記事内にプロモーションを含みます。
「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」にならないよう配慮し、法令遵守に基づいた運営を行っています。

Wordファイルのパスワード設定方法|機密文書のセキュリティ設定!

  • URLをコピーしました!

Word文書の内容によっては、セキュリティの設定が必要な場合があります。

なんか難しそう…

セキュリティ設定と聞くと難しく思えますが、要はパスワードの設定です。

そこで本記事では、Wordファイルのパスワード設定方法をお伝えします。

基本的な方法はExcelと同じですので、応用が利きますよ!

基本・便利ワザが50本以上!

関連記事Wordの使い方講座|基本操作を覚えて脱・初心者! ≫

記事作成:ヤットキ
  • 大手通信企業の元SE
  • Web業界歴10年のWeb解析士
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
目 次

Wordファイルのパスワード設定方法

まず、ファイルをクリックしてください。

名前を付けて保存をクリックして参照を選択します。

この参照とは、保存したファイルの置き場所を『参照』して指定するという意味です。

今回はデスクトップを参照してみますが、お好みに合わせてわかりやすい場所を参照してください。

参照をクリックしたら、下の画像のように左のツリーメニューが表示されます。

この中からデスクトップを選択してファイル名を入力します。

そして、その下にあるツールをクリックして下さい。

プルダウンメニューが出るので、全般オプションを選択しましょう。

すると、パスワード設定画面が表示されます。

ここでは下のように、『読み取りパスワード』と『書き込みパスワード』の二つの設定が可能です。

『読み取りパスワード』と『書き込みパスワード』は異なるものにするのがおススメです。また、パスワードは絶対に忘れないようにしてください。 忘れてしまったら、復元には特別なツールが必要です。

その後、パスワードの再入力が求められます。間違えないように入力してください。

以上の操作が完了すると、『名前を付けて保存』の画面に戻ります。

『保存』を押せばパスワード設定の完了です。

これ以降、ファイルを開くたびにパスワードの入力を求められます。

また、書き込みパスワードを設定している場合は、編集時にパスワード入力が求められます。

パスワードが有効になっているか確認してみて下さい。

なお、パスワードの解除方法についてはこちらの記事をどうぞ

関連記事Wordファイルに設定したパスワードの解除方法 ≫

まとめ)Wordファイルのパスワード設定方法

以上、『Wordファイルのパスワード設定方法』についてお伝えしました。

機密事項や個人情報を記載したファイルには必ずパスワードを設定して情報が漏洩するのを防ぎましょう。

上記の方法はExcelなどのOfficeソフトでも同様です。

応用が利く方法なので覚えておきましょう!

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

【関連記事 (クリックで展開)

70本以上の基本・便利ワザ!   

  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次