ワードファイルをPDFに変換する方法|Windows10なら無料で変換

ワードファイルで文書を作成していると、『PDFファイルでお願いします』って言われることありませんか?

また、就職活動などでPDFファイルで履歴書や職務経歴書の提出を求められることもしばしば…。

ワードをPDFに変換するのって専用ソフトが必要なの?

いえ、ワードファイルをPDFに変換するのにソフトを購入する必要はありません。

Windows10に限らず、ワードにはPDF変換機能が標準装備されています。

そこで、本記事では、ワードファイルをPDFに変換する方法を説明します。

この記事の内容

ワードファイルを無料でPDFに変換する方法(ツール不要!)

難易度
2.0

\入会金・月額費用・月謝なし/


業界歴9年のWeb解析士GAIQ保有。

ガラケー時代からSNSに携わってます。

Twitterはこちら→ @yattoki_mashita

目 次

ワードファイルをPDFに変換する方法|Windows10で簡単に変換できる

そもそも『PDF』とは何なのでしょうか?

よく使うけど、その意味をよく分からないまま使っている人はかなり多いはずです。

もしかして、文書がキレイに表示されると思っている人が大多数ではないでしょうか。あながち間違いではないかもしれませんが、本質はちょっと違います。

まずは、PDFの意味とその特長をお伝えします。

PDFファイルの特徴

PDFの正式名称は、『Portable Document Format』です。

その大きな特徴は、閲覧環境によって文書のレイアウトが崩れないことです。

通常、ワードなどで作成した文書は、閲覧するパソコンによってフォントやレイアウトが崩れてしまうことがあります。

これって結構困ってしまいます。

ん?どういうこと?

イメージしにくいと思うので、実例を挙げます。

たとえば、Aさんがワードで文書を作成したとします。それをBさんが別のパソコンで閲覧すると、レイアウトが崩れて表示される場合があるのです。

そのファイルをBさんが印刷すると当然のことながら、崩れたレイアウトの文書がプリントアウトされてしまいます。これでは困りますね。

しかし、PDFファイルはそうした心配がいりません。

前述の例えでいうと、Aさんが作成したPDFファイルは、それをBさんが別のパソコンで開いてもレイアウト崩れなく閲覧できます。

レイアウト崩れを気にする必要がないので、世界中で重宝されているというわけです。

実際の手順

では、実際にワードファイルをPDFに変換していきます。

まず、作成したワードファイルを保存します。ファイルタブをクリックしましょう。

fふぁふファイルタブを選択

左メニューの『名前を付けて保存』を選択します。

名前を付けて保存

そして、ファイルの保存先を指定します。

保存場所を選択

このとき、下の画像のように『ファイルの種類』メニューの中から『PDF(*.pdf)』を選択します。

これでファイル全体がPDFに変換されます。

PDFを選択

また、上の画面でオプションボタンを押すと、下の画像のようにオプション画面が表示されます。

『ページ範囲』欄の中からPDFに変換する範囲をページ単位で指定することができます。

オプション設定画面

これで変換完了です。

下のようなPDFファイルに変換することができました。お疲れさまでした。

PDFの表示画面

ワードファイルをPDFに変換する方法:まとめ

以上、ワードファイルをPDFに変換する方法をお伝えしました。

ソフトをインストールしたりする必要もありません。気軽にできるのでぜひお試し下さい。

ワードやエクセルが苦手な方に人気の講座はこちらです。

\入会金・月額費用・月謝なし/

毎月先着10名様限定

下の記事では、Wordによる履歴書の作り方を説明しています。

つまずきポイントを厳選していますので、Wordの操作や設定方法でお困りの方はぜひご覧ください。

≫Wordによる履歴書の作り方|つまずきやすいポイントを厳選

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次
閉じる