パソコンの文字を大きくしたいときのWindows10設定方法

文字が小さくて見づらいなあ…

『パソコンに表示される文字を大きくしたい!』

そんなときってありますよね。

文字が小さいと目が疲れるので、最適な大きさに設定したいものです。作業の効率も上がります。

そこで本記事では、パソコンの文字を大きくしたいときのWindows10設定方法をお伝えします。

この記事の内容

パソコンの文字の大きく調整するためのWindows10設定方法


業界歴9年のWeb解析士GAIQ保有。

ガラケー時代からSNSに携わってます。

Twitterはこちら→ @yattoki_mashita

目 次

パソコンの文字を大きくしたい!そんなときのWindows10の設定

パソコンの文字を大きくするための設定項目名称は、次の2つです。

  1. 拡大表示とレイアウト(最も一般的)
  2. 文字を大きくする

以下ではそれぞれの特徴と設定方法について説明します。

その1:『拡大表示とレイアウト』

デスクトップ左下にあるWindowsボタンから『設定』を選択してください。

『設定』を選択

その後、システムを選択してください。

『システム』を選択

左メニューバーの『ディスプレイ』の中から『拡大縮小とレイアウト』項目のプルダウンメニューからお好みの倍率を選びましょう。

プルダウンメニューでは、100%・125%・150%(推奨)・175%の4つから選ぶことができます。

『拡大縮小とレイアウト』を選択

以上が最も一般的な文字を大きくする設定方法です。

その2:『文字を大きくする』

次は、先ほどの設定よりも細かくカスタマイズできる方法です。

こちらの方法なら、画面の解像度を変更することなく、文字の大きさだけを変更することができるのでオススメです。

まず、デスクトップ左下にあるWindowsボタンから『設定』を選択してください。

『設定』を選択

設定画面から『簡単操作』を選択してください。

『簡単操作』を選択

左メニューバーの『ディスプレイ』の中から、『文字を大きくする』項目を見つけてください。

スライダーを動かして文字の大きさを変更することができます。スライダーが一番左にある状態が、標準時の文字サイズです。

見やすい文字の大きさが見つかったら、『適用』ボタンを押しましょう。

『文字を大きくする』を選択

パソコンの文字を大きくしたいときのWindows10の設定:まとめ

以上、パソコンの文字を大きくしたいときのWindows10の設定を2つご紹介しました。

変更してもやはり見づらいと思ったら、再度、設定し直してみてください。

表示の大きさは目のストレスにも大きく関係する大事な項目です。

最もしっくりくる設定を見つけてくださいね。

下の記事では、仕事や日常生活に活用できる、パソコン便利機能を紹介しています。

PCの作業効率をアップさせたい方は必見です!

≫パソコンの便利機能|仕事や日常生活を便利にする裏技テクニック

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次
閉じる