記事内にプロモーションを含みます。
「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」にならないよう配慮し、法令遵守に基づいた運営を行っています。

やさしいパワーポイント|波線の引き方・作り方

  • URLをコピーしました!

パワーポイントによる波線の作り方をお伝えします。

そのためにはまずグリッド表示させます。これによってきれいな波線を作ることができます。

画像とは異なり、拡大・縮小による線の劣化がないのが大きなメリットです。

資料作成を自動化したいなら『イルシル』がおすすめです。キーワードやメモからAIがスライドを自動生成してくれます。

無料トライアル実施中

基本・便利ワザが約50本!

関連記事パワーポイント講座|使い方・作り方のコツを凝縮!

記事作成:ヤットキ
  • 大手通信企業の元SE
  • Web業界歴15年のWeb解析士
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
目 次

やさしいパワーポイント|波線の引き方・作り方

パワーポイントでキレイな波線を作るにはグリッド線を表示させます。

グリッド線とはマス目のことです。このマス目を目安にして曲線を作っていきます。

表示タブ>表示グループ>グリッド線にチェックを入れましょう。

画面に↓のような点線の格子が表示されます。これがグリッド線です。

また、グリッド線の間隔を広く/狭くしたい場合は、表示タブ>表示グループの右下にある矢印をクリックしましょう。

このグリッドとガイドのダイアログで細かく調整できます。

これで下準備が整いました。いよいよ、波線を作っていきます。

挿入タブ>グループ>図形をクリックして図形の一覧を表示させます。

この中から曲線を選びましょう。

そしてここからが本番です。

グリッド線の縦線と横線の交点でクリックしていきましょう。クリックした箇所で線が曲がります。

描画を終了するときは、Escキーを押してください。

すると、下図のようなキレイな波線が出来上がります。

そして、オブジェクトの境界線にある白い丸を移動させると、線を拡大・縮小できます。

すると、こんな曲線を作ることも可能です。

図形の書式タブ>図形のスタイルグループから各種設定をカスタムできます。

たとえば、線を太くして色を赤にしてみました。

まとめ)パワーポイントで波線の引き方・作り方

以上、パワーポイントによる波線の引き方・作り方をお伝えしました。

まさに工夫の賜物といえます。

この波線を利用すれば、グラフや表の省略線などにも活用できそうです。

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

【関連記事 (クリックで展開)

約50本の基本・便利ワザを掲載!

  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次