記事内にプロモーションを含みます。
「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」にならないよう配慮し、法令遵守に基づいた運営を行っています。

かんたん!Wordファイルの文字数と行数の設定方法

  • URLをコピーしました!

会社の研修や大学での課題でレポートを作成することはよくあります。

こうしたレポートでは内容はもちろんのこと、表紙や文字数などの条件を満たすことも必要です。

厳しい上司や教官によっては、こうした条件を満たさなければ問答無用で採点対象外となることもあります。

そこで本記事では、Wordファイルの文字数と行数の設定方法をお伝えします。

基本・便利ワザが50本以上!

関連記事Wordの使い方講座|基本操作を覚えて脱・初心者! ≫

記事作成:ヤットキ
  • 大手通信企業の元SE
  • Web業界歴10年のWeb解析士
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)

Wordファイルの文字数設定と行数設定

ビジネス文書として一般的なのは、フォント10.5、1行40文字×36行のようです。

もちろん、組織によっては多少の差異はありますが、これくらいであれば大きくズレてはいないでしょう。

ということで、Wordファイルを40文字/行×36行の文字数設定と行数設定にしていきます。

レイアウトタブ>ページ設定グループ>右下の矢印をクリックしてください。

するとページ設定画面が表示されます。

文字数と行数の指定項目の文字数と行数を指定するにチェックを入れましょう。

その後、文字数行数に数値を入力します。

ただし、Wordではフォントの大きさに応じて行間隔が自動調整されます。

つまり使用フォントによって行間隔が調整されるので、設定した行数にならない場合があります。

そんなときは、特定箇所だけの文字数カウントを行ってみましょう。

校閲タブ>文章校正グループ>文字カウントをクリックしてください。

そうすると、下のように文字カウント画面が表示されます。

この文字カウント画面を拡大してみましょう。

これで文字数や行数を確認してみてくださいね。

関連記事Wordの文字数カウント|カウント結果をダイアログ表示する方法

関連記事Wordで行数表示させる方法|細かいカスタム表示もできる

まとめ)Wordファイルの文字数設定と行数設定

以上、Wordファイルの文字数設定と行数設定についてお伝えしました。

文字数制限のある文書を作成しているとき、いちいち文字数を確認するのはとてもめんどくさいですよね。

そんなときは、あらかじめ文字数と行数を設定しておきましょう!

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

【関連記事 (クリックで展開)

70本以上の基本・便利ワザ!   

  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA