ワード文書を1ページに収めて印刷する方法|Wordで履歴書

ワードで職務経歴書などを作成する際、注意しなければいけないのは枚数です。

色々な内容を盛り込んだり、見やすくしようと工夫していると4~5枚くらいになってしまいます。

ついつい枚数が多くなっちゃうんだよね…

しかし、設定次第で印刷枚数を少し抑えることができます。

そこで本記事では、印刷設定を画像付きで説明します。

この記事の内容

印刷枚数を抑えるための印刷設定

難易度
3.0

\入会金・月額費用・月謝なし/


業界歴9年のWeb解析士GAIQ保有。

ガラケー時代からSNSに携わってます。

Twitterはこちら→ @yattoki_mashita

目 次

ワード文書を1ページに収めて印刷する方法3選

よくあるパターンは、新しいページに2~3行だけ印刷されているケースです。

できれば、その数行を前ページに収めたいところですね。こんな感じです。

これだけで枚数を抑えることができるので、ワードの印刷設定はぜひともマスターしておきたいところです。

以下では、そんな場合のオススメ設定を2つご紹介します。

実は、上記2つ以外にも『1ページ分縮小』という機能を利用する方法があります。
しかしこれは、文字サイズを自動的に小さくするというものです。書類が見にくくなってしまうという欠点があります。
そのため、『1ページ分縮小』についての説明は割愛します。

1ページあたりの行数を増やす

レイアウトタブの『ページ設定』グループの右下にある矢印をクリックして下さい。

ワードで1ページに印刷
右下矢印をクリック

ページ設定画面が表示されます。『文字数と行数』タブの『行数』欄を確認して下さい。その中の行数を調整しましょう。

これによって、1ページ内の行数を設定することができます。

ワードで1ページに印刷
ページ設定

余白設定を変更する

次の方法は、余白の変更設定です。

レイアウトタブを選択肢、『余白』をクリックします。

余白の設定画面が表示されるので、『狭い』または『やや狭い』を選択しましょう。

ワードで1ページに印刷
余白の設定

これにより広がった余白部分に文字が表示されるので、1ページに収まる文字数が増えます。

また、『ユーザー設定の余白』をボタンを押すと、更に細かく設定することができます。

試しにこのボタンを押してみると、下のようにページ設定画面が表示されます。

『余白』欄の数値を小さくしてみてください。1ページに収まる文字数が増えます。

ワードで1ページに印刷
ページ設定

以上のように余白を広げる設定によって、2ページにわたる文章を1ページに収めることができました。

なにげに便利な機能なので、ぜひ試してみて下さい!

ワードで1ページに印刷
1ページに収まった

ワード文書を1ページに収めて印刷する方法:まとめ

以上、ワード文書を1 ページに収めて印刷する方法を説明しました。

職務経歴書をなるべく少なくしたいときは、ぜひ試してみて下さい。

ワードやエクセルが苦手な方に人気の講座はこちらです。

\入会金・月額費用・月謝なし/

毎月先着10名様限定

下の記事では、Wordによる履歴書の作り方を説明しています。

つまずきポイントを厳選していますので、Wordの操作や設定方法でお困りの方はぜひご覧ください。

≫Wordによる履歴書の作り方|つまずきやすいポイントを厳選

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次
閉じる