ワードのフォントを初期設定!|使いやすいフォントに初期設定する方法

ワードのフォント初期設定

ワードの既定のフォントは游明朝体の10.5ポイントです。

これを変更するのは簡単ですが、毎回変更するのもめんどくさいですよね。

どうやって初期設定するのかよく分からない…

そうなんです。フォントの初期設定の方法はあまり知られていません。

そこで本記事では、毎回フォントを変更するのがめんどくさいという方に向けて、ワードのフォントの初期設定をご紹介します。

この記事の内容

ワードのフォントを初期設定する方法


この記事を書いた人:管理人ヤットキ

ガラケー時代から100以上のSNSに携わってきました。

業界歴9年のWeb解析士です。GAIQ保有。

Twitterはこちら→ @yattoki_mashita

目次

ワードのフォントを初期設定|やってみると意外と簡単

まず、ワードのファイルを起動してみて下さい。

下の画像のように、フォントは『游明朝』『10.5』になっていると思います。

最初のフォントの状態

まず、ホームタブ内のフォントグループを見てみて下さい。右下に小さな矢印があるので、そこをクリックしましょう。

ホームタブの『フォントグループ』の右下をクリック

すると、フォントを設定する小窓が表示されます。

フォントタブ内の『日本語用のフォント(T)』や『サイズ(S)』があります。ここをお好みで変更して下さい。

フォントの初期設定

本記事では、『MS Pゴシック』と『12』に変更してみました。そして、『既定に設定』ボタンを押しましょう。

見やすいフォントとサイズに設定

すると、下のような小窓が表示されます。『Normal.dotm テンプレートを使用したすべての文書(A)』にチェックを入れましょう。

これにより、次回起動後の全てのワード文書のフォントは、『MS Pゴシック』と『12』となります。

全てのワード文書に適用

試しに、一度ファイルを閉じて、あらためてワードの文書を起動してみましょう。

すると、『MS Pゴシック』と『12』になっていることが確認できます。

初期設定が変更された

ワードのフォントを初期設定:まとめ

以上、ワードのフォントを初期設定する方法をお伝えしました。

この操作によって、下のように変更が反映されていると思います。

簡単操作で初期設定できるので、ぜひ試してみてください。

下の記事では、Wordによる履歴書の作り方を説明しています。

よくあるイライラポイントを厳選していますので、Wordの操作や設定方法でお困りの方はぜひご覧ください。

これがあなたの参考になれば幸いです。

≫Wordによる履歴書の作り方|つまずきやすいポイントを厳選

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

ワードのフォント初期設定

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる