ワード文書の行間(広い/狭い)の変え方|Wordで履歴書

ワードの行間の変え方

Wordで履歴書などの文書を作成していると、行間が広すぎたり狭すぎたりしてしまうことはありませんか?

たとえばこんな感じです。

ちょっと間延びした感じがしますね。

こんなときは行間を調整しましょう。そうすれば文書がグッと読みやすくなります。

そこで本記事では、ワード文書の行間(広い/狭い)の変え方を説明します。

この記事の内容

ワード文書の行間を調整して、読みやすい文書を作成する方法


この記事を書いた人:管理人ヤットキ

ガラケー時代から100以上のSNSに携わってきました。

業界歴9年のWeb解析士です。GAIQ保有。

Twitterはこちら→ @yattoki_mashita

目次

ワード文書の行間の変え方

まず、ホームタブの『段落』グループの右下にある矢印ボタンをクリックして下さい。

すると、段落調整ウィンドウが表示されます。

『インデントと行間隔』タブの中の『間隔』欄を見て下さい。そのなかに『行間』と『間隔』の設定項目があります。

まず、『行間』を固定値に設定しましょう。

その次に『間隔』を現在のフォントより大きい値にしてください。

たとえば、現在のフォントの大きさが14 ptなら、14以上の値を設定し、OKボタンを押して下さい。

インデントと行間隔

ここで、間隔の意味が良くわからない方が多いので、その点について説明します。

先ほど設定した『間隔』とは、行の幅のことです。下の画像でいうと、青の部分です。

この記事のサンプルでは文字の大きさを14 ptにしているので、下の図のようなイメージになります。

したがって、文字の大きさと『間隔』を同じ値にすると行間がゼロになります。

そして、フォントの大きさが14 ptに対して『間隔』を16 ptにすると、2 pt分スペースが生まれることになります。

このようにして行間を調整すると、下のようにちょうどよい行間にすることができます。

ワード文書の行間(広い/狭い)の変え方:まとめ

以上、ワード文書の行間(広い/狭い)の変え方を説明しました。

ポイントは、文字の大きさと『間隔』の関係を理解することです。上の画像を参考にしてみてください。

下の記事では、Wordによる履歴書の作り方を説明しています。

よくあるイライラポイントを厳選していますので、Wordの操作や設定方法でお困りの方はぜひご覧ください。

これがあなたの参考になれば幸いです。

≫Wordによる履歴書の作り方|つまずきやすいポイントを厳選

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

ワードの行間の変え方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる