\ 最大10%ポイントアップ! /詳細を見る
記事内にプロモーションを含みます。
「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」にならないよう配慮し、法令遵守に基づいた運営を行っています。

Excelの取り消し線を二重にしたいときのベストな方法

  • URLをコピーしました!

Excelの二重線、使いたいと思うときがちょくちょくありませんか?

たとえば、商品を値下げしたときなど、変更前の金額を二重線付きで意図的に残しておけば、お得感のある訴求が可能です。

しかし結論から言うと、Excelでは取り消し線を二重線にする設定はありません…。

じゃあどうすれば・・・?

ただし、取り消し線を二重にする代替策は2つあります。

本記事では、その方法をお伝えします。

Word・Excel・PowerPointをオンラインでマスター!

良質なオリジナル教材で効率的にスキルアップできます。

個人でも利用できる給付金・補助金制度あり

良質な講座を良心的な受講料で

オンラインと常駐講師のハイブリッド

基本・便利ワザが40本!

関連記事Excelの使い方講座|基本操作を覚えて脱・初心者! ≫

記事作成:ヤットキ
  • 大手通信企業の元SE
  • Web業界歴15年のWeb解析士
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
目 次

Excelの取り消し線を二重にしたいときのベストな方法

さきほどお伝えしたように、Excelの取り消し線は一重線のみ設定可能です。

二重線は設定できません。

しかし、その代替案としての方法には次のようなものがあります。

『特に目新しいことないじゃん!』と思うかもしれません。

しかし、意外な盲点があるんです。

これに気付かないままだとうまくいかないので、そのあたりを詳しくお伝えしていきます。

Excelの取り消し線を二重にする方法|図形の挿入

Excelの取り消し線を二重にする方法として、まずお伝えしたいのは図形の挿入です。

少しでもExcelを使ったことがある人なら容易に手順を想像できますが、以下の点に注意してください。

それは線の太さです。

挿入タブ>図形で直線を作成し、図形の書式設定から二重線を選択します。

図形としての二重線をテキストの上に重ねて取り消し線のようにすればOKですが、一つだけ注意点があります。

それは線の太さです。

デフォルトでは線の太さが0.5ptになっています。

この太さだと、書式設定で二重線に設定してもそのように見えません。

下図のように、1.5ptくらいの太さから二重線に見えてきます。

そのため、デフォルト状態で直線を二重線に設定しても、それが反映されていないように見えます。

しかし、設定はちゃんと反映されているのでご注意ください。線が細いのでそう見えないだけです。

実際に該当箇所を印刷してみて、確認してみるのがいいかもしれません。

Officeソフトの学習は、一人でパソコンに向かってもなかなか継続できないものです。

その点、パソコン教室には初心者歓迎の講座が用意されていて、Word、Excel、PowerPointをゼロから理解できます。

効率的なスキルアップを手伝ってくれる、経験豊富な講師のサポート体制があるので安心です。

個人でも利用できる給付金・補助金制度あり

良質な講座を良心的な受講料で

eラーニングと常駐講師のハイブリッド

Excelの取り消し線を二重にする方法|テキストボックス

Excelの取り消し線を二重にする方法の2つ目は、テキストボックスです。

記事の冒頭で、『Excelでは取り消し線を二重線にする設定はありません』とお伝えしましたが、実は、テキストボックス内の文字は二重線の設定が存在します。

テキストボックス内の文字を選択した状態で右クリックメニューを表示させてください。

フォントの設定画面が表示されるので、二重取り消し線にチェックを入れれば完了です。

完成すると↓のようになります。あとは枠線や背景を色なしにすればOKです。

なお、テキストボックスの二重取り消し線は、文字列の一部分に対して設定できます。

Excelのテキストボックスに二重取り消し線を設定できることを知っている人は少ないと思います。

状況に応じて試してみてはどうでしょうか?

Excelの取り消し線を二重にしたいときのベストな方法

以上、Excelの取り消し線を二重にしたいときの方法を二つお伝えしました。

知っていればすぐにできる方法ばかりですので、ぜひお試しください。

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

関連記事

40本の基本・便利ワザ! ※クリックで展開

  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次