【パワーポイント】図や画像の背景を透明にする。元SEが図解で説明!

パワーポイントの図や画像の背景を透明
こんな人におすすめ
  • 背景を透明にした図や画像を資料に使いたい。
  • 色んなサイトを見たけど、方法がよく分からない…。

パワーポイントなどで資料を作っていると、図や画像を組み合わせたい場面がよくあります。

そんなとき、背景を透明にしたいと思ったことはありませんか?

背景を透明にした図をプレゼン資料に使いたい!

それ、パワポでも実現可能です!

高価な画像編集ソフトには敵いませんが、プレゼン資料に十分使えるレベルで加工できます。

本記事では、その方法を紹介します。


この記事を書いた人:管理人ヤットキ
管理人ヤットキ
ウェブ解析士

ガラケー時代から100以上のSNSに携わってきました。

業界歴9年のWeb解析士です。GAIQ保有。

Twitterはこちら→ @yattoki_mashita

難易度
2.5
目次

パワーポイントで図の背景を透明にする方法

パワーポイントで図や画像の背景を透明にする方法は次の2つあります(クリックで該当箇所にジャンプ)。

それでは、各手順を説明します。

複雑な背景を透明化:『背景の削除』機能を使う

複雑な形状の背景を透明化する場合は、『背景の削除』を使用しましょう。

今回はサンプルとして下のような画像の背景を透明にしてみました。

完成イメージはこんな感じです。

それでは、実際の手順をご説明します。

STEP
パワーポイントを起動して画像を開く

パワポを起動したら、挿入タブの『画像』>『このデバイス…(D)』を選択して画像を選択します。

STEP
画像を1回、クリック

パワポ上で画像が開いたら、その画像を一回クリックして選択状態にしましょう。

すると、画像の上下左右に白い丸が表示されます。

STEP
背景の削除を選択

『書式』タブの中にある『背景の削除』を選択します。

STEP
背景の削除範囲を広げる

紫の部分が透明化される部分です。透明化の範囲を画面全体に広げましょう。

すると下のような表示になります。

STEP
削除する範囲を追加

STEP4の状態から、透明化の範囲をさらに追加していきます。『削除する領域としてマーク』ボタンを押してください。ーマークが表示されます。

また、透明にしたくない場所を指定するには、『保持する領域としてマーク』ボタンを押します。下のように+マークが表示されます。

黄色マークが『削除する領域としてマーク』した場合、青色が『保持する領域としてマーク』した場合です。

STEP
変更を保持

STEP5で『削除する領域としてマーク』や『保持する領域としてマーク』を繰り返した後、『変更を保持』を押して反映しましょう。

STEP
完成!

以上で作業は完成です。細かい部分まで背景を透明にすることができました!

PNGやJPGなどの拡張子で保存するのを忘れないでくださいね!

単純な背景を透明化:『透明色を指定』機能を使う方法

単純な形状の背景を透明化する場合は、『透明化を指定』を使用しましょう。

今回はサンプルとして下のような画像の背景を透明にしてみました。

透明具合がわかるように、パワポのキャンバスには色を付けています。

完成イメージはこんな感じです。

それでは、実際の手順をご説明します。

STEP
パワーポイントを起動して画像を開く

パワポを起動したら、挿入タブの『画像』>『このデバイス…(D)』を選択して画像を選択します。

STEP
画像を1回、クリック

パワポ上で画像が開いたら、その画像を一回クリックして選択状態にしましょう。

その後、書式タブの中の『色』ボタンを選択してください。

STEP
透明色を設定

『透明色を設定』を選択してください。

STEP
透明にしたい色の箇所をクリック

透過したい色の場所をクリックしてください。

STEP
完成!

STEP4を行うと、下の画像のように背景が透明化されます。

背景を透明にしたら、PNGやJPGなどの拡張子で保存するのを忘れないでくださいね!

番外編:『作成した図形の透過』機能

ここからは番外編です。

パワポで作成した図形を透明にしたいときの方法です。

『作成した図形の透過』機能では、図形を半透明にすることができます(透明度は調整可能)。

ここでは、黄色の図を半透明にしてみました。完成イメージは以下のようになります。

それでは、実際の手順をご説明します。

STEP
図形を作成

パワポで図形を作成します。

STEP
半透明にしたい図形を選択

この例では黄色を半透明にします。まず、黄色の図形を選択してください。

STEP
塗りつぶしの色を選択

書式タブの中の『図形の塗りつぶし』>『塗りつぶしの色(M)…』を押しましょう。

STEP
透過性の数値を指定

STEP3で『塗りつぶしの色(M)…』を選択すると、以下のような小窓が表示されます。

ここで透過性の数値を指定してください(0%:不透明、100%:完全に透明)。

STEP
完成!

これで図形を透過させることができました。

パワーポイントで図の背景を透明にする方法:まとめ

パワポで図の背景や色を透明にすることができれば、プレゼン資料はもちろんのこと、ペイントに画像を流用することもできます。

これによって表現の幅が大きく広がります。

最初は少し手間に感じますが、慣れれば3分程でできますのでぜひマスターしてみてください!

なお、↓の記事では使用頻度の高いペイントの使い方を解説しています。

ペイントの使い方でお困りの方は必見です!

≫ Windows10ペイントの使い方|10分でマスターする使いこなし術

また、本ブログではPC利用法などの記事もご用意していますので、ご参考にどうぞ。

≫【パソコン初心者でも大丈夫!】知って得する裏技的なPC利用法

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

パワーポイントの図や画像の背景を透明

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる