【Windows10】デスクトップアイコンを一瞬で非表示!プレゼンや会議で恥をかかない!

プレゼンテーションや会議などに参加する場合、自分のPC画面を見せながら説明する機会がよくあります。

しかし、デスクトップ上に無造作に散らかったアイコンを他人に見せるのは恥ずかしい…。

そんなときに、一瞬でデスクトップアイコンを非表示にする方法をご紹介します。

もちろん、隠したアイコンはすぐに元通りすることもできます。

この記事を書いた人

管理人:ヤットキ

業界歴10年のWeb解析士GAIQ

ガラケー時代からSNSに携わる。

Twitter→ @yattoki_mashita

目 次

【Windows10】デスクトップアイコンを非表示にする

長い間パソコンを使用していると、どうしてもデスクトップ上にアイコンが散らかってしまいがちです。

そんなとき、乱雑に並んでしまったデスクトップアイコンを設定一発で非表示にしてしまいましょう。

まず、最初はこんな感じです。デスクトップにたくさんのアイコンが並んでいますね。

デスクトップアイコンの非表示設定

今から、デスクトップ上のアイコンを一瞬で非表示にしていきます。

画面上の何もないところで右クリックしましょう。

すると下の画面のようにメニューが表示されますので、赤枠の『表示』を選択して下さい。

すると、さらに右側にメニューが表示されます。赤枠内の『デスクトップアイコンの表示』をクリックしてチェックを外しましょう。これでデスクトップ上のアイコンが非表示になります。

デスクトップアイコンを表示状態に戻す

さて、ここまでの方法でアイコンが非表示なったはいいものの、用事が済んだらアイコンを表示状態に戻しておきたいですね。これも設定一発で元に戻せます。

まず、デスクトップ上の何もない場所で右クリックして下さい。

そして先ほどと同じ要領で表示>デスクチップアイコンの表示を選択しましょう。

以上の手順でデスクトップアイコンの表示・非表示を設定することができます。

ちょっとしたことですが、知っていると知らないとでは作業効率が大きく異なってくるので、是非お試しください。

デスクトップアイコンを非表示にするショートカット

さて、上記はクリックで設定する方法でしたが、頻繁に非表示設定にしたい場合はショートカットを覚えておくと便利です。

まず、デスクトップ上の何もない場所をクリックした状態で、[Shift]+[F10]キーを押してください。

すると右クリックメニューが表示されるので、[V」キーを押した後、[D]キーを押せばOK。

ショートカットに慣れるとこちらの方が圧倒的に早いので覚えておいて損のないショートカットです。

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

【関連記事】

▼ パソコン便利機能まとめ

パソコンの裏技テクニック

▼ リモートワークに効く

パソコン内蔵マイクが使えない・認識しない理由

ノートPCのカメラが映らないときの確認方法

アクティブウィンドウ以外を1秒で最小化

Windows10パソコンがフリーズした場合の対処法

パソコンには子供用フィルターをかける方法

▼ 作業効率化

ウィンドウズ11への対応チェック方法

パソコンを二画面に表示させるやり方

パソコンのスクショの仕方

スクリーンショットのスクロールキャプチャを撮る方法

パソコンのクリップボードの活用法

カラーコードを2秒で抽出する方法

スリープモード解除方法

ノートPCのタッチパッド|無効/有効にする設定

ファイル名を一括置換(一括変更)する方法

Windows10のサインインをパスワードなしにする設定

パワーポイントで図や画像の背景を透明にする方法

エクセルで図や画像の背景を透明にする方法

Windows10コントロールパネルの場所

パソコンの文字を大きくしたいときの設定方法

▼ デスクトップの整理

Microsoft IME誤変換記録通知を消す方法

Windows10の予測変換をオフにする方法

デスクトップアイコンの変え方

マウスポインターの色や大きさの変え方

パソコンのカーソルの変更方法

パソコンのタスクバーにアイコンを追加する方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次
閉じる