記事内にプロモーションを含みます。
「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」にならないよう配慮し、法令遵守に基づいた運営を行っています。

Excel 開発タブの表示方法2つ+ショートカット|マクロ作成の第一歩

  • URLをコピーしました!

本記事では、Excelの開発タブの表示方法を2つとショートカットをご紹介します。

こんな人に向けて書きました
  • 業務効率化のためにマクロを作ってみたい
  • VBAを本格的に学習したいけどやり方がわからない

VBAでマクロを作るためには開発タブを常に表示させておきたいところですが、デフォルトでは下図のように非表示になっています。

そこで、この開発タブをExcelのツールバーに常時表示させる初期設定を2つをお伝えします。

さらに、便利なショートカットやVBAプログラミングの初歩的なサンプルコードも紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

開発タブはExcelの隠れた機能を使用するための宝庫ですよ!

基本・便利ワザが40本!

関連記事Excelの使い方講座|基本操作を覚えて脱・初心者! ≫

記事作成:ヤットキ
  • 大手通信企業の元SE
  • Web業界歴15年のWeb解析士
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
目 次

Excel 開発タブの表示させるための方法2つ+ショートカット

Excelの開発タブが表示されない場合、ファイルタブから「オプション」を選択するのが最もオーソドックスな方法です。

もし、下記でお伝えする方法でも開発タブが表示されていない場合は、Excelを再起動することで解決することができます。

VBAができれば、色んな場面で活躍できる!

それでは具体的に見ていきましょう!

その1:リボンのユーザー設定|Excel 開発タブを表示させる方法

  1. ファイルタブをクリック
  1. ファイルタブをクリック
  1. 『その他』>『オプション』をクリック
  1. 『リボンのユーザー設定を』クリック
  1. 『開発』にチェックを入れる

以上がもっとも一般的な、開発タブの表示方法です。

エクセルのツールバーが下図のようになっていることを確認しておきましょう。

続いて、もう少し簡単に初期設定画面に遷移する裏ワザを紹介します。

その2:リボンを右クリック|Excel 開発タブの表示させる方法

先程はファイルタブからオプションを選択しました。

本項ではもっと簡単に設定できる方法をお伝えします。

  1. リボンの任意の場所で右クリック
  2. 『リボンのユーザー設定』を選択
  1. 『開発』にチェックを入れる

これで開発タブが表示されます。

かなり簡単に開発タブを表示させることができます。

ショートカットAlt+F11|Excel 開発タブの表示させる方法

さてここでは、さらに時短できるショートカットを紹介します。

それが、Alt+F11です。

実はこのショートカット、正確に言うとExcelの開発タブを表示させるものではありません。

VBE(Visual Basic Editor)を開くためのもので、VBA(Visual Basic for Applications)でマクロを作成するための専用の編集エディタです。 

VBEじゃなくて、開発タブを表示させたいんだけど?

と思われるかもしれません。

しかし、開発タブではほとんどの場合、マクロ作成のためにこのVBEを起動することになります。

そのため、Alt+F11を覚えておいて損はありません。

【要点を1分で】
Excel 開発タブの表示方法とショートカット

以上、Excel 開発タブの表示方法2つとショートカットをお伝えしました。

Excelの開発タブには、マクロの記録、VBAエディター、コントロールツールなど、さまざまな便利なツールと機能が含まれています。

それらを使えば、プログラミングが全くの始めての人でも、よく見るこんな画面を簡単に作成できます。

それではここまでの手順を簡単におさらいします。

  1. ファイルタブをクリック
  1. ファイルタブをクリック
  1. 『その他』>『オプション』をクリック
  1. 『リボンのユーザー設定を』クリック
  1. 『開発』にチェックを入れる

自分で作ったコードが実際に動くと、感動を覚えます。ぜひお試しください。

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

関連記事

40本の基本・便利ワザ! ※クリックで展開

  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次