伏線回収がすごい!鳥肌の大どんでん返しサブスク映画11本|洋画おすすめ

洋画サブスク映画。どんでん返しおすすめ
こんな人に向けて書きました

伏線回収の爽快感を味わえる映画を見たい!

金曜日や土曜日の夜は、美味しいおつまみとビールを片手に映画をゆっくり楽しみたい!

そんなあなたに向けて、年間約100本の映画を見る私が【大どんでん返しのサブスク映画11作品】をピックアップしました。

伏線回収のすごい作品が大好きな方、ぜひチェックしてみて下さい。

思いもよらぬ掘り出し物がありますよ!

▼ 映画・ドラマを無料で視聴できる、VODのトライアル(お試し)情報はこちら。


書いた人:ヤットキ
書いた人:ヤットキ

映画とWebとサッカーを愛する元・外資系社畜リーマン。年間100本の映画やドラマを鑑賞。

100以上のSNSに携わってきた、業界歴10年のWeb解析士です。GAIQ保有。

目 次

伏線回収がすごい!鳥肌の大どんでん返しサブスク映画11本|洋画おすすめ

それではさっそく、 伏線回収がすごい大どんでん返し映画(洋画)11本をご紹介します。

掘り出し物もあるので、まだ見たことのないものがあれば要チェックです!

本記事内で紹介している作品は次のVODで視聴できます。

\ トライアル期間はいつでも解約できて料金不要。試す価値アリです /

Amazonプライム・ビデオ30日間無料
公式サイトへ ≫
U-NEXT31日間無料
公式サイトへ ≫
Hulu14日間無料
公式サイトへ ≫
dTV1ヶ月間無料
公式サイトへ ≫

\ トライアル中の解約でも料金不要 /

Amazonプライム・ビデオ
公式サイトへ ≫
U-NEXT
公式サイトへ ≫
Hulu
公式サイトへ ≫
dTV
公式サイトへ ≫

なお、作品概要欄の右下にあるアイコンの意味は次のとおりです。

A Amazonプライム・ビデオで無料配信、A個は個別課金
U U-NEXTで無料配信、U個は個別課金
h Huluで無料配信、h個は個別課金
d dTVで無料配信、d個は個別課金

その1:ユージュアル・サスペクツ |ラスト5分、史上最高の伏線回収

作品概要

麻薬密輸船の爆破事件が発生。

事件の黒幕として浮上したのは、伝説のギャング。

その名はカイザー・ソゼ。

彼の顔を見た者はこの世にいないと言われる謎の多い人物だ。

果たして事件の犯人は本当にソゼなのか?

A個 U h d

公 開 1995年・アメリカ
時 間 106分
主 演 ケヴィン・スペイシー
監 督 ブライアン・シンガー
脚 本 クリストファー・マッカリー
衝撃度4.9

ブワァーっと鳥肌が立ってきた!

本作はブライアン・シンガー監督の出世作です。

それと同時に、ケヴィン・スペイシーが注目を浴びるきっかけともなりました。

多くの映画のなかでは間違いなく、本作が一番のおすすめです。

私が初めてこの作品を見た時、鳥肌が立ちました。それほど練りに練られたストーリーです。

『本作ほど見事な伏線回収が行われる作品は他にない』と言っても過言ではありません。

そして、全編を通してキーワードとなるのは『カイザー・ソゼ』です。

彼は裏社会のボスとして恐れられており、その顔を見たものはいないと言われるほどの伝説の男です。

果たして彼はどのように一連の事件に関わっているのか?そもそも実在の人物なのか?

そのあたりも見ものですよ!

そしてなんといっても最大の見どころは、終盤の伏線回収シーンです。

本作の優れているところは、長回しのセリフなどいっさい使わずに真相が明らかになっていく点です。

不思議なことに、それだけで全ての謎が解けていきます。

もちろん、ふとした出来事をきっかけに謎が解けていくというような、よくある展開ではありません。

すべてのピースが論理的にあてはまっていきます。

極めつけは最後のワンシーン。これが最高!

予測不能な大ドンデン返しが好きな人は必見の映画です。

二度見は不可避でしょう!

▼ レビュー記事はこちら!

