\ 最大10%ポイントアップ! /詳細を見る
記事内にプロモーションを含みます。
「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」にならないよう配慮し、法令遵守に基づいた運営を行っています。

Wordの拡張子について|その種類や変換方法

  • URLをコピーしました!

Wordの拡張子には.doc.docxの二つがあります。

これらの違いはWordのバージョンによるものです。

2つはどう違うの?

.docは2003年以前に使用されていたもの、.docxは2007年以降からしようされてるものとなっています。

もちろん、この拡張子は変更することも可能です。

本記事ではそのあたりを詳しくお伝えしますので、ちょっとした教養の一つとしてご覧ください。

Word・Excel・PowerPointをオンラインでマスター!

良質なオリジナル教材で効率的にスキルアップできます。

個人でも利用できる給付金・補助金制度あり

良質な講座を良心的な受講料で

オンラインと常駐講師のハイブリッド

基本・便利ワザが90本以上!

関連記事Wordの使い方講座|基本操作を覚えて脱・初心者! ≫

記事作成:ヤットキ
  • 大手通信企業の元SE
  • Web業界歴15年のWeb解析士
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
目 次

Wordの拡張子について|その種類や変換方法

Wordに関連する主な拡張子は、バージョンやファイル内容に応じて次のように分類されます。

.doc2003年以前のWordファイルの拡張子
.docx2007年以降のWordファイルの拡張子
.docmマクロが含まれているWordファイルの拡張子

Wordのテンプレートファイルを示す.dotxなどもありますが、通常の利用で意識する必要はほとんどないため本記事では省略します。

結局、どっちもWordファイルなんでしょ?

↑のような疑問を持つ方もいると思います。

拡張子の違いはあれど、.doc.docxはどちらもWordファイルを示しています。

たしかに、実用的にはどんな違いがあるか気になりますね。

次項ではそのあたりを詳しく見ていきましょう!

.doc.docxの具体的な違い

.doc.docxは、Wordのバージョンの違いによるものでしたが、機能面では具体的にどのように異なるのでしょうか。

一番大きな点は、.docは2007年以降のバージョンのWordで開けますが、.docxは2003年以前のバージョンのWordでは開けません。

つまり、新しいバージョンなら古いバージョンでも開けますが、その逆は無理ということです。

また、ほとんどの新機能追加は新しいバージョンに対して行われるので、なるべく早くWordのバージョンを上げておきたいところです。

そこで次項では、.docから.docxへの変換方法をお伝えします。

.docから.docxの変換方法

.docから.docxの変換方法はとても簡単です。

名前を付けて保存するときに、拡張子を変更するだけです。

この方法で.docxから.docへのグレードダウンもできます。

まとめ)Wordの拡張子について

以上、Wordの拡張子について、その種類と変換方法をお伝えしました。

『Wordの拡張子』と聞くとすごく難しそうですが、ソフトウェアのバージョンによって異なるものと覚えておけばそれほど難しくないと思います。

また、いつまでも.docのファイルを使っていると機能面での制約があるかもしれませんし、何よりちょっと恥ずかしい…

.dotxの方が相手からの信頼度が高くなる可能性が高いです。

なるべく早く.docxに切り替えることをおススメします。

Officeソフトの学習は、一人でパソコンに向かってもなかなか継続できないものです。

その点、パソコン教室には初心者歓迎の講座が用意されていて、Word、Excel、PowerPointをゼロから理解できます。

効率的なスキルアップを手伝ってくれる、経験豊富な講師のサポート体制があるので安心です。

個人でも利用できる給付金・補助金制度あり

良質な講座を良心的な受講料で

eラーニングと常駐講師のハイブリッド

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

【関連記事 (クリックで展開)

90本以上の基本・便利ワザ!   

  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次