記事内にプロモーションを含みます。
「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」にならないよう配慮し、法令遵守に基づいた運営を行っています。

Excelで文章が見切れるときは『折り返して全体を表示する』

  • URLをコピーしました!

Excelで文章を入力すると、一つのセル内に収まらずに見切れてしまうときがあります。

セルの横幅を長くすればいいのですが、見栄えのことを考えるとそれも限界があります。

そんなときは『折り返して全体を表示する』が便利です。

文章が見切れて困っている場合はぜひ試してみてください。

基本・便利ワザが40本!

関連記事Excelの使い方講座|基本操作を覚えて脱・初心者! ≫

記事作成:ヤットキ
  • 大手通信企業の元SE
  • Web業界歴10年のWeb解析士
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
目 次

Excelで文章が見切れるときは『折り返して全体を表示する』が便利

長い文章を一つのセルに収めようとするとき、横幅を伸ばしてしまうと全体的なバランスが崩れてしまいます。

下図のように見栄え的にもちょっと…

そんなときは『折り返して全体を表示する』の出番です!

Excelのリボン上に控えめに設置されているので分かりにくいのですが、実は隠れた優れものなんです。

『折り返して全体を表示する』を使うと、セル幅を変えずに高さを自動的に調整して全て文字を表示してくれます。

使い方は簡単!

適用したいセルをアクティブにした状態で、ボタンを押すだけです。

ホームタブ>配置グループ>折り返して全体を表示する

もし、『折り返して全体を表示する』を行ってセルの高さが高すぎると感じた場合は、セルの高さまたはセル幅を手動で調整してください。

セルの書式設定からでも設定できる

上記はボタンによる設定をお伝えしましたが、セルの書式設定からでも設定できます。

『折り返して全体を表示する』を適用したいセルで右クリックしてください。

メニューの中から、セルの書式設定を選択しましょう。

配置タブの折り返して全体を表示するにチェックを入れれば完了です。

ぜひ試してみてください!

『折り返して全体を表示する』が効かない!

実は、『折り返して全体を表示する』が効かないケースもあります。

例えばこんな場合です。

長い文章なので、先ほどの手順で『折り返して全体を表示する』ボタンを押してみました。

しかし、何の変化も見られません。

ボタンがグレー色になっているので、たしかに押されているようですが…。

実はこれには理由があります。

Excelの仕様により、高さを手動で変更したセルは『折り返して全体を表示する』が効かないようです。

幅の変更なら、『折り返して全体を表示する』は有効です。

こういう場合は、文章全体が表示されるようにセルの高さを手動で変更してください。

【要点を1分で】
Excelの時短ワザ|名前を付けて保存のショートカット

以上、Excelの『折り返して全体を表示する』機能についてお伝えしました。

適用したいセルをアクティブにした状態で、ボタンを押すだけです。

ホームタブ>配置グループ>折り返して全体を表示する

ただし、高さを手動で変更したセルは『折り返して全体を表示する』が効かないのでご注意ください。

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

関連記事

40本の基本・便利ワザ! ※クリックで展開

  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次