知っておくべき!エクセルファイルのパスワード(鍵)の付け方・解除の仕方

エクセルファイルへのパスワードの付け方
こんな人に向けて書きました
  • エクセルファイルへのパスワード(鍵)の付け方
  • パスワードの解除方法

パスワード設定には2つの方法があること、知ってました?

個人情報などを含むエクセルファイルには、パスワードを設定しておきましょう。

実は、パスワード(鍵)の付け方には2種類あることをご存知でしたか?

あまり知られていませんので、本記事でそのあたりを詳しく説明していきます!

Excelによる履歴書作成のつまづきポイントは、こちらの記事をご覧ください。

この記事を書いた人

ヤットキプロフ

業界歴10年のWeb解析士GAIQ保有。

ガラケー時代からSNSに携わってます。

この記事を書いた人

ヤットキプロフ

業界歴10年のWeb解析士

GAIQ保有

ずっとSNSに携わってます。

目 次

エクセルファイルのパスワード(鍵)の付け方

上で述べたとおり、パスワードの設定方法にはファイルの利用用途に応じて次の2種類あります。

設定方法その1

グループ内のメンバーとファイルをやり取りする場合

設定方法その2

個人でのみ使用するエクセルファイル(他人とファイルをやり取りしない)の場合

どちらがいいか迷ったら『設定方法その1』でOKですが、念のため、両方の場合を説明します。

それでは順に説明していきます。

設定方法その1:グループ内のメンバーとファイルをやり取りする場合の設定方法

この設定方法では、ファイルを開くときのパスワードだけでなく、編集するためのパスワードも設定できます。

つまり、ファイルの閲覧や編集の両方に制限をかけることができるので、第三者による予期しないファイルの編集を防ぐことができます。

要はガチガチにパスワード設定できるということです(笑)。

まず、ファイルタブを開きましょう。

【名前を付けて保存】をクリックして【参照】を選択します。

この【参照】とは、保存したファイルの置き場所を”参照”して指定するという意味です。

今回はデスクトップを参照してみますが、お好みに合わせてわかりやすい場所を参照してください。

参照をクリックしたら、下の画像のように左のツリーメニューが表示されます。

この中から【デスクトップ】を選択してファイル名を入力します。

そして、画面下の保存ボタンの左にある『ツール』をクリックしてください。プルダウンメニューが出るので、『全般オプション』を選択します。

エクセルのパスワード(鍵)の付け方
全般オプションをクリック

すると、パスワード設定画面が表示されます。

ここでは下のように、『読み取りパスワード』と『書き込みパスワード』の二つの設定が可能です。

ファイル編集メンバーを限定したい場合は、『読み取りパスワード』に加えて『書き込みパスワード』も設定しましょう。

エクセルのパスワード(鍵)の付け方
全般オプション

注 意

『読み取りパスワード』と『書き込みパスワード』は必ず、異なるものにしておきましょう!

また、このとき設定したパスワードは絶対に忘れないようにしてください。 忘れてしまったら、復元には特別なツールが必要です。

その後、パスワードの再入力が求められます。間違えないように入力してください。

エクセルのパスワード(鍵)の付け方
パスワードの確認

以上の操作が完了すると、『名前を付けて保存』の画面に戻ります。

『保存』を押せばパスワード設定の完了です。お疲れさまでした!