その2:アイデンティティ |そう来るか!想像を軽く超えてくる結末

作品概要

田舎町にある一軒のモーテル。

外は強い雨が降っている。

そのモーテルに宿泊しているのは11人。もちろん皆、面識はない。

その夜、事件は起きた。

彼らのひとりが何者かによって惨殺されてしまう。

さらに第二の殺人も発生し、パニックに陥る宿泊客たち。

それだけでなく、安置したはずの死体が忽然と消えてしまうというカオスな事態に。

犯人は一体だれなのか?そして死体はなぜ消えた?

A個 U

公 開 2003年・アメリカ
時 間 90分
主 演 ジョン・キューザク
監 督 ジェームズ・マンゴールド
脚 本 マイケル・クルーニー
衝撃度4.5

最後のワンシーン、怖すぎる…

2003年公開と少し時間は経っていますが、映画ファンの間では今もなお評価が高い一本です。

監督は ジェームズ・マンゴールド

日本での知名度はあまり大きくありませんが、後に『ウルヴァリン: SAMURAI』、『LOGAN/ローガン』、『フォードvsフェラーリ』などの人気作を手掛けたヒットメーカーです。

そして作品はというと、序盤は荒唐無稽と思えるストーリーが展開されていきます。

少しだけネタバレになるかもしれませんが、死体が次々と消えるんです。

『もしかしてB級のホラー映画か?』と勘違いしそうになりますが、そこをグッと堪えて下さい。

伏線はちゃんと回収されます。

主要キャストとしてジョン・キューザックとレイ・リオッタが出演しているので、ちゃちな作品ではありません!

練りに練られたストーリーがあるのです。

最後はゾワッとさせられますよ…

▼ レビュー記事はこちら!

その3:THE GUILTY/ギルティ |電話1本で事件を解決する男

作品概要

主人公は緊急通報指令室のオペレーター。

ここには毎日、単なる酔っ払いの電話から救急車を求める電話まで、様々な通報が寄せられる。

ある日、主人公が仕事を終えようとしていたまさにその時、車で拉致されている女性からSOSが入る。

なんでも、自宅の子供に電話をかけるフリをしてここに通報してきたらしい。

しかし、この電話のことが犯人にバレれば、最悪の事態に発展する可能性が高い。

頼りになるのは、途切れ途切れの女性の声と周囲の音だけ。

一刻の猶予も許されない状況のなか、彼女を救出することができるのか?

A U h d

公 開2018年・デンマーク
時 間 88分
主 演ヤコブ・セーダーグレン
監 督 グスタフ・モーラー
脚 本 グスタフ・モーラー、エミール・ニゴー・アルバートセン
衝撃度4.2

一人でヘッドセットで話すだけの映画なのに、気づいたら引き込まれてた!

これはかなりの異色作です!

監督のグスタフさんは2015年にデンマーク国立映画学校を卒業しています。

本作が長編映画のデビュー作となりましたが、キャリアがまだ浅い中でこれほどの異色作を製作するとはかなりの驚きです。

新星の誕生といったところでしょうか。

本作はどんな内容かというと、場面展開ほとんどなし、登場人物の動きらしい動きも殆どありません

全編、ヘッドセットを付けた主人公が通報司令室で話しているだけ。

もちろん、銃撃戦や肉弾戦などのアクションは皆無です。

さらにはなんと、BGMもなし!まさに、ないないづくしの映画です。

本作は低予算で製作されたと思われますが、アイデア次第でここまで面白い内容になるのかと思わされました。

88分間、視聴者の想像力をどんどん掻き立ててきます。

まるでラジオドラマのような摩訶不思議な映画ですが、多くの高評価を得ています。

その証拠に、ジェイク・ギレンホール主演でリメイクされたほどなんです!

ヘッドセット一本でどのように事件を解決していくか、そこが見どころ。

あなたの想像を超える面白い内容となっています。一度視聴し始めたら、もう止まりません。

そして、最後は驚きの結末があなたを待っています。

▼ レビュー記事はこちら!

その4:隣人は静かに笑う |米国でレンタル禁止となった問題作

作品概要

道路をふらふらと歩く血まみれの少年。

それを見かけた主人公は、急いで彼を救急病院に運び込んだ。

これをきっかけに少年家族との付き合いが始まるように。

しかし、ホームパーティでのふとした出来事から彼らの素性に疑問を持つように…

調べていくうちに隠された過去が明らかとなり、疑惑は確信へと変わっていくが、誰にも信じてもらえない。

家族の身の危険を感じた主人公は付き合いを避けるようになる。

はたして、その隠された過去とは?

そして彼らの真の目的とはいったいなんなのか?

U

公 開1998年・アメリカ
時 間 117分
主 演ジェフ・ブリッジス
監 督 マーク・ペリントン
脚 本アーレン・クルーガー
衝撃度4.0

アメリカでレンタル禁止となったのも分かる気がする!

日本ではあまり馴染みのない本作。

実はAmazonでも今だに視聴できない作品となっています。

その影響もあってか、本作を配信しているVODはU-NEXTだけです。

理由は明言されていませんが、衝撃的な結末と当時の社会情勢によるものと考えられています。

さて、本作の見所の一つ目は俳優陣の怪演です。

とくに、主人公の隣家の奥さんには注目!

いつもニコニコしているのですが、よく見ると目が笑っていないんです。

↓のツイートにある女性の笑顔をご覧ください。

違和感のある満面の笑み、不気味さを感じませんか?

それだけならまだいいのですが、この笑顔が素の表情に戻るワンシーンがあります。まさに鳥肌モノ!

そして、本作を語るうえで外せないのが衝撃のストーリー展開です。

血まみれの少年が道路を歩いているシーンからストーリーが始まるので、冒頭から心を鷲掴みにされます。

ここから徐々に主人公一家を侵食してくるような隣家の存在。

不気味というか恐ろしいというか…。

そしてラストはあなたの想像をいとも簡単に超えてきます。

最後は間違いなく、唖然とさせられるハズです。

▼ レビュー記事はこちら!

その5:鑑定士と顔のない依頼人 |謎の機械部品と老鑑定士

作品概要

主人公は、骨董品の目利き鑑定士。

そんな彼のもとに、ある女性から鑑定依頼の電話がかかってくる。

さっそく屋敷で査定を始めるが、依頼主は決して姿を見せようとしない。

苛立ちを覚えつつも作業を進めていた時、屋敷の倉庫の中であるものを見つける。

それはとてつもなく価値のある代物だった…

A U h d個

公 開2003年・イタリア【PG12】
時 間 130分
主 演ジェフリー・ラッシュ
監 督 ジュゼッペ・トルナトーレ
脚 本ジュゼッペ・トルナトーレ
衝撃度4.0

しばらく立ち直れないかもしれない…

主演はジェフリー・ラッシュ。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのバルボッサ役や『英国王のスピーチ』にも出演するなど、名優中の名優です。

そして、相手役を演じたシルヴィア・フークスの美貌が際立っています。

でもなぜか、日本ではほとんど知名度のない作品です。一部の映画ファンではよく知られた作品のようなのですが…

ジェフリー・ラッシュ級の名優が主演しているので、もちろんB級作品ではありません。

『え?もしかして、もしかするの?』というハラハラ・ドキドキ感にあふれています。

実際、『顔を見せない依頼人の正体ってまさか…』と色々な考えてしまいます。

どんな想像なのか、上の画像を参考にしてください。あとは見てのお楽しみ!

また、随所に伏線が散りばめられているので、これらのギミックも存分に楽しめますよ。

本作はミステリーとしてかなりパンチが効いてます!

ガツンとくる作品を見たいときにはピッタリですが、その反動がしばらく残りますのでご注意を!

私は映画を見終わってから、数時間ほどは立ち直れませんでした。

▼ レビュー記事はこちら!

その6:9人の翻訳家 囚われたベストセラー |実話ベースで話題となった一作

作品概要

全世界で大人気となったミステリー小説「デュダリュス」。

待望の完結編出版を数カ月後に控えている。

そこで、9カ国から翻訳者がフランスに集められた。

機密保持のためスマホやPCなどは全て没収される。

翻訳作業は、生活に必要な設備が完備された地下室で作業を行うことになり、そこははまさに密室状態。

作業が順調に進むなか、出版社社長のもとに一通の脅迫メールが届く…。

A U d

公 開2019年・フランス
時 間 105分
主 演ランベール・ウィルソン
監 督レジス・ロワンサル
脚 本 レジス・ロワンサル、ダニエル・プレスリー、ロマン・コンバン
衝撃度3.8

フランス映画だけに最後は少し物悲しい…そんな極上ミステリー!

本作の元となったのは『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズです。

シリーズ4作目の翻訳にあたって、不正流出を防ぐために翻訳者たちは実際に、地下室の作業室で翻訳作業を行ったというエピソードがあります。

本作は、ここから着想を得たものです。

一番の見所は、「デュダリュス」の原作者が謎に包まれていること。

出版に関する交渉事は全て、出版社の社長が一人で行っていたので、この社長以外、誰も原作者のことを知りません。

原作者は一体誰なのか、そして、脅迫メールを送ってきた犯人はなぜ、原作者と社長しか知り得ない原文を所持しているのか…。

謎は深まるばかりです。

また、時系列が前後していて初見では理解できない場面もあります。

しかし、ストーリー後半に進むにつれて、そのあたりが徐々に謎解きされていきます。

少しだけ我慢して作品を見た人にだけ、タネ明かしされたときの感動が味わえます。

▼ レビュー記事はこちら!

その7:手紙は憶えている|その老人には誰にも言えない秘密が…

作品概要

老人が眠りから目を覚まし、隣で寝ていたはずの妻の名を呼ぶ。

しかし返事はない。何度呼んでも返事が返ってこない。

それもそのはず。

彼女はもう何週間も前に他界したのだから。

実は主人公は認知症を発症しており、妻が死んでしまったことすら忘れてしまっている。

今は施設に入り、専門的なケアを受けながら暮らす毎日。

そんなある日、彼は友人から一通の手紙を渡された。

そこ書いてあった内容とは…。

A個 U

公 開2015年・カナダ・ドイツ【PG12】
時 間 94分
主 演クリストファー・プラマー
監 督アトム・ヤゴエン
脚 本ベンジャミン・オーガスト
衝撃度4.0

こ、これは…まさに大人向けの大どんでん返し!

作品のサムネ画像からはあまり面白くなさそうな感じがしますが、実は上質のサスペンス映画でした!

しかも実話をモチーフにした作品だそうです。

主演は名優クリストファー・プラマー。過去には『サウンド・オブ・ミュージック』にも出演していた超ベテラン俳優です。

本作では認知症の老人役をめちゃくちゃリアルに演じています。

俳優自身、本当に認知症じゃないのか?と思ってしまうくらいです。

痴呆を患った老人が主人公なので派手なアクションはありません。

淡々と、そしてどこかユーモラスにストーリーは進みます。

しかし、中盤に差し掛かると加速度的にシリアスさが増していきます。

そして最後には驚きの結末が…。

ちなみに作品概要でお伝えした、友人からの手紙にはこんなことが箇条書きで書かれています。

  • あなた(主人公のこと)は認知症であること
  • あなたの家族はルディ・コランダーに殺されたこと
  • 同姓同名の人物が4名いること
  • それぞれの住所とそこへの移動方法
  • 4人のなかから本物のルディ・コランダーを見つけ出すこと
  • 使用する拳銃とその買い方

この内容から分かるように、主人公はこの手紙を見ながら復讐の旅に出かけるのです。

しかし、認知症のため電車やバスの利用もままなりません。

やっと乗車できて安心したのもつかの間、自分がなぜここにいるのかを忘れてしまいます。

はたして彼は目的を果たすことができるのか。

作中には衝撃のラストを匂わせる様々な伏線が張られています。

そちらもお楽しみに!

▼ レビュー記事はこちら!

その8:ミッション:8ミニッツ |死をループさせられる男の運命とは

作品概要

主人公はアメリカ空軍に所属するヘリのパイロット。

アフガンで任務を遂行中だったはずの彼だが、ふと気づくとなぜか列車に乗っている。

しかも、目の前に座っている見知らぬ女性が親しげに話しかけてくる。

自分の身に何が起きているのか理解できないまま列車に揺られていたその時、車内で大爆発が起きる!

公 開2011年・アメリカ
時 間 92分
主 演ジェイク・ギレンホール
監 督ダンカン・ジョーンズ
脚 本ベン・ヘブリー
衝撃度4.0

主人公の最後があまりにショッキングすぎて…この表現は日本なら絶対できない!

出ました、カルト的映画!

主演はジェイク・ギレンホール。

スパイダーマンシリーズのミステリオ役でもおなじみです。

また、キーパーソンはヴェラ・ファーミガ。

知的な感じが素敵な女優さんです!

かなりショッキングな結末が待っていることで話題となった本作。

様々な解釈ができる結末なので、公開から10年以上経った今でもカルト的な人気を誇っています。

しかし残念ながら、どのVODでも配信されていませんでした。

運行中の列車爆破シーンがあるため、テロを思い起こさせるという理由かもしれません。

ストーリーの出だしはかなり奇想天外ですが、徐々に謎が解けていきます。

ちなみに本作の原題は『Source Code』。これはソフトウェアのプログラムのことです。

ストーリーに大きな影響を与える役割を果たしています。

初見では全てを理解出来ないかもしれませんが、機会があったら視聴することをオススメします。

▼ レビュー記事はこちら!

作品概要

妻に先立たれ、男手一つで娘を育ててきた主人公。

ある日、彼女は『友人たちの勉強会に参加する』と言って外出する。

しかし、翌朝になっても帰宅してこない。

焦った主人公は警察に通報。

やがて捜索が開始されるが、なんの進展もみられなかった。

彼はそんな状況に苛立ちを覚え、少しでも手がかりを得るため、娘が家に置き忘れたノートPCにログインしてみることに。

するとそこには知られざる一面が…

A個 U h d個

公 開2018年・アメリカ
時 間 102分
主 演ジョン・チョー
監 督アニューシャ・チャガンティ
脚 本セヴ・オハニアン、アニューシャ・チャガンティ
衝撃度4.2

見せ方が超斬新!二転三転するストーリーにやられた!

これはかなりのアタリ映画です!

製作費はかなり少なかったと思われますが、低予算でも面白いもの作りたいという思いの伝わる素晴らしい作品でした!

本作の見どころは、斬新な撮影手法です。

通常のカメラワークは一切ありません。

全編がノートPCのWebカメラで展開されるという新感覚の作品です。

見やすさに不安を覚えるかもしれませんが、百聞は一見にしかず。

かなりの工夫が凝らされているので、見やすさを保ちつつ、高い没入感を得ることができます。

まるで他人の生活を覗き見しているような不思議な感覚を覚えました。

ストーリーは、Facebook、Instagram、Tumblrなど実在のSNSを通してストーリーが展開していきます。

インターネットを介してコミュニケーションを図る若者の姿が実にリアルです。

ただ、10代のお子さんがいる方が本作を観るのはつらいかも。というのは、自分の子供が顔も知らない相手と連絡を取り合う姿に気が気じゃなくなるかもしれません。

トラブルが起こる前にしっかり対策しておきましょう!

さて、作品は 102分と比較的長めですが、そうしたことを一切感じさせません。

そして、本作を2倍楽しむためにぜひとも試してほしいことがあります。

再生画面の下に出てくるシークバー(時間経過を表示するバー)を非表示にすることです。

驚きの結末をより一層楽しめますよ!

▼ レビュー記事はこちら!

その10:閉ざされた森 |爽快感のあるどんでん返し。後味よし!

作品概要

パナマの密林で行われたレンジャーの特殊訓練。

そこに参加した7名の隊員が突如として消息を絶った。

やがて2名の生存者が発見されるも、残りの隊員は味方同士の銃撃戦で死亡。

事態の究明を進めていくと、セクション8という謎の部隊の存在がちらつきはじめる。

はたして、密林の中で何が起きたのか?

そしてセクション8とはいったい何なのか?

A個 U

公 開2003年・アメリカ
時 間 98分
主 演ジョン・トラヴォルタ
監 督ジョン・マクティアナン
脚 本ジェームズ・ヴァンダービルト
衝撃度3.9

ジョン・トラヴォルタ、ずるいわ!

本作には『羅生門スタイル』と呼ばれる撮影技法が用いられています。

一つの出来事を複数人の視点から考察する手法で、黒澤明監督作品の『羅生門』に由来しています。

さて、主演はジョン・トラボルタ、脇をサミュエル・L・ジャクソンが固めています。

一癖も二癖もありそうな俳優陣ですね。

事実、この映画はとんでもなくクセの強い内容でした!

パナマの密林で行われた特殊訓練の様子から物語はスタートします。

この訓練に参加しているのは7名のレンジャー隊員と、鬼のように厳しい指導教官。

隊員たちは生き残りをかけて訓練に臨みます。

そんななか、隊員たちは森の中で忽然と消息を絶ちます。

捜索の結果、生き残ったのは2名だけ…。

もうこの時点でワクワクがとまりません!

しかし物語の中盤までは、どこかモッサリ感があります。

その理由は、ジョン・トラヴォルタは凄腕の麻薬捜査官という役ですが、そこまでキレキレではないからです。

個人的にはそこにモヤモヤしていました。

と思っていて作品を見終わると、この役にはたしかにジョン・トラヴォルタが必要だと思わされました。

よくあるサスペンス映画だと思っていると、ラストはかなりビックリしますよ。

最後はなぜか爽快感に浸れます。

まさかの結末に期待してください!

▼ レビュー記事はこちら!

その11:ピエロがお前を嘲笑う |謎の天才ハッカーを追え!

作品概要

警察に出頭して取り調べを受ける天才ハッカー。

彼には連邦捜査局のサーバーに不正アクセスした容疑だけでなく、ギャングの殺人事件に関与した疑いもかけられている。

そのため、ユーロポール(欧州刑事警察機構)とマフィアの双方から追われている。

命の危険が迫っていたため、証人保護プログラムの適用を受けたいと出頭してきたのだった。

身の安全と引き換えに事件の真相を供述し始めるが、その証言内容に翻弄される捜査官たち。

彼の真の目的は一体、どこにあるのか?

公 開2014年・ドイツ
時 間 106分
主 演トム・シリング
監 督バラン・ボー・オダー
脚 本バラン・ボー・オダー 、ヤンチェ・フリーセ
衝撃度4.0

初見で理解するのは難しいから、何回も巻き戻して見ちゃう作品!

本作は、【100%見破れない!ドイツで大ヒットを記録】と銘打たれたクライムサスペンスです。

天才的なハッキング能力を持つ青年が出来心で犯罪に加担してしまい…という内容になっています。

ありがちなストーリーに思えますが、予測不能な映画でした!

残念なのは、どのVODでも配信していない点です。

以前はU-NEXTで無料視聴できたのですが…。

また配信が再開されるのを待ちましょう。

ちなみにハリウッドでのリメイクも決定したそうですが、その続報は届いていません。

アメリカでも十分ヒットしそうな気はするのですが…

▼ レビュー記事はこちら!

大どんでん返しに疲れてしまったら…

大どんでん返しモノは面白いのですが、たくさん見るとちょっと疲れてしまいます。

そんなときは、いつもと違うジャンルの映画はいかがですか?

重複無しで紹介しています。ぜひご覧ください。

≫この3タイトルで半年は楽しめる!オススメ海外ドラマ

≫ ラストへの展開が読めない映画11本

≫ 掘り出し物!マイナーだけど面白い、隠れたおすすめ映画

≫ ハズレのない潜入捜査官がテーマの映画3本

≫ 実話を映画化したサスペンス洋画3本

≫ 非恋愛モノの切ない映画3本

(まとめ)伏線回収がすごい!大どんでん返しサブスク映画11本|洋画おすすめ

以上、『伏線回収がすごいサブスク映画』と題して、大どんでん返しの洋画おすすめ11本を紹介しました。

二転三転するストーリーに思う存分振り回されてください。

記事内で紹介した作品は次のVODで視聴できます。

見たかった作品を好きなときに楽しめるので、休日の幸福度がちょっと上がりますよ!

あなたはどの作品を楽しみますか?

上記以外にも気になる作品があるなら、VODのトライアルで視聴するのがお得です。

トライアル期間中なら、多くの作品を無料で視聴できました!

\ トライアルはいつでも解約OK・料金不要!試す価値アリです /

30日間無料
31日間無料
14日間無料
1ヶ月間無料

\ トライアルは解約しても料金不要 /

30日間無料
31日間無料
14日間無料
1ヶ月無料

それではまた、次の記事でお会いしましょう!


本ページの情報は2022年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次
閉じる