記事内にプロモーションを含みます。
「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」にならないよう配慮し、法令遵守に基づいた運営を行っています。

Excel(エクセル)のキャッシュ削除方法|キャッシュクリアでいつも最新!

  • URLをコピーしました!

ブラウザ上で使用するExcel(エクセル)を使っていると、古い内容が表示されてしまうことがあります。

絶対に保存したはずなのに、編集内容が先祖返りしている…それはおそらく、Excelのキャッシュが原因です。

絶対に保存したのに…消えちゃってる?

今表示されている内容は以前のものを表示しているだけで、ちゃんと最新の内容は保存されているはずです。

そこで本記事では、Excelのキャッシュ削除方法(キャッシュクリア)をお伝えします。

Word・Excel・PowerPointをオンラインでマスター!

良質なオリジナル教材で効率的にスキルアップできます。

個人でも利用できる給付金・補助金制度あり

給付金・補助金制度あり

良質な講座・良心的な受講料

良質な講座・良心的な受講料

オンラインと常駐講師のハイブリッド

記事作成:ヤットキ
  • 大手通信企業の元SE
  • 業界歴15年のWeb解析士
  • 携わったSNSは約100件
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
目 次

Excel(エクセル)のキャッシュ削除方法|キャッシュクリアでいつも最新!

そもそもキャッシュとは、表示速度を速めるための機能です。

Excelだけでなく、ブラウザなどでもこの技術が使用されています。

例えば、Webブラウザ上での表示内容をPC内に保存しておいて、次回その内容と同じものを表示する場合は、保存しておいたものを使用するといったものです。

こうしておくと体感的に表示が早く感じられるというわけです。

ユーザーの利便性アップに役立っているキャッシュ機能ですが、ExcelなどのOfficeソフトの場合、古い内容が表示されると作業に支障をきたします。

そこで、保存したはずの内容が表示されないときはキャッシュ削除が必要です。

というわけで、以下では、Excelのキャッシュ削除の方法についてお伝えしていきます。

方法は大きく分けて2つあるので、分かりやすい方法を選んでください。

Excelのキャッシュ削除方法:その1

Excelのキャッシュ削除方法その1は、Excelファイルから行います。

これが一番わかりやすいかもしれません。

Excelのメニューバーにあるファイルタブをクリックします。

左サイドバー内のその他オプションを選択してください。

そして、Excelのオプション画面の左サイドメニューから保存をクリックしましょう。

保存の設定項目一覧を下にスクロールして、キャッシュの設定を見つけてください。

ここにあるキャッシュファイルの削除をクリックすれば、キャッシュファイルがクリアされます。

また、ファイルをOfficeドキュメントキャッシュに保持する日数を短くしたり、ファイルを閉じたときに、Officeドキュメントキャッシュから削除するにチェックを入れてもいいかもしれません。

このあたりはご自身の利用環境に応じて設定してみてください。

Excelのキャッシュ削除方法:その2

Excelのキャッシュ削除方法:その2を説明します。

この方法は、キャッシュファイルを保存しているフォルダから直接削除する方法です。

フォルダの場所はC:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\Microsoft\Office\16.0\OfficeFileCacheです。

このフォルダ内のファイルを削除するとキャッシュクリアできます。

もし、フォルダが見つからない場合は、Winキー+Rキーを同時押ししてください。

次の小窓が表示されるので、%LocalAppData%\Microsoft\Office\16.0と入力してOKを押します。

OfficeFileCacheというフォルダを見つけて、その中のファイルを削除すれば完了です!

知っているとなかなか重宝する方法です。

保存した内容が表示されないと焦っている方はぜひお試しください。

Officeソフトの学習は、一人でパソコンに向かってもなかなか継続できないものです。

その点、パソコン教室には初心者歓迎の講座が用意されていて、Word、Excel、PowerPointをゼロから理解できます。

効率的なスキルアップを手伝ってくれる、経験豊富な講師のサポート体制があるので安心です。

個人でも利用できる給付金・補助金制度

給付金・補助金制度あり

良質な講座を良心的な受講料で

良質な講座・良心的な受講料

eラーニングと常駐講師のハイブリッド

まとめ)Excelのキャッシュ削除方法

以上、Excelのキャッシュ削除方法をお伝えしました。

保存したはずの内容が表示されないとかなり焦りますよね。

そんな時は上記で説明したキャッシュクリアを試してみてください!

手順をおさらいします。

エクセルファイルのメニューバーからファイルを選択

左サイドバー内のその他オプションを選択

そして、Excelのオプション画面の左サイドメニューから保存をクリック。

キャッシュの設定を見つけてキャッシュファイルの削除ボタンを押下。

これでキャッシュクリアが可能になります。

Excelの基本・便利ワザが40本!

関連記事Excelの使い方講座|基本操作を覚えて脱・初心者! ≫

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問は気軽にコメントへ!

関連記事

40本の基本・便利ワザ! ※クリックで展開

  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA


目 次