記事内にプロモーションを含みます。
「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」にならないよう配慮し、法令遵守に基づいた運営を行っています。

1分でOK!Excel チェックボックスの作成・削除方法

  • URLをコピーしました!

『Excelでちょっと凝ったことをしてみたい!』

そんな人におススメなのがチェックボックス。アンケートなどを作るときに便利です。

仕事のデキる人に見られそう!

↓のようなシンプルなものなら、Excel初心者の方でも1分もかからず作成できちゃいます!

ものは試しです。気楽な感じでチェックボックスの作成方法を見ていってください!

基本・便利ワザが40本!

関連記事Excelの使い方講座|基本操作を覚えて脱・初心者! ≫

記事作成:ヤットキ
  • 大手通信企業の元SE
  • Web業界歴10年のWeb解析士
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
目 次

Excel チェックボックスの作成・削除方法

チェックボックスを作成するにはまず、メニューバーに開発タブを追加する必要があります。

Excelではこの開発タブがデフォルトで非表示になっているので、まずはこれを表示させていきましょう。

方法は2とおりありますが、ここではより簡単な方法でやっていきます。

まず、リボンの任意の場所で右クリックしてリボンのユーザー設定を選択してください。

『開発』にチェックを入れます。

これで開発タブが表示されました。

なお、開発タブの表示方法については↓の記事で詳細をお伝えしています。

さて、これで下準備が整いました。いよいよチェックボックスの作成方法を見ていきましょう。

Excel チェックボックスの作成

まずはチェックボックスを含まない表を作成します。

今から、この表のA1A5にチェックボックスを入れていきます。

まず開発タブ>挿入を押して、チェックボックスのアイコンをクリックしてください(下図)。

マウスドラッグすると、チェックボックスが挿入されます。

チェックボックスを右クリックすると、テキストの編集から名称を変更できます。

今回は名称を消去して空白にしています。

マウスカーソルをセルの右下に合わせると、「フィルハンドル」と呼ばれる小さな十字が表示されます。

この「フィルハンドル」をマウスでドラッグすると、チェックボックスをコピーできます。

これでExcelのセルにチェックボックスを作成することができました。

クリックするとチェックが付いたり消えたりするのでお試しください。

Excel チェックボックスの削除方法

さて次は、チェックボックスの削除方法を説明します。

削除したいチェックボックスの上で右クリックして、選択状態にしてください。

あとはDeleteキー(またはBackSpaceキー)で削除できます。

また、複数のチェックボックスを一度に削除したい場合は、オブジェクトの選択が便利です。

やり方は簡単!

ホームタブ>検索と選択オブジェクトの選択をクリックします。

その後、まとめて削除したいチェックボックスが含まれるように、マウスで大まかに選択しましょう。

これで下のように一度に複数のチェックボックスを選択できます。

あとは、Deleteキー(またはBackSpaceキー)で削除するだけです。

ただし、一点だけ注意点があります。

上の手順でチェックボックスを削除すると、その後もオブジェクトの選択はONになったままです。

そこで、任意のセルをダブルクリックしてオブジェクトの選択をOFFにしてください。

なお、もう一度、オブジェクトの選択をクリックしてもOFFになります。

オブジェクトの選択をOFFにするのを忘れないようにしましょう。

【要点を1分で】
Excel チェックボックスの作成と削除

以上、Excel チェックボックスの作成と削除についてお伝えしました。

手順をおさらいします。

まず、開発タブを表示させる。

マウスドラッグすると、チェックボックスが挿入される(今回は名称を消去)。

フィルハンドルでチェックボックスをコピー可能。

これでExcelのセルにチェックボックスを作成することができました。

ただし、この状態ではチェック印が付いたり消えたりするだけで、他の機能と連動はしていません。

もう一歩踏み込んだチェックボックスの作り方はこの後の記事で説明します!

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

関連記事

40本の基本・便利ワザ! ※クリックで展開

  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次