記事内にプロモーションを含みます。
「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」にならないよう配慮し、法令遵守に基づいた運営を行っています。

WordにExcelの表を貼り付ける!表の更新も楽々

  • URLをコピーしました!

細かい表はExcelで作ってそれをWord文書に貼り付ける…詳細なレポートを作るなら、こうしたケースも珍しいことではありません。

コピペでもOKですし、貼り付け元が更新されたら貼り付け先のデータも更新されるようにすることも可能です。

そこで本記事では、Excelの表を貼り付ける方法をお伝えします。

Word・Excel・PowerPointをオンラインでマスター!

良質なオリジナル教材で効率的にスキルアップできます。

個人でも利用できる給付金・補助金制度あり

良質な講座を良心的な受講料で

オンラインと常駐講師のハイブリッド

基本・便利ワザが90本以上!

関連記事Wordの使い方講座|基本操作を覚えて脱・初心者! ≫

記事作成:ヤットキ
  • 大手通信企業の元SE
  • Web業界歴15年のWeb解析士
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
目 次

Wordにexcelの表を貼り付ける!

Wordにexcelの表を貼り付ける方法は2つです。

多くの人はおそらく、コピー&ペースト(いわゆるコピペ)を思い浮かべるはずです。

普通のコピペでもいいのですが、リンク貼り付けも結構便利です。

それぞれの方法を見ていきましょう!

コピー&ペースト|Wordにexcelの表を貼り付ける

貼り付け元のExcel表はこれです。

この表を選択してCtrlキー+Cキーでコピーしてください。

その後、Wordファイルの表の挿入箇所にCtrlキー+Vキーで貼り付けましょう!

元の表とは幅が異なるものの、ほぼ同じ書式で表を貼り付けられます。Wordに貼り付けた表は、幅や高さを変更可能です。

次はリンク貼り付けの方法を説明します。

リンク貼り付け|Wordにexcelの表を貼り付ける

ここからはリンク貼り付けのやり方です。

まず、貼り付け元であるExcelの表をコピーします。

表を挿入したい箇所にカーソルを置いてください。

そして、ホームタブ>クリップボードグループ>貼り付けをクリックします。

形式を選択して貼り付けを選びます。

リンク貼り付けMicrosoft Excel ワークシートオブジェクトを選択してOKボタンを押します。

これでWordに表が貼り付けられました。行や列の長さもほとんど崩れていないようです。

そして、リンク貼り付けのいいところは貼り付け元のデータと同期できる点!

貼り付け元のデータが更新されると貼り付け先のデータも更新されので、かなり便利です。

リンク貼り付けでデータの更新

方法は更新ボタンを押すだけです。

自動的に更新されるわけではありませんが、データを手入力するよりはずっと楽です。

まず、貼り付けた表を右クリックして、リンク先の更新を選択してください。

上記の手順で貼り付け先の表が最新の状態になります。

Officeソフトの学習は、一人でパソコンに向かってもなかなか継続できないものです。

その点、パソコン教室には初心者歓迎の講座が用意されていて、Word、Excel、PowerPointをゼロから理解できます。

効率的なスキルアップを手伝ってくれる、経験豊富な講師のサポート体制があるので安心です。

個人でも利用できる給付金・補助金制度あり

良質な講座を良心的な受講料で

eラーニングと常駐講師のハイブリッド

まとめ)Wordにexcelの表を貼り付ける|表の更新もOK!

以上、Wordにexcelの表を貼り付ける方法をお伝えしました。

いつものコピペでももちろんできるのですが、リンク貼り付けだとデータ更新の際に便利です!

ぜひお試しください。

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

【関連記事 (クリックで展開)

90本以上の基本・便利ワザ!   

  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次