Excelで履歴書|エクセルのテキストボックス内の行間を詰める方法

エクセルテキストボックスの行間を詰める

エクセルで履歴書を作成するとき、テキストボックスなどを使うことはありませんか?

シート上の好きな位置に移動させられるので、使い勝手も良いですよね。

そんなテキストボックスですが、入力した文章の行間が開きすぎてしまうことがあります。

行間が開きすぎてかっこ悪いな…どうすればいいの?

ワードとは異なり、エクセルの行間設定は分かりにくいようです。

そこで本記事では、エクセルのテキストボックス内の行間を詰める方法を説明します。

この記事の内容

エクセルのテキストボックス内の行間を詰めて、見やすい文書を作成する方法


管理人:ヤットキ

ガラケー時代から100以上のSNSに携わってきました。

業界歴9年のWeb解析士です。GAIQ保有。

Twitterはこちら→ @yattoki_mashita

目次

Excelで履歴書|エクセルのテキストボックス内の行間を詰める

たとえば、↓のような状態を考えて下さい。

行間をもう少し詰めれば、読みやすい資料になるはずです。

エクセルテキストボックスの行間を詰める
行間を詰めたい

ワードなら行間の調節は簡単ですが、エクセルの設定はちょっと分かりにくいので、知らない方も多いようです。

まず行間を広げたいテキストボックス上で右クリックして、その中から『段落』を選択して下さい。

エクセルテキストボックスの行間を詰める
テキストボックスを右クリック

段落設定画面が表示されます。

『インデントと行間隔』タブの中の『間隔』グループから、『行間』のプルダウンを選択して下さい。

今回は『1行』を選択してみました。

エクセルテキストボックスの行間を詰める
行間のプルダウンから選択

すると、行間が狭くなって下のような感じになります。

ここで注意点があります。

エクセルでは、テキストボックス内に収まりきらない文字はこのようにはみ出してしまいます。

エクセルテキストボックスの行間を詰める
ボックスからはみ出した文字列

これを調整するために、テキストボックスの大きさを広げて、見た目を調整しましょう!

エクセルテキストボックスの行間を詰める
ボックスの大きさを調節

さて、テキストボックスの行間を詰め方をお伝えしてきましたが、上の方法だと1行・1.5行・2行の3パターンしか選べません(下の画像参照)。

もう少し微調整したい方は、『行間』に『倍数』を選択して下さい。

これにより『間隔』項目の数値を手入力で指定できるようになります。今回は、0.5としてみました。

エクセルテキストボックスの行間を詰める
倍数を指定した後、『間隔』を手入力

間隔を0.5にすると、下のようになります。

ちょっと詰めすぎですが、『こんな風になるんだな』という感覚を掴んでもらえればと思います。

エクセルテキストボックスの行間を詰める

エクセルのテキストボックス内の行間を詰める:まとめ

以上、『Excelで履歴書|エクセルのテキストボックス内の行間を詰める方法』と題して説明してきました。

うまく調節できたでしょうか?

利用頻度の高い機能なので、ぜひマスターして下さい。

下の記事では、エクセルによる履歴書の作り方全般を説明しています。

≫エクセルによる履歴書の作り方|履歴書作成に便利なExcelテクニック

知っていれば得するお役立ちを情報を画像付きで説明しています。

Excelで履歴書を作るときにお悩みの方はご覧ください。

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

関連記事

エクセルテキストボックスの行間を詰める

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる