【Windows10/11】Microsoft IMEを削除(無効)する方法

こんな人に向けて書きました
  • Microsoft IME誤変換記録の通知を消したい
  • Microsoft IMEからGoogle IMEに乗り換えたい

PCでタイプミスをすると、画面の右下にこんな通知が出てきませんか?

【Windows10】Microsoft IME誤変換記録の通知を消す方法

頻繁に表示されると煩わしくてストレスですよね…。

そこで本記事では、Windows10/11におけるMicrosoft IMEの削除(無効)設定と、誤変換記録通知を消す方法を説明します。

  • Microsoft IMEの誤変換記録設定を変更
  • Microsoft IMEを非表示
  • Google日本語入力へ乗り換え

この記事を書いた人

ヤットキプロフ

業界歴10年のWeb解析士GAIQ保有。

ガラケー時代からSNSに携わってます。

この記事を書いた人

ヤットキプロフ

業界歴10年のWeb解析士

GAIQ保有

ずっとSNSに携わってます。

目 次

【Windows10/11】Microsoft IMEの削除(無効)設定

IME(Input Method Editor)とは、『入力方式エディター』という入力文字変換機能のことです。

イメージしにくいと思いますので、詳しく説明します。

元々、パソコンはアルファベットでの入力を前提に設計されていますが、そうなると、日本のような非アルファベット圏の国や地域の人々が困ります。

なぜなら、ひらがな、カタカナ、漢字、中国語、ハングル、アラビア語などをPCで使うことができないからです。

例えば、日本語で『おはよう』と入力する場合、『ohayou』と入力します。しかし、パソコンはアルファベットでの入力が前提なので、そのままでは『ohayou』としか表示されません。

そこで活躍するのがIMEです。

IMEは『ohayou』を『おはよう』と変換して表示してくれるのです。つまり、アルファベットで入力された内容を、ひらがな・カタカナ・漢字などに変換・表示してくれます。

IMEのイメージ

ohayou → IMEが『ohayou』を日本語に変換 → おはよう

パソコンを使っていてもIMEの働きに気付くことはあまりないのですが、実は縁の下の力持ち的な存在なんですね。

このIMEは各社が開発しています。

有名なものとしては、ジャストシステム社の『ATOK』、Googleの『Google日本語入力』などがあります。

誤変換記録とは?

IMEの役割が分かったところで、誤変換記録についても説明します。

これは文字とおり、ユーザーの誤変換データです。

Microsoft社では、自社IMEの変換精度向上のためにユーザーの誤変換記録を分析しています。

とはいえ、勝手に個人データを収集するわけにはいきません。

そこで、誤変換記録をMicrosoft社に送信する前にユーザーの許可を得るために、

誤変換記録を送信していいですか?

と我々に確認しているわけなのです。

Windows10/11でMicrosoft IMEを削除(無効)できる?

Microsoft IMEが大事な機能であることは分かりました。

しかし、誤変換記録通知はかなり鬱陶しいので、できればMicrosoft IMEを削除したいところです。

結論から言うと、Windows10/11では、Microsoft IMEをアンインストールできません。これはWindowsパソコンの仕組み上、仕方のないことです。

IMEの切り替えで対応していく必要があります。

ただし、誤変換記録通知を停止させることは可能なので、さっそくやっていきましょう!

【Windows10/11】Microsoft IME|誤変換記録通知の停止設定

タスクバーの入力モード(画面右下の『あ』や『A』などが表示されている箇所)を右クリックしてください。

【Windows10】Microsoft IME誤変換記録の通知を消す方法

【誤変換レポート】をクリックします。

【Windows10】Microsoft IME誤変換記録の通知を消す方法

【Microsoft IME 誤変換レポート】という小窓が表示されるので、右下の『設定』ボタンを押してください。

【Windows10】Microsoft IME誤変換記録の通知を消す方法

下図の赤枠内①と②のチェックを外してOKボタンを押します。
青枠③をチェックしてもOKです(青枠③にチェックを入れる場合は、赤枠①にもチェックを付けてください)。

一定量の誤変換データが蓄積されると、誤変換データが自動的に送信されます。

【Windows10】Microsoft IME誤変換記録の通知を消す方法

上の手順が終わると、Microsoft IME 誤変換レポートが表示されるので、『通知しない』ボタンを押しましょう。
これで手順は終了です。

【Windows10】Microsoft IME誤変換記録の通知を消す方法

上記の方法でご返還記録通知を停止できたので、次はGoogle IMEに切り替えます。

Google IME(日本語入力)への切り替え

Google日本語入力のサイトにアクセスして、ダウンロードボタンを押します。 » Google日本語入力

【Windows10】Microsoft IME誤変換記録の通知を消す方法

【同意してインストール】を押しましょう。
ここでも誤変換データを自動的に送信するかどうかのチェックボックスがあります。

通知/非通知のお好みに合わせてチェックするかどうか決めてください。
チェックしなくてもインストールできます。

ちなみに、Google IMEの場合、エラーレポートの送信が自動的(バックグラウンド)に行われるので、送信のたびに通知されることはないようです。

【Windows10】Microsoft IME誤変換記録の通知を消す方法

【GoogleJapaneseInputSetup.exe】というファイルがダウンロードされるので、これをダブルクリックしましょう。

【Windows10】Microsoft IME誤変換記録の通知を消す方法

【GoogleJapaneseInputSetup.exe】をダブルクリックすると、『このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?』というメッセージが表示されます。