エクセルのパスワード(鍵)の付け方
nななmなま名前を付けて保存名前を付けて保存

さて、パスワードを設定されたファイルを開くと、下のように入力を求められます。

また、書き込みパスワードを設定している場合は、編集時にパスワード入力が求められます。

パスワードが有効になっているか確認してみて下さい。

エクセルのパスワード(鍵)の付け方
パスワードの入力画面

設定方法その2:個人でのみ使用する(他の人とファイルをやり取りしない)場合の設定方法

この設定方法では、ファイル閲覧時のパスワードのみ設定できます。

『ファイルを編集するのは自分だけ』ということが前提のパスワード設定なので、他人の閲覧のみ制限したいときはこの方法でパスワードをかけておいても構いません。

もし不安になったら、上で説明した『 グループ内のメンバーとファイルをやり取りする場合』の設定方法で書き込みパスワードを設定しておけば確実です。

まず、ファイルタブを開きましょう。

エクセルのパスワード(鍵)の付け方

左サイドメニューから【情報】を選択して、【ブックの保護】をクリックして下さい。

エクセルのパスワード(鍵)の付け方

表示されるメニューの中から【パスワードを使用して暗号化(E)】をクリックします。

エクセルのパスワード(鍵)の付け方

そして下の画面でパスワードを設定して下さい。

上記の設定が終わり、【ブックの保護】の箇所が黄色になっていることを確認したら、【名前を付けて保存】でファイルを保存して下さい。

エクセルのパスワード(鍵)の付け方

パスワードの設定は以上で完了です。お疲れさまでした!

設定したパスワードでエクセルファイルを開く方法

上記の手順でパスワード設定したエクセルファイルを開いてみましょう。

こんな小窓が表示されます。

エクセルのパスワード(鍵)の付け方

入力欄にパスワードを入力すればそのファイルの閲覧や編集が可能になります。

エクセルのパスワード(鍵)の付け方

パスワードの解除方法

ここまではパスワード設定についての説明でしたが、場合によってはそのパスワードを解除したいときもあります。

そんなときは以下のようにパスワードを解除してください。

解除方法その1:上記設定1で設定したパスワードの解除

まず最初に、パスワードを入力してファイルを開いてください。

エクセルのパスワード(鍵)の付け方
パスワードの入力する

そして、パスワード設定のときと同じ手順で『名前を付けて保存』>『ツール』>『全般オプション』を開きましょう。

エクセルのパスワード(鍵)の付け方
全般オプションをクリック

すると、設定済のパスワードが『***』のように入力された状態になっています。

エクセルのパスワード(鍵)の付け方
パスワードの解除

パスワードの入力欄にカーソルを合わせて、 ***の部分をBackspaceなどで消してください。

消去した後に【OK】を押すと『名前を付けて保存』の画面に戻ります。あとは、保存ボタンを押すとパスワードの解除完了です!

設定方法その2:上記設定2で設定したパスワードの解除

まず最初に、パスワードを入力してファイルを開いてください。

そして、パスワード設定のときと同じ手順で【ファイル】タブをクリックします。

エクセルのパスワード(鍵)の付け方

左サイドメニューから【情報】を選択して、【ブックの保護】をクリックして下さい。

エクセルのパスワード(鍵)の付け方

表示されるメニューの中から【パスワードを使用して暗号化(E)】をクリックします。

エクセルのパスワード(鍵)の付け方

すると、設定済のパスワードが『***』のように入力された状態になっています。

パスワードの入力欄にカーソルを合わせて、 ***の部分をBackspaceなどで消してください。

消去した後に【OK】を押すと『名前を付けて保存』の画面に戻ります。

あとは、いつもとおり保存すればパスワードの解除完了です!

(まとめ)エクセルファイルのパスワード(鍵)の付け方と解除方法

以上、エクセルファイルへのパスワード(鍵)の付け方と解除方法を説明しました。

おさらいすると、設定方法には次の2パターンあります。

  1. グループ内のメンバーとファイルをやり取りする場合
  2. 個人でのみ使用するエクセルファイル(他の人とファイルをやり取りしない)の場合

用途に応じて使い分けてくださいね。

100%大丈夫とは言いきれませんが、もし何かあったときでも、『対策はしていたが、相手の手口が巧妙だった』と主張することもできます。

最低限、パスワードを掛けてさえいれば言い訳はできます(笑)。

人に見られたくないなデータが記載されているファイルには必ずパスワードを設定し、情報漏えいのリスクに備えましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

【履歴書作成に役立つExcelの使い方】

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次