ベニチオ・デル・トロの若い頃の色気がすごい!映画:誘拐犯

ベニチオ・デル・トロ、渋すぎ!

今回のあらすじとレビューは【誘拐犯】です。

主演はベニチオ・デル・トロ。
私の大好きな俳優の一人です。

個性的な顔立ちで、全身から漂う男の色気が半端じゃありません!

そんな ベニチオ・デル・トロが主演の見放題作品とくれば見ないわけにはいきません。

硬派な男たちの骨太なアクションを楽しみたい方にはうってつけの作品です!

目 次

ベニチオ・デル・トロの若い頃の色気がすごい!映画:誘拐犯

各地で悪事を働きながら生活費を稼ぐ二人組。

彼らは偶然にも、大富豪が代理母出産を計画していることを知る。

そこで、この代理母を誘拐してその身代金で一儲けすることを企てた。

誘拐計画は見事に成功したが、このとき二人は、大富豪が裏社会に大きなパイプを持っていることを知らなかった。

すぐさま凄腕の殺し屋が追手として放たれ、二人は徐々に追い詰められていく…。

公 開2000年・アメリカ
時 間120分
主 演ベニチオ・デル・トロ
監 督クリストファー・マッカリー
脚 本クリストファー・マッカリー
衝撃度3.8

本作の監督は、 クリストファー・マッカリー 。

ミッション・インポッシブルシリーズ、オール・ユー・ニード・イズ・キルなどの人気作を手掛けている監督です。

アクション作品に定評があります。

≫ 誘拐犯

映画:誘拐犯のあらすじ(ネタバレなし)

主人公はならず者の二人組。

国中を車で放浪して、各地で悪さを働きながら生活費を稼ぐケチな泥棒です。

あるとき二人は偶然にも、大富豪が代理母出産を計画していることを知ります。

そこで主人公たちは、その代理母が誘拐して身代金を得ようと画策するのです。

しかし彼女にはプロのガードマンが四六時中、身辺警護に当たっています。

二人はそんなボディーガード達を巧妙にやり過ごし、なんとか誘拐に成功しました。

しかし、大富豪もこのまま黙っているわけがありません。

旧知の間柄である裏社会の始末屋に事件の解決を依頼するのです。

この始末屋は単なる殺しのプロというだけでなく、裏社会との交渉役も担っています。

始末屋はさっそく、自身が持つネットワークを駆使して主人公と接触を試みることに。

事態は収束に向かうかと思われたその時、さらなる事件が起こります。

はたして、この心理戦を制するのは誰なのか?

そして物語の行方は?

本作の見どころ

本作の絶妙なアクセントになっているのが、ジェームズ・カーン演じる老練な始末屋との駆け引きです。

このジェームズ・カーンがとんでもなくいい味を出してます。

昔気質の凄腕暗殺者という難しい役は、彼しかできないかもしれません。

一見、どこにでもいる普通のおじいちゃんに見えますが、その真の姿は凄腕の暗殺者。

冷静かつ淡々と、プロフェッショナルな仕事を遂行していきます。

ベニチオ・デル・トロも魅力ある俳優ですが、このジェームズ・カーンの渋さもすごいです!

ベニチオ・デル・トロのその他の出演作レビュー

≫見事すぎる伏線回収|映画:ユージュアルサスペクツ

ジェームズ・カーンのその他の出演作レビュー

≫ 映画:グッド・ネイバー

(まとめ)ベニチオ・デル・トロの若い頃の色気にやられる映画:誘拐犯

とても面白い作品でした!

物語の最後に、主人公と始末屋との間で交わされるセリフが最高におしゃれです。

ぜひご自分の目でご確認ください。

ベニチオ・デル・トロはどちらかというとアウトローな役が多いのですが、実はこの人、かなりのインテリです。

親族に弁護士がたくさんいるので、自分もその道に進もうとしたそうですが、演劇に出会ってからは進路を変更して演技を学びなおしまし。

そうした意外性もまた魅力の一つかもしれません。

≫ 誘拐犯

本作以外の見応え充分の映画は、↓の記事からどうぞ!

≫ 実話を映画化したおすすめサスペンス洋画3選

≫ 伏線回収がすごいサブスク映画11本

≫非恋愛モノの切ない映画(洋画)おすすめ3選

≫ ハズレのない潜入捜査官がテーマの映画3選

≫ どハマリできる、特徴別のおすすめ映画サブスク

関連作品

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

本ページの情報は2021年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次
閉じる