エクセルのファイルを編集できないようにする|シートや特定のセルを保護

エクセルファイルを編集できないよう にする

Excelで作成した文書を複数人で閲覧・編集することがあります。

そんなとき、関数などを入れた特定のシートやセルを誤って書き換えられるおそれがあります。

数式が崩れちゃったら、またやり直しだ…

エクセルではこうした場合に備えて、シートや特定のセルを保護して編集できないようにすることが可能です。

本記事では、内容を変更できないようにロックして、意図しない書き換えを防止する方法を説明します。

この記事の内容

シート全体を保護したり一部のセルを保護して編集できないようにする方法


管理人:ヤットキ

ガラケー時代から100以上のSNSに携わってきました。

業界歴9年のWeb解析士です。GAIQ保有。

Twitterはこちら→ @yattoki_mashita

目次

エクセルを編集できないようにする|重要なシートや特定のセルを保護

エクセルファイルの保護には次の2パターンがあります。

  1. シート全体の保護
  2. シート内の特定セルの保護

以下では、その方法を順に説明していきます。

1. シート全体の保護と解除

サンプルとして、次のような履歴書のシート全体を保護する場合を考えます。

エクセルファイルを編集できないよう にする
シート全体を保護する

以下では、シート全体の保護と解除方法を説明します。

保護の方法

まず、【検閲】タブのなかの【保護】グループ内にある【シートの保護】をクリックして下さい。

エクセルファイルを編集できないよう にする
シートの保護

パスワード入力画面が表示されるので、お好きなパスワードを入力して下さい。

エクセルファイルを編集できないよう にする
シートの保護

その際、赤枠にチェックが入っていることを確認しましょう。その他のチェックボックスはデフォルトの状態で大丈夫です。

ここで入力したパスワードは、保護を解除する際に必要になります。忘れないようにメモしておきましょう。

パスワードの再入力を求められるので、先ほどの内容を入力して下さい。

エクセルファイルを編集できないよう にする
パスワードの確認

以上でシート全体の保護は完了です。

念のため、本当に保護されているかどうかを確認してみましょう。

下図のように、【検閲】タブ>【保護】グループに【シートの保護の解除】というボタンが表示されていればOKです。

エクセルファイルを編集できないよう にする
保護の解除

試しに、任意のセルをダブルクリックしてみましょう。

下のように、ロックされている(編集できない)内容の警告メッセージが表示されます。

エクセルファイルを編集できないよう にする
警告メッセージ

解除の方法

上の手順でシートを保護した後、何らかの事情で保護を解除したい場合もあります。

その場合は次の手順で解除して下さい。

【検閲】タブ>【保護】グループ>【シート保護の解除】をクリックしましょう。

エクセルファイルを編集できないよう にする
保護の解除

すると、【シート保護の解除】ウィンドウが表示されます。

ここで、保護の際に設定したパスワードを入力して下さい。解除の設定はこれで完了です。

エクセルファイルを編集できないよう にする
保護の解除

では、解除できたかどうか、実際に確認してみましょう。

【検閲】タブ>【保護】グループに【シートの保護】というボタンが表示されていればOKです。

エクセルファイルを編集できないよう にする
解除されたことの確認

2. 特定セルの保護と解除

シート全体を保護する方法を説明してきました。

エクセルではこれ以外にも、保護の対象を限定して編集のロックをかけることができます。

例えば、他の人に入力してほしいセルは入力可能にして、それ以外のセルを保護(編集禁止)することが可能です。

こちらのほうがより実践的な使い方かもしれません。

保護の方法

以下では、特定のセル(グレーの部分)だけを編集可能にして、それ以外の部分は保護(編集禁止)するように設定していきます。

エクセルファイルを編集できないよう にする
特定のセルだけ編集できるようにする

作業の全体イメージはこんな感じです。

STEP
保護の例外となるセルを設定

保護しないセル(編集可能なセル)を設定します。

STEP
シート全体を保護

STEP1で設定したセル以外が編集禁止となります。

それではやっていきましょう!

STEP 1

まず、編集可能にしたいセルの上で右クリックして、【セルの書式設定】を選択して下さい。

エクセルファイルを編集できないよう にする
セルの書式設定

【セルの書式設定】ウィンドウの【保護】タブをクリックして、【ロック】のチェックを外してOKボタンを押します。

エクセルファイルを編集できないよう にする
【ロック】のチェクを外す

これで、編集可能にするセルを設定することができました。次はシートの保護を行っていきます。

STEP 2

【検閲】タブのなかの【保護】グループ内にある【シートの保護】をクリックして下さい。

エクセルファイルを編集できないよう にする
シートの保護

パスワード入力画面が表示されるので、お好きなパスワードを入力して下さい。

エクセルファイルを編集できないよう にする
シートの保護

その際、赤枠にチェックが入っていることを確認しましょう。その他のチェックボックスはデフォルトの状態で大丈夫です。

ここで入力したパスワードは、保護を解除する際に必要になります。忘れないようにメモしておきましょう。

パスワードの再入力を求められるので、先ほどの内容を入力して下さい。

エクセルファイルを編集できないよう にする
パスワードの確認

以上で、特定セルの保護を設定することができました。

試しに、ロックされているセル(編集できない)をダブルクリックすると、下のような警告メッセージが表示されます。

エクセルファイルを編集できないよう にする
警告メッセージ

その一方、編集可能なセルをダブルクリックすると、上のようなメセージは表示されず、いつもとおりに入力することができます。

ぜひお試しください。

解除の方法

解除方法は先ほどと同じです。

【検閲】タブ>【保護】グループ>【シート保護の解除】をクリックしましょう。

エクセルファイルを編集できないよう にする
保護の解除

すると、【シート保護の解除】ウィンドウが表示されます。

ここで、保護の際に設定したパスワードを入力して下さい。これで保護解除の設定は完了です。

エクセルファイルを編集できないよう にする
保護の解除

では、解除できたかどうか、実際に確認してみましょう。

【検閲】タブ>【保護】グループに【シートの保護】というボタンが表示されていればOKです。

エクセルファイルを編集できないよう にする
解除されたことの確認

エクセルのシートやセルロックして編集できないようにする:まとめ

以上、『エクセルを編集できないようにする|重要なシートや特定のセルを保護』と題して編集の保護について説明してきました。

エクセルで履歴書や社内アンケートを作成するときなどに活用できそうですね。

下の記事では、エクセルによる履歴書の作り方全般を説明しています。

≫エクセルによる履歴書の作り方|履歴書作成に便利なExcelテクニック

知っていれば得するお役立ちを情報を画像付きで説明しています。

Excelで履歴書を作るときにお悩みの方はご覧ください。

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

関連記事

エクセルファイルを編集できないよう にする

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる