>文章校正グループ>スペルチェックと文章校正を押してください。

そして実際に実行した結果がこれです。

文章校正に引っかかった箇所に赤の波線が表示されています。

画面右側に校正結果の詳細が表示され、修正すると赤い波線は消えます。

修正箇所を無視する場合は、無視を押すと次の箇所に移動します。

『校正が完了しました』とメッセージが表示されれば、すべての修正が完了です!

まとめ)Wordのスペルチェックと文章校正

以上、Wordにおけるスペルチェックと文章校正機能についてお伝えしました。

誤字脱字の多い書類は評価が下がります。

そうした事態を避けるために、事前のチェックをしっかり行いましょう!

Officeソフトの学習は、一人でパソコンに向かってもなかなか継続できないものです。

その点、パソコン教室には初心者歓迎の講座が用意されていて、Word、Excel、PowerPointをゼロから理解できます。

効率的なスキルアップを手伝ってくれる、経験豊富な講師のサポート体制があるので安心です。

個人でも利用できる給付金・補助金制度

給付金・補助金制度あり

良質な講座を良心的な受講料で

良質な講座・良心的な受講料

eラーニングと常駐講師のハイブリッド

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問は気軽にコメントへ!

【関連記事 (クリックで展開)

90本以上の基本・便利ワザ!   

  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA


目 次