ワード文書のページ番号の入れ方|表紙以外の2枚目から挿入する方法は?

こんな人に向けて書きました
  • Word文書にページ番号を入れて、見やすい書類を作りたい

職務経歴書などのビジネス文書には、ページ番号を入れることが必須です。

今までページ番号を意識したことないから、設定方法が分からない…

ページ番号のない書類を提出してしまうと、ビジネス感覚に乏しい人だと思われてしまいます。

そこで本記事では、ワードによるページ番号の入れ方を画像付きで説明します。

Wordによる履歴書作成のつまづきやすいポイントは、こちらの記事をご覧ください。

この記事を書いた人

ヤットキプロフ

業界歴10年のWeb解析士GAIQ保有。

ガラケー時代からSNSに携わってます。

この記事を書いた人

ヤットキプロフ

業界歴10年のWeb解析士

GAIQ保有

ずっとSNSに携わってます。

目 次

ワード文書のページ番号の入れ方:基本編

まず、挿入タブのなかの『ページ番号』>『ページの下部』を選んで下さい。

すると、下の画像のようにメニュー一覧が表示されるので、その中からお好みの形式を選択しましょう。

今回は最も定番の『番号のみ2』を選びました。

挿入タブ>ページ番号>ページの下部

これにより、下のようなページ番号が挿入されます。

ページ番号の挿入

そして、画面右上にある『ヘッダーとフッターを閉じる』ボタンを押すと通常のワード画面に戻ります。

ヘッダーをフッターを閉じる

ページ番号の書式を変更する

ページ番号の書式は、単純な数字以外にも色々な形式に変更することができます。

たとえば、『- 1 -』『a』『I』など様々な表示タイプに変更可能です。

挿入タブのなかの『ページ番号』>『ページ番号の書式設定』を選択して下さい。

ページ番号の書式設定

ページ番号の書式ウィンドウが表示されるので、『番号書式』のなかからお好みの書式を選択しましょう。

おすすめは、最もベーシックな『1, 2, 3』か、『- 1 -, – 2 -, – 3 -』のタイプです。

ページ番号の書式

ワード文書のページ番号の入れ方:応用編(2枚目からページ番号を挿入)

ここからは応用編です。

ビジネス文書やレポートなどでは、表紙を付けるのが一般的なマナーですが、ページ番号を挿入すると、表紙にまでページ番号が付いてしまいます。

表紙にページ番号が付いていると、ちょっとかっこ悪いですね。

そこで、2枚目(本文の1ページ目)からページ番号を開始するように設定しましょう。

まず、ページ番号をダブルクリックします。

ページ番号をダブルクリック

すると、下の画像のようにデザインタブが表示されるので、『先頭ページのみ別指定』にチェックを入れましょう。

先頭ページのみ別指定

上記の操作により、下のように、表紙以外のページへ番号が挿入されます。

1ページ目(表紙)
2ページ目(本文の1ページ目)以降

まとめ)ワードによるページ番号の入れ方

以上、ワードによるページ番号の入れ方と、2枚目からページ番号を挿入方法を説明しました。

ページ番号はビジネス文書のマナーです。

本記事で紹介した設定はぜひともマスターしておきたいところですね。

質問はコメントへ!お気軽に!

【履歴書作成に役立つWordの使い方】

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次