『はい』を押してインストールしてください。すると、こんな画面になります。

【Windows10】Microsoft IME誤変換記録の通知を消す方法

完了すると下のような小窓が表示されます。お好みに合わせてチェックを入れてください。

【Windows10】Microsoft IME誤変換記録の通知を消す方法

インストールが完了すると、タスクバーの右側にGoogle日本語入力のアイコンが追加されます。
このアイコンをクリックすると、IMEを選択できます(Microsoft IMEかgoogle日本語入力)。

【Windows10】Microsoft IME誤変換記録の通知を消す方法

Microsoft IMEとGoogle日本語入力の違い

Microsoft IMEとGoogle日本語入力を使ってみて、どちらも大差はないように思いました。

予測変換の表示はこんな感じです。操作性には影響はありません。

【Windows10】Microsoft IME誤変換記録の通知を消す方法
Microsoft IME
【Windows10】Microsoft IME誤変換記録の通知を消す方法
Google日本語入力

Google日本語入力は、使い続ければ精度がより高くなるかもしれません。

IMEが勝手に切り替わっちゃう問題を解決

Google日本語入力を使い始めたものの、いつの間にかMicrosoft IMEに戻ってしまうことがあります。

そんなときは、タスクバー上でMicrosoft IMEを非表示にして、機能を強制的にストップさせることができます。

Microsoft IMEを非表示にする方法

スタートメニューのアイコンの【設定】をクリックして、【Windowsの設定画面】を開きます。

【Windows10】Microsoft IME誤変換記録の通知を消す方法

【Windowsの設定】画面から【時刻と言語】画面を選択して、【日付と時刻】画面を開いてください。

【Windows10】Microsoft IME誤変換記録の通知を消す方法

【日付と時刻】画面の左サイドバーのメニューから【言語】を選択します。
すると【言語】画面が開きます。

【Windows10】Microsoft IME誤変換記録の通知を消す方法

【言語】画面から日本語を選択すると『オプション』ボタンが表示されます。
そのまま【オプション】を押してください。

【Windows10】Microsoft IME誤変換記録の通知を消す方法

【言語のオプション:日本語】画面が表示されるので、【Microsoft IME】をクリックして、【削除】ボタンを押します。

【Windows10】Microsoft IME誤変換記録の通知を消す方法

これでMicrosoft IMEの非表示手順は完了です。

確認のため、タスクバーをご覧ください。Microsoft IMEのアイコンが消えていればOKです!

【Windows10】Microsoft IME誤変換記録の通知を消す方法

Microsoft IMEを再インストールする方法

上記の方法で削除したMicrosoft IMEは、復活(再インストール)も可能です。

先ほどの【言語のオプション:日本語】画面を表示してください。
【キーボードの追加】を押して『Microsoft IME』を選択しましょう。

【Windows10】Microsoft IME誤変換記録の通知を消す方法

これで再びMicrosoft IMEを使用できるようになります。
タスクバーの右下にMicrosoft IMEのアイコンが表示されていることを確認してください。

【Windows10】Microsoft IME誤変換記録の通知を消す方法

以上で完了です!

まとめ)【Windows10/11】Microsoft IMEの削除(無効)設定

以上、Microsoft IMEの削除と、誤変換記録通知を消す方法を検証してきました。

主な方法としては以下の3つです。

  • Microsoft IMEの誤変換記録設定を変更する
  • Microsoft IMEを非表示にする
  • Google日本語入力へ乗り換える

正直なところ、MicrosoftでもGoogleでも、両者のIMEに大差はありませんでした。

違いを確かめるため、Google日本語入力をしばらく使ってみます。

追記

Google日本語入力に変更してから一ヶ月以上が経過しましたが、特に不自由はありません。

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

【関連記事】

▼ パソコン便利機能まとめ

パソコンの裏技テクニック

▼ リモートワークに効く

パソコン内蔵マイクが使えない・認識しない理由

ノートPCのカメラが映らないときの確認方法

アクティブウィンドウ以外を1秒で最小化

デスクトップアイコンを一瞬で非表示

Windows10パソコンがフリーズした場合の対処法

パソコンに子供用フィルターをかける方法

▼ 作業効率化

ウィンドウズ11への対応チェック方法

パソコンを二画面に表示させるやり方

パソコンのスクショの仕方

スクリーンショットのスクロールキャプチャを撮る方法

パソコンのクリップボードの活用法

カラーコードを2秒で抽出する方法

スリープモード解除方法

ノートPCのタッチパッド|無効/有効にする設定

ファイル名を一括置換(一括変更)する方法

Windows10のサインインをパスワードなしにする設定

パワーポイントで図や画像の背景を透明にする方法

エクセルで図や画像の背景を透明にする方法

Windows10コントロールパネルの場所

パソコンの文字を大きくしたいときの設定方法

▼ デスクトップの整理

Windows10の予測変換をオフにする方法

デスクトップアイコンの変え方

マウスポインターの色や大きさの変え方

パソコンのカーソルの変更方法

パソコンのタスクバーにアイコンを追加する方法

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次