記事内にプロモーションを含みます。
「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」にならないよう配慮し、法令遵守に基づいた運営を行っています。

Wordファイルの変更履歴を表示しない保存方法|デフォルト非表示にする

  • URLをコピーしました!

設定したはずなのに、なぜか変更履歴が表示されるんだけど…

Wordファイルの変更履歴を表示しない保存方法にはちょっとしたコツがあります。

本記事の順番で行えば必ず、Wordファイルの変更履歴を非表示にできます。

変更履歴は記録され続けているので、必要に応じて表示させることも可能です。

変更履歴の表示/非表示でお困りの方は下記の内容をぜひご覧ください。

1~2分もあれば完了です!

基本・便利ワザが50本以上!

関連記事Wordの使い方講座|基本操作を覚えて脱・初心者! ≫

記事作成:ヤットキ
  • 大手通信企業の元SE
  • Web業界歴10年のWeb解析士
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
目 次

Wordファイルの変更履歴を表示しない保存方法|デフォルト非表示にする

まず最初に、説明のために↓の画面をWordの『編集画面』と呼ぶことにします。

Wordファイルの変更履歴を表示しない保存方法の概要は次のとおりです。

  • 編集画面で変更履歴を非表示にする
  • プライバシーオプションで変更履歴の表示をオフにする

上記の順番で設定していけば、変更履歴を表示しないようにファイルを保存できます。

なぜか履歴が表示されるんだけど…

こんなお悩みの方はおそらく、上の手順1を飛ばしているのではないかと思います。

冒頭をお伝えした、Wordファイルの変更履歴を表示しない保存方法のコツはつまり、手順1なんです。

それでは実際の手順を説明します。

手順1:編集画面で変更履歴を非表示にする

まず、Wordの編集画面で校閲タブ>変更履歴グループのすべての変更履歴/コメントボタンをクリックします。

変更履歴/コメントなしを選択してください。

そうすると、編集画面からコメントが消えます。

これで手順1は完了です。

続いて手順2に移りましょう。

手順2:プライバシーオプションで変更履歴の表示をオフにする

まず、Wordの編集画面にあるツールバーのファイルをクリックしてください。

左サイドメニューのその他オプションを選択します。

そして、トラストセンタートラストセンターの設定をクリックします。

ファイルを開くまたは保存するときに、非表示になっている変更履歴/コメントを表示するのチェックを外してOKボタンを押しましょう。

これで次回起動時も変更履歴の表示がオフになります。

変更履歴を再表示させる方法

変更履歴を非表示にしたものの、状況によっては再表示させたいこともあります。

そんな時は以下のように操作してください。

編集画面の校閲タブからすべての変更履歴/コメントをクリックすると、記録された変更履歴が表示されます。

しかし、注意ポイントが一つあります。

以下の点に注意してください!

上記のようにすべての変更履歴/コメントをクリックして再表示させると、変更履歴のデフォルト非表示が無効になります。

それを回避するためには再度、変更履歴/コメントなしをクリックして変更履歴を非表示にしてからファイルを保存してください。

これで次回Word起動時も変更履歴は非表示のままになります。

なお この場合、最初に行った手順2の設定はそのまま有効になっているので、あらためて手順2を行う必要はありません。

ちょっとややこしいですが、注意してくださいね。

まとめ)Wordファイルの変更履歴を表示しない保存方法

以上、Wordファイルの変更履歴を表示しない保存方法をお伝えしました。

上記の手順1がデフォルト非表示にするコツですので、忘れないように設定してください。

また、変更履歴を再表示したら必ず非表示に戻すようにしてくださいね。

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

【関連記事 (クリックで展開)

70本以上の基本・便利ワザ!   

  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次