映画好きによる、おすすめ作品!【作品名は教えない3】

イチオシのU-NEXT映画紹介 ~第3回~

またまたU-NEXT で見放題映画を観てしまいました。

今回のおすすめ映画はこれです。

今までとは少しジャンルを変えて、今回はアクションものです。
ちょっと昔のものになりますが、面白いと評判のあった作品です。

以前から見たいなぁ~と思っていたものの、忙しくてなかなか時間が獲れませんでした。
しかし、急遽予定がキャンセルになったのでゆっくり見てみました。

配信期限は2020年12月31日 23:59までです。ご視聴はお早めに!
(※本ページの情報は2020年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください)

どこよりも簡潔な映画紹介・・・の前に少し雑談。

ddzphotoによるPixabayからの画像

本作のジャンルはアクションもの。
ドンパチする映像を何も考えずに見ていると、日頃の嫌なことを忘れることがでいるので、私はとても好きなジャンルです。

この作品はなんといっても、その邦題が秀逸なんです。
原題は何のひねりもなくて面白くないんですが、邦題がとてもカッコいいんです。

きっと映画関係者が頭をひねりまくって考えだしたのでしょう。

他にも邦題の方が洒落ている有名な作品はたくさんあります。

There’s something About Marry
→「メリーに首ったけ」
SISTER ACT
→「天使にラブソングを」
Butch Cassidy and the Sundance Kid
→「明日に向かって撃て!」
The Thing
→「遊星からの物体X」
The A team
→「特攻野郎Aチーム」

などなど。

日本語の表現ってとても奥深いですね。

どこよりも簡潔な映画紹介。ネタバレなし!

RozbooyによるPixabayからの画像

さて、本題です。

主人公はアメリカ軍に所属する特殊暗殺部隊のエキスパートです。
今回のターゲットは、麻薬組織のボスと、彼らから資金提供を受けている反政府勢力の最高権力者の2人です。

2人が密会するという情報を掴んだ彼は、その密会場所である中南米のジャングル奥地へ。

本作では彼が任務遂行を果たす様子が描かれています。

この作品で印象的だったのは狙撃シーンです。
ライフルから放たれた銃弾の弾道をCGを駆使して表現しています。

これと同じ描写を、少し前の大ヒット作品で観たことありませんか?

そう、「マトリックス」です。
キアヌリーブスが上半身をのけ反らせて銃弾をよける、あの有名なシーンです。

この作品は約30年前に公開されたものなので、マトリックスのあの有名なワンシーンは、本作を参考にしたんじゃないかなと想像しています(あくまで、個人的見解です)。

そういう意味では、当時としてはかなり斬新でクリエイティブな表現方法だったに違いありません。

MasterTuxによるPixabayからの画像

そしていよいよ、視聴した感想をお伝えします。

管理人
う~ん、イマイチかな・・・

最近観てきた映画に比べると、もうひとつ盛り上がりに欠けるというかなんというか。前評判ほどではないんじゃないか、というのが率直な感想です。

そして、もう一つ。

人間って精神的に極限まで追い込まれたら、潜在能力を発揮する生き物なんだな~って思いました。
勉強になりました。これは見れば分かります!

ちなみに、本作は続編が10作(!)近くも出ているので、それなりに評判は高いんでしょうね。
私の目は節穴でした・・・。

なので、この映画が回を重ねるごとにどんな進化を遂げているのかちょっと興味があります。
続編、続々編、続々々編(以下略・・・)も観てみたいと思います。

さあ今すぐここをクリックして、この映画をチェックしてみましょう。

他にも面白かった映画はまだまだありますので、引き続きこのブログで紹介していきます。

最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。