記事内にプロモーションを含みます。
「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」にならないよう配慮し、法令遵守に基づいた運営を行っています。

Excelのウインドウ枠の固定を徹底解説|できない・ずれる時はこうやれ!

  • URLをコピーしました!

Excelのウインドウ枠の固定機能、便利な反面、一筋縄ではいかないことがよくあります。

思っていた場所とずれることがあってイラっとすることがよくあります。

思ったように固定されなくて、イラッとする…

それだけならまだしも、↓のようにボタンがグレーになっていて、ウインドウ枠の固定ができない状態になったことがありませんか?

実はこうした問題は、仕様を理解すると解決(というか納得)できます。

といっても長ったらしい説明書を読む必要はなし!

本記事で実際の画像を見ながら理解していけばOKです。

それではさっそく、Excelのウインドウ枠の固定のやり方や、ずれる・できないときの解決方法をみていきましょう!

基本・便利ワザが40本!

関連記事Excelの使い方講座|基本操作を覚えて脱・初心者! ≫

記事作成:ヤットキ
  • 大手通信企業の元SE
  • Web業界歴10年のWeb解析士
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
目 次

Excelのウインドウ枠の固定|できない・ずれる時の解決方法

単純な表ならば、スクロールにより見出しが見えなくなっても問題ありません。

しかし、下のような表の場合、見出しが見えなくなると、どれが何の項目なのか分からなくなります。

見やすいExcel表を作成してするならウインドウ枠の固定は必須です。

そこでまず、先頭行・先頭列、そして複数の行・列を固定する方法を見ていきましょう。

先頭行や先頭列を固定|Excelのウインドウ枠の固定

Excelのウインドウ枠を固定する方法はとても簡単です。

先頭行や先頭列の固定は基本的に同じなので、下の画像を見ながら行ってみてください。

  1. 表示タブを選択し、ウインドウ枠の固定をクリック
  2. 先頭行の固定 or 先頭列の固定をクリック

すると、下のように先頭行や先頭列が固定されます。

先頭行の固定
先頭列の固定

先頭行と先頭列を同時に固定|Excelのウインドウ枠の固定

先頭行と先頭列を同時に固定するにはウインドウ枠の固定をクリックします。

下のような表を例を挙げて説明します。

この表の1行目と1列目を同時に固定してみます。

イメージは下のように、赤い行と青い列の固定です。

方法は次のとおりです。

固定したい行の1行下固定したい列の1列右横の列をクリックしてください。

上の表でいうと、赤い行のひとつ下、青い列の一つ右の交点をクリックしましょう。

その状態のまま、ウインドウ枠の固定をクリックして完了です。

横や縦にスクロールすると、1行目と1列目が同時に固定されていることがわかります。

複数行や複数列の固定|Excelのウインドウ枠の固定

それでは次に、複数行や複数列の固定をみていきます。

これは、先ほどの先頭行と先頭列の同時固定とほぼ同じです。

ポイントは、固定したい行の1行下と固定したい列の1列右横の列をクリックしましょう。

たとえば、複数行を固定する場合(下図の赤色)、その1行下にある任意のセルをクリックします。

この状態で「ウインドウ枠の固定」をクリックして完了です。

これで選択した複数行が固定されるようになります。

複数列の固定もやり方は同様です。

固定したい列の1つ右にある任意のセルを選択した状態で「ウインドウ枠の固定」をクリックすればOK!

固定の解除

固定を解除するには「ウインドウ枠固定の解除」を選択します。

Excelのウインドウ枠の固定がずれる・できない時の解決方法

さてここからは、Excelのウインドウ枠の固定がずれる・できない時の対応方法を説明していきます。

どちらも難しいものではなく、クリックするセルの位置を変えたり、ボタンを一回ポチっとするだけです。

1秒もかからずに『ずれる・できない』が解決しますので、↓の方法を見ながらやってみてください。

Excelのウインドウ枠の固定がずれる時の解決方法

『Excelのウインドウ枠の固定がずれる!』とイライラするときは、複数行や複数列の固定でお伝えした仕様を再度確認してください。

ポイントは、固定したい行の1行下 or 固定したい列の1列右のセルをクリックすることです

たとえば、複数行を固定する場合(下図の赤色)、その1行下にある任意のセルをクリックします。

そして、複数列を固定する場合(下図の赤色)は、その1行右にある任意のセルをクリックしてください。

ウインドウ枠の固定がずれると感じるのは、「1行下、1列右」の仕様を知らないことが理由です。

周りにこれを知らない人がいたら、ぜひ教えてあげてください!

Excelのウインドウ枠の固定ができないときの解決方法

上記では、Excelのウインドウ枠の固定を説明しましたが、それができないときがあります。

原因は次のいずれかが考えられます。

  • ページレイアウトになっている
  • 表見出しの上に空白行や空白列がある

どちらに該当するのか、原因を切り分けて以下の対応方法を実施してください。

それでは詳しく見ていきます。

ページレイアウトになっている

もし、Excelが↓の外観になっていたら、ページレイアウトモードになっており、このままでは行や列の固定機能を利用することはできません。

ページレイアウトモードとは、印刷時のイメージを反映したまま編集できる表示モードのことです。

この場合、標準モードに切り替えてから行や列の固定を行いましょう。

対応方法自体はめちゃくちゃ簡単ですが、知らなければ絶対に分かりません。

これを結構知らない人はたくさんいます。

上記の内容を頭に入れておくと重宝しますよ。

表見出しの上に空白行や空白列がある

表見出しの上に空白行や空白列があると先頭行や先頭列が固定されません。

したがって上図のような場合、ウインドウ枠を固定できないことになります。

空白行は作らないように注意してください。

知っていれば、もしもの時に重宝するテクニックです!

おまけ:表の複数箇所で行や列を固定|ウインドウの分割で実現

行や列を固定していると、複数箇所を固定したいときもあります。

たとえば下のような表の場合、各支店の商品名行を固定できれば便利です。そのためには、計3箇所(2行目、10行目、18行目)の行固定が必要になります。

しかし残念なことに、固定できるのは1箇所だけです。

飛び飛びの行(たとえば2行、10行、18行など)や列(たとえば3列、5列、15列など)は同時に固定できません。

飛び飛びの行や列を固定したい場合は、ウインドウの分割機能を使うと多少はマシになるかも!

ウインドウの分割ボタンは、表示タブのウインドウグループの中にあります。

分割ボタンを押すと、画面が4つに分割されます。境界線にカーソルを当てると、分割の幅を変更することが可能です。

これを上の表で試してみると下のようになります。

境界線をうまく調整すると、上のように固定したいポイントを一度に表示させることが可能です。

しかし、分割された箇所をさらに分割するといったことはできません。

あくまで補助的に使うくらいの認識で利用するのが妥当です。

まとめ)Excelのウインドウ枠の固定|できない・ずれる時の方法

以上、Excel ウインドウ枠の固定をについてお伝えしました。

もし、行・列の固定ができない・ずれる時はここまでの方法を確認してみてください。

簡単に手順をおさらいします。

複数行を固定する場合(下図の赤色)、その1行下にある任意のセルをクリックします。

この状態で「ウインドウ枠の固定」をクリックして完了です。

これで選択した複数行が固定されるようになります。

複数列の固定もやり方は同様です。

作業を時短したい場合は、行や列の固定は非常に便利です。

やり方をマスターして、どんどん作業の効率化を図りましょう!

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

関連記事

40本の基本・便利ワザ! ※クリックで展開

  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次