記事内にプロモーションを含みます。
「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」にならないよう配慮し、法令遵守に基づいた運営を行っています。

Word 段落や表の罫線の引き方|罫線を使うのはExcelだけじゃない!

  • URLをコピーしました!

罫線と聞いて思い浮かべるのはExcelではないでしょうか。

でも、罫線を使うのはExcelだけではありません。実はWordでもよく使うんです。

しかし、ちょっと使いにくいのが玉にキズ…。

そこで本記事では、Wordにおける罫線の引き方をお伝えします。

基本・便利ワザが50本以上!

関連記事Wordの使い方講座|基本操作を覚えて脱・初心者! ≫

記事作成:ヤットキ
  • 大手通信企業の元SE
  • Web業界歴10年のWeb解析士
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
目 次

Word 罫線の引き方|罫線を使うのはExcelだけじゃない!

Wordで罫線を使うケースは主に次の2つです。

以下ではそれぞれのやり方を見ていきます。

Wordの段落における罫線の引き方

Word文書の段落における罫線の引き方を説明します。

まず、段落を選択しましょう。下図のようになるはずです。

ホームタブ>段落グループ>罫線をクリックしてください。

メニュー一覧の中から線種とページ罫線と網掛けの設定を選びましょう。

すると↓のようなウィザードが表示されるので、罫線タブを開いてください。

そして種類には指定を選択して、罫線の種類線の太さなどは適当なものを指定します。

最後に、罫線の設定対称には段落を選択して、段落の右/左/上部/下部のどこに罫線を設定するかを選びます。

これでOKボタンを押せば、段落に罫線が表示されます。

今回はこんな感じになりました!

上記の方法を理解してしまえば、色々と応用が利きます。

2~3回も繰り返しているとコツが掴めてきます。

ぜひお試しください!

Wordの表における罫線の引き方

本項ではWord文書の表における罫線の引き方を説明します。

サンプルとして次のような表を使います。

まず、セルを選択しましょう。すると下図のようにメニューが表示されます。

そして罫線をクリックしましょう。

すると↓のようなウィザードが表示されるので、罫線タブを開いてください。

そして種類には指定を選択して、罫線の種類線の太さなどは適当なものを指定します。

最後に、罫線の設定対称にはセルを選択して、段落の右/左/上部/下部のどこに罫線を設定するかを選びます。

これでOKボタンを押せば、段落に罫線が表示されます。

今回はこんな感じになりました!

2~3回くらい繰り返していると段々とコツが掴めてきます。

ぜひお試しください!

まとめ)Word 段落や表の罫線の引き方

以上、Wordにおける段落や表の罫線の引き方をお伝えしました。

罫線はExcelの専売特許のように思われがちですが、そういうわけではありません。

見やすい文書を作成するためには、Wordでも積極的に表の罫線を工夫しましょう!

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

【関連記事 (クリックで展開)

70本以上の基本・便利ワザ!   

  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次