【Windows10】Microsoft IME誤変換記録の通知を消す方法

本記事の内容:
Windows10のMicrosoft IME誤変換記録の通知を消す方法を説明します。

PCでの作業中、タイプミスすると画面の右下にこんな通知が出てくることありませんか?

Microsoft IME誤変換記録 誤変換を記録することで、~

誤変換記録

通知が頻繁に表示されると煩わしいですよね…。これを解決する方法は次の2つです。

・Microsoft IMEの誤変換記録の通知を消す
・Google日本語入力へ乗り換える
・Microsoft IMEを非表示にする
本記事では、誤変換の通知を消す方法と、Microsoft IMEからGoogle日本語入力に乗り換える方法を説明します。

【Windows10】Microsoft IME誤変換記録の通知を消したい…

通知を消しても大丈夫なの?

結論から言うと、誤変換の通知を消しても大丈夫です。システムが不安定になったりすることはありません。

入力内容の変換精度が左右されるかもしれませんが、普段のPC作業には影響はありません。

そもそもIMEってなに?

そもそも、IME(Input Method Editor)とは、『入力方式エディター』というソフトのことです。もう少しわかりやすく言うと、入力文字変換機能です。

イメージしにくいと思いますので、詳しく説明します。

元々、パソコンへは、アルファベットでの使用を前提にして設計されています。そうなると非アルファベット圏の国や地域の人々が困ります。なぜなら、ひらがな、カタカナ、漢字、中国語、ハングル、アラビア語などを使うことができなくなるからです。

例えば、日本語で『おはよう』と入力する場合、『ohayou』と入力します。しかし、パソコンはアルファベットを使うことが前提となっているので、そのままでは『ohayou』としか表示されません。

そこで活躍するのがIMEです。

IMEは『ohayou』を『おはよう』と変換して表示してくれるのです。つまり、キーボードからの入力内容を、ひらがな・カタカナ・漢字などに変換するして表示してくれます。

ohayou → (IME) → おはよう

ちなみに、IMEは各社が開発しています。本記事で取り上げているのは『Microsoft IME』ですが、これ以外にもジャストシステム社の『ATOK』、Googleの『Google日本語入力』などがあります。

誤変換記録とは?

IMEの役割が分かったところで、誤変換記録とは何かというと、文字とおり、ユーザーの誤変換データです。

Microsoft社は、自社IMEの変換精度を改善してユーザービリティを高めるため、利用者の誤変換記録をデータとして収集しているのです。しかし、勝手に個人データを収集するわけにはいきません。

そこで、Microsoft社にデータを送信する前に、許可を得るために確認通知が表示されるという仕組みなのです。

Microsoft IME 誤変換記録の通知を消す方法2選

私は非協力的な人間なので、Microsoft社に誤変換データを送りたくありません(笑)

そこで、誤変換記録の通知を消してしまおうと思います!

Windows10を設定する方法と、GoogleのIME(Google 日本語入力)に乗り換える方法という2つがありますので、お好きな方をお選びください。

Windowsの設定を変更する

Windowsの設定を変更して、誤変換記録をMicrosoft社へ送信しないようにします。

設定の手順

1. タスクバーの入力モード(画面右下の『あ』や『A』などが表示されている箇所)を右クリック

誤変換

2. 『誤変換レポート』をクリックします。

誤変換

3. 『Microsoft IME 誤変換レポート』という小窓が表示されるので、右下の『設定』ボタンを押します。

誤変換

4. 赤枠内①と②のチェックを外してOKボタンを押します。また、青枠③をチェックしてもOKです。

この場合、誤変換データが一定数蓄積され次第、バックグラウンドで誤変換データが自動的に送信されます(青枠③にチェックを入れる場合は、赤枠①にもチェックを付けてください)。

誤変換

5. 手順4が終わると、Microsoft IME 誤変換レポートが表示されるので、『通知しない』ボタンを押してください。これで手順は完了です。

誤変換

なお、Microsoft IMEはWindows標準機能です。外見上は非表示にすることはできてもアンインストールすることはできません。

Google日本語入力に乗り換える

Microsoft IMEからGoogle日本語入力に乗り換える場合の手順は以下のとおりです。

インストールの手順

1.  Google日本語入力のサイトにアクセスして、ダウンロードボタンを押します。 » Google日本語入力

Google日本語入力

2. 『同意してインストール』を押しましょう。なお、ここでも誤変換データを自動的に送信するかどうかのチェックボックスがあります。

こちらは自動的(バックグラウンド)なので、送信のたびに通知されることはないようです。チェックしなくてもインストールできます。通知/非通知のお好みに合わせてチェックするかどうか決めてください。

google日本語入力

3. 『GoogleJapaneseInputSetup.exe』というファイルがダウンロードされるので、これをダブルクリックします。

Google日本語入力

4. 『GoogleJapaneseInputSetup.exe』をダブルクリックすると『このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?』というメッセージが表示されます。『はい』を押してインストールしましょう。

5. インストールするとこんな画面になります。

google日本語入力

6. インストールが完了すると下のような小窓が表示されます。全てにチェックを入れてOKですし、お好みに合わせて選択してください。

google日本語入力

7. インストールが完了すると、タスクバーの右側にGoogle日本語入力のアイコンが追加されます。このアイコンをクリックすると、IMEを選択できます(Microsoft IMEかgoogle日本語入力)。

google日本語入力

Microsoft IMEとGoogle日本語入力の違い

Microsoft IMEとGoogle日本語入力がどれだけ違うかというと、正直なところ大差はないように思います。

予測変換の表示はこんな感じでした。操作性には影響はありません。

Google日本語入力は、使い続ければ精度がより高くなるかもしれません。

IMEが勝手に切り替わっちゃう問題を解決

Microsoft IMEはWindows標準機能なので、アンインストールすることはできません。

そのため、せっかくGoogle日本語入力をインストールして使い始めたものの、いつの間にかMicrosoft IMEに戻ってしまうことがあります。

そんなときは、タスクバー上でMicrosoft IMEを非表示にして、機能を強制的にストップさせることができます。

Microsoft IMEを非表示にする方法

設定の手順

1.  スタートメニューのアイコンをクリックして『設定』をクリックして『Windowsの設定画面』を開きます。

IME切り替え

2. 『Windowsの設定』画面から『時刻と言語』画面を選択して、『日付と時刻』画面を開きます。

IME切り替え

3. 『日付と時刻』画面の左サイドバーのメニューから『言語』を選択します。すると『言語』画面が開きます。

IME切り替え

4. 『言語』画面から日本語を選択すると『オプション』ボタンが表示されます。そのまま『オプション』を押してください。

IME切り替え

5. 『言語のオプション:日本語』画面が表示されるので、『Microsoft IME』をクリックして下さい。すると『削除』ボタンが表示されます。そのまま『削除』ボタンを押します。

IME切り替え

これでMicrosoft IMEの非表示手順は完了です。

6. 確認のため、タスクバーをご覧ください。Microsoft IMEのアイコンが消えました。これでOKです!

IME切り替え

手順は以上で完了です!

再びMicrosoft IMEを使えるようにする方法

設定の手順

先ほどの手順はMicrosoft IMEの非表示手順でしたが、必要に応じて再び表示させることもできます。

1. 先ほどの『言語のオプション:日本語』画面を表示して、『キーボードの追加』を押して『Microsoft IME』を選択してください。

IMEの切り替え

2. これで再びMicrosoft IMEを使用できるようになります。タスクバーの右下にMicrosoft IMEのアイコンが表示されていることを確認してください。

IME切り替え

手順は以上で完了です!

【Windows10】Microsoft IME誤変換記録の通知を消す方法:まとめ

以上、【Windows10】 IME誤変換記録の通知を消す方法でした。主な方法としては以下の3つです。

・Microsoft IMEの誤変換記録の通知を消す
・Google日本語入力へ乗り換える
・Microsoft IMEを非表示にする
頻繁な通知さえなければ、正直なところ、どちらのIMEでも大差はないように思います。
でも、違いを確かめるためにしばらくはGoogle日本語入力を使ってみます。
それではまた次の記事でお会いしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Web解析士。Web業界歴9年。GAIQ保有。元・インフラ系SEで元・外資系社畜リーマンです。

趣味が高じてブログ飯に挑戦中です。

今日もブログを書きながら自己満足的にフカボリしていきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA