【スリー・ビルボード】の映画レビュー(ネタバレなし)。娘を手にかけた犯人は誰?

スリー・ビルボード

今回レビューは、映画は『スリー・ビルボード』です。

何者かに娘を殺された母親(主人公)。

進展のない捜査状況に業を煮やした彼女は、警察を糾弾することにした。

その方法とは、道路脇に立てられている3枚の巨大な看板に、地元警察署長への批判文を掲載すること。

町の人々や警察関係者からの猛抗議を受けるが、彼女の反発心はさらに大きくなり、やがて事態は思わぬ方向に…。

公開2018年
製作国アメリカ
時間115分
主演フランシス・マクドーマンド
監督マーティン・マクドナー
脚本マーティン・マクドナー
個人的評価
4.0

第90回アカデミー賞やヴェネツィア国際映画祭など、多数の映画祭で受賞した話題作です。

解釈が別れる作品ですが、難しいことは抜きにして観てください。

観終わった後、不思議な爽やかさを感じます。

普段はサスペンスばかり見ている私ですが、ヒューマンドラマもいいものだなと感じさせられる一本でした。

※本作以外のおすすめ映画一覧はコチラから!
≫ U-NEXTで何が見れる?作品ジャンル一覧とおすすめ映画ランキング10+5

目次

【スリー・ビルボード】ネタバレなしのあらすじと映画レビュー。全員、クセが強い!

出演者はみんな演技力がすごいです!

約2時間と少し長めの作品ですが思わず見入ってしまいました。

そんな『スリー・ビルボード』を観たみんなの感想はどうだったのでしょうか?

Twitterでの評判

本作をクライム・サスペンスと分類している動画サイトもありますが、実際に視聴してみるとヒューマンドラマと捉える人が多いですね。

私もそれに同感です。今までにない後味の映画でした。

【スリー・ビルボード】あらすじと解説

主人公はアメリカの田舎町に住む女性です。

彼女は心に深い傷を負っています。

なぜなら、娘が殺人事件の被害者となってしまったからです。

しかも、暴行された挙句に遺体に火をつけられるという残忍な手口でした。

田舎町での事件だったため、その当時は大きな話題になりましたが、犯人は見つからないまま時間が経過。

事件は次第に風化しはじめていました。

そんなある日、車を運転している彼女の目に、ある光景が飛び込んできました。

それは、事件現場付近に建てられた大きな広告看板。

今ではすっかりボロボロですが、これを見て彼女は、あることを思いつきました。

それは、捜査の進展がないことに抗議するため、地元警察への批判メッセージをこの巨大な広告看板に掲載することです。

彼女はすぐに行動に出て、警察署長に対する非難メッセージが書かれた看板を立てました。

すると、これがメディアに取り上げられて大きな話題となります。

当の警察署長本人はもちろん、これを快く思っていません。

そして、署長の部下もまた看板のことを疎ましく思っています。

この部下がそう思うのは署長のことを慕っているから、という理由だけではありません。

実はこの署長、末期ガンのため余命が短かく、人生の最後を不名誉で汚してほしくなかったのです。

そして事件は起こります。

なんと、署長が拳銃自殺したのです。

『自殺の理由は看板のせいではない』と遺書には書かれていましたが、誰もがあの看板が原因だと考えています。

そして最も嘆き悲しんだのが、あの部下です。

彼は完全に頭に血がのぼってしまい、広告掲載を引き受けた会社の責任者に重傷を負わせます。

時を同じくして、何者かによって看板に火が付けられます。必死の消火活動もむなしく、看板は全焼してしまいました。

騒動は次第にエスカレートしはじめ、物語は大きく動き出します。

印象に残ったシーン

ネタバレになってしまうので詳しいことは言えませんが、一見、悪そうなやつが実はイイ人だったというストーリーがとても印象的でした。

さらに、物語中盤を過ぎたあたりから、主人公が途中で交代したかのような雰囲気になります。

このようにに感じるのは私だけかもしれませんが、今までにない感覚だったので、いい意味で驚かされました。

ジャンルとしてはヒューマンドラマなので、サスペンスのような大ドンデン返しはありません。

しかし、見終わった後にはどこか爽やかさを覚えます。

【スリー・ビルボード】ネタバレなしの映画レビュー:まとめ

先ほどもお伝えしましたが、どう見ても悪役にしか見えなかった登場人物たちが、実はとてもイイやつだったということが分かります。

そのおかげで気分がほっこりしました。

いい映画ってこういう作品のことなんだなあと思わされます。

また、実生活でも外見ばかり気にしないで、中身にも注目しようと思わせられました。

物語のキーパーソンはサム・ロックウェルが演じる人物です。私はこの作品で彼のファンになりました。

さて、他にも面白い映画はまだまだありますので、このブログで紹介していきます。

それではまた次の記事でお会いしましょう!

スリー・ビルボード

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる