エクセルの改行のやり方と、行の高さを自動調整する方法

エクセルで改行のやり方

エクセルを使っていると、セル内に長文を入力することがあります。

そんなとき、改行のために[Enter]キーを押しても文章の折り返しができずに困ったことがありませんか?

これは、大学の新入生や新社会人の方など、本格的にエクセルを使い始めた方にありがちな悩みです。

今まで本格的にエクセルを使ったことがないから…

ご安心下さい。簡単にできますよ!

結論から言うと、[Alt]キー+[Enter]キーを押すことでセル内の改行が可能です。

また、改行後の行の高さを自動調整してくれれば楽ですよね。

そこで本記事では、セル内の改行だけでなく、行の高さの自動調整もあわせて説明します。

この記事の内容
  • セル内での改行方法
  • 行の高さの自動調整方法
難易度:
1.5

管理人:ヤットキ

ガラケー時代から100以上のSNSに携わってきました。

業界歴9年のWeb解析士です。GAIQ保有。

Twitterはこちら→ @yattoki_mashita

目次

エクセルの改行のやり方と、行の高さを自動調整する方法

セル内の改行はとても簡単です。手順は次のとおりです。

  1. セルをダブルクリック、または[F2]キーを押して編集モードにする。
  2. 改行をしたい箇所にカーソルを移動する。
  3. [Alt]キー+[Enter]キーで改行する。

では、実際の手順を写真付きで説明していきます。

エクセルの改行の方法(セル内の改行)

例として、下のように『お子さんがサッカークラブに入ったパパさんや、』の後ろで改行するとします。

エクセルの改行のやり方と行の高さ自動調整
改行ポイント

まず、改行したいセルをダブルクリックまたは[F2]キーを押して編集モードにします。

エクセルの改行のやり方と行の高さ自動調整
編集モード

そして、改行箇所にカーソルを移動させ、そこで[Alt]+[Enter]を押しましょう。

エクセルの改行のやり方と行の高さ自動調整
Alt+Enter

すると、下のように改行されて、セルの高さを自動調整してくれます。

エクセルの改行のやり方と行の高さ自動調整
改行できた

もし、高さが自動調整されず、入力した文章が下のように見切れているときは、以下の手順を試してください。

エクセルの改行のやり方と行の高さ自動調整
文章が見切れている

[ホーム] タブのなかの[セル]グループにある[書式]ボタンを押してください。

するとプルダウンメニューが出るので、[行の高さの自動調整]をクリックしましょう。

エクセルの改行のやり方と行の高さ自動調整
行の高さの自動調整

これにより、セルの高さの中央に文章が配置されて、ちょうどよい見た目になります。

エクセルの改行のやり方と行の高さ自動調整
高さが自動調整された

行の高さの自動調整方法

また、下のような感じで文章が配置されると上下にスペースが空いてしまって、行の高さ(行間)を調整したいことがあります。

エクセルの改行のやり方と行の高さ自動調整
上下のスペースが空いている

こんなときはエクセルの[両端揃え]を使うと、上下のスペースを埋めるように自動調整してくれます。

以下ではその方法を説明します。

まず、セルの上で右クリックして[セルの書式設定]を選択します。

エクセルの改行のやり方と行の高さ自動調整
セルの書式設定

この中の[配置]タブのなかの縦位置欄の[両端揃え]をクリックしましょう。

エクセルの改行のやり方と行の高さ自動調整
両端揃え

すると、セルの高さに合わせて、下のように行間を自動調整してくれます。

エクセルの改行のやり方と行の高さ自動調整
行間を自動調整

セル内改行の方法と行の高さの自動調整:まとめ

以上、セル内改行の方法と行の高さの自動調整を説明しました。

エクセルの基本的操作のうちのひとつなので、ぜひマスターして下さい。

下の記事では、エクセルによる履歴書の作り方全般を説明しています。

≫エクセルによる履歴書の作り方|履歴書作成に便利なExcelテクニック

知っていれば得するお役立ちを情報を画像付きで説明しています。

Excelで履歴書を作るときにお悩みの方はご覧ください。

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

関連記事

エクセルで改行のやり方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる