スリープモードの解除方法を2つ紹介【Windows10】

リモートワークの機会が増えてきました。

自宅で作業するので、他人が自分のパソコンを触るおそれが少なくなった人も多いのではないでしょうか。

そのため、スリープモードから復帰する際、パスワードやPINコードの入力を面倒に思う人が多くなったようです。

そこで本記事では、スリープモードからの復帰手順を大幅に省略する設定をお伝えします。

具体的には以下の2つです。

この記事の内容
  1. スリープモードにしない設定
  2. パスワードやPINの入力を省略する設定

ただし、自宅以外で作業する場合は、第三者が自分のパソコンを触る危険性があります。

スリープモードや認証を省略しても良いかどうかは状況に応じて判断してくださいね。


この記事を書いた人:管理人ヤットキ
管理人ヤットキ
ウェブ解析士

ガラケー時代から100以上のSNSに携わってきました。

業界歴9年のWeb解析士です。GAIQ保有。

Twitterはこちら→ @yattoki_mashita

目次

その1:スリープモードにしない|スリープモード解除【Windows10】

この設定にすると、Windows10のスリープを無効にする設定を紹介します。

また、スリープ状態に入るまでの時間を変更することもできます。

まず、デスクトップ左下にあるWindowsボタンから『設定』を選択してください。

設定を選択

その後、下のような画面が表示されるので、『システム』をクリックしましょう。

システムを選択

左サイドバーの『電源とスリープ』を押してください。

電源とスリープを選択

そして、スリープの時間設定がプルダウンメニューで選択できるようになります。ここで、『 なし』を指定するとパソコンがスリープ状態にならなくなります。

また、時間の長短を設定することも可能です。

スリープまでの時間を指定

その2:パスワードやPINの入力を省略する|スリープモード解除【Windows10】

次は、スリープモードからの復帰の際に、パスワードやPINコードの入力を省略する設定の説明です。

くれぐれも時と場合に応じて、省略していいかどうかを判断してくださいね。

まず、デスクトップ左下にあるWindowsボタンから『設定』を選択してください。

設定を選択

下のように設定画面が表示されるので、『アカウント』をクリックしましょう。

アカウントを選択

『ユーザーの情報』画面が表示されます。左のサイドメニューから『サインインオプション』を選択してください。

サインインオプションを選択

『サインインオプション』画面が表示されます。『サインインを求める』欄のプルダウンメニューから『常にオフ』を選んでください。

『常にオフ』を選択

これでスリープモードから復帰する際に、パスワードやPINコードの入力を省略できるようになります。

スリープモードの解除方法【Windows10】:まとめ

以上、Windows10のスリープモード解除設定をして次の2つを説明しました。

この記事のおさらい
  1. スリープモードにしない設定
  2. パスワードやPINの入力を省略する設定

ただし、面倒な入力作業が省略できる反面、他の人がPCを触る危険性は高まります。

外出先などではパスワードやPINの設定を忘れないようにしてください!

なお、下の記事では、仕事や日常生活を便利にするパソコンの便利機能を説明しています。

PCの作業効率をアップさせたい方は必見です!

≫パソコンの便利機能|仕事や日常生活を便利にする裏技テクニック

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる