記事内にプロモーションを含みます。
「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」にならないよう配慮し、法令遵守に基づいた運営を行っています。

Excelで連番にならないときに試したい3つのこと

  • URLをコピーしました!

『Excelが思いとおりに動かない!』

そんなイライラを感じたのは一度や二度ではないはず…。

その代表格ともいえるのが、セルに入力した番号が連番にならないときです。

なんで連番にならないの?

そこで本記事では、Excelで連番にならないときに試したい3つのことをお伝えします。

もしかしたら設定自体に問題があるかもしれないので、その点にも触れていきます。

基本・便利ワザが40本!

関連記事Excelの使い方講座|基本操作を覚えて脱・初心者! ≫

記事作成:ヤットキ
  • 大手通信企業の元SE
  • Web業界歴10年のWeb解析士
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
目 次

Excelで連番にならないときに試したい3つのこと

Excelで連番にならないときにまず確認すべきなのは、オートフィルの設定状況です。

Excelファイルのメニューをクリックします。

その他オプションを選んでください。

詳細設定をクリックして、編集オプションを見つけてください。

そのなかのフィルハンドルおよびセルのドラッグ アンド ドロップを使用するにチェックを入れましょう。

これにチェックが入っていれば設定に問題はありません。

それでは具体的に、『連番にならない』問題の対応策3つを説明していきます。

Ctrlキーを押しながらオートフィル

この方法が最も手軽かもしれません。

まず最初のセルを選択します(下図の場合はセルB2)。

そして、Ctrlキーを押したままオートフィルを下方向に移動させると連番になります。

この場合、選択するのは最初のセルだけです。複数セルを選択した状態でCtrlキーを押したままオートフィルしても連番になりません。

オートフィルオプションの連続データ

この『オートフィルオプションの連続データ』も便利です。

選択範囲の右下にカーソルを合わせると『オートフィルオプション』が表示されます。

そしてメニューの中から連続データを選択すると連番になります。

ROW関数

そして一番のおすすめはROW関数です。

最初のセルに=ROW()-1と入力してください。

ROW関数はセルの行番号を表示してくれる関数です。

ROW()のようにカッコ内を空白にすると、ROW関数が入力されているセルの行番号が表示されるので、状況に応じて調整してください。

そしてこれにオートフィルを使うと↓のように連番になります。

そしてROW関数で連番を作成する一番のメリットは、途中の行を削除しても連番が崩れないという点です。

たとえば、下図のように途中の行を削除しても…

抜けた番号が補正されて連番が崩れません!

ROW関数による連番の割り当ては、行の削除による番号の振り直しという手間がいりません。

それだけではありません。行を追加したとしても、新しいセルに=ROW()-1を入力するだけです。

誰でもかんたんに利用できる関数なので、ぜひご活用ください!

【要点を1分で】
Excelで連番にならないときに試したい3つのこと

以上、『Excelで連番にならないとき』と題して、連番を作成するときに試してみたい3つの方法をお伝えしました。

一番のおすすめはROW関数です。

最初のセルに=ROW()-1と入力してください。

そしてこれにオートフィルを使うと↓のように連番になります。

ROW関数による連番作成の一番のメリットは、行を削除しても連番が崩れないという点です。

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

関連記事

40本の基本・便利ワザ! ※クリックで展開

  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次