エクセルの保護ビューを解除して、ファイルの編集を有効にする方法

ネットからダウンロードしてきた履歴書フォーマットなどを開くと、黄色の警告メッセージが表示されることはありませんか?

エクセルの保護ビューを解除
警告メッセージ

内容を見てみると、こう書かれています。

インターネットから入手したファイルは、ウイルスに感染している可能性があります。編集する必要がなければ、保護ビューのままにしておくことをお勧めします。

メッセージの中にウイルスなんて文言を見つけちゃうと、ドキッとしますよね。

これは、当該エクセルファイルを開くとき、保護ビュー(読み取り専用)での閲覧を推奨するメッセージです。

いつもこれ見て、ビックリしちゃうんだけど…

また、この状態のままでは保護ビューが作動しているため、ファイルを編集することができません。

そこで本記事では、このメッセージの意味と、保護ビューを解除する方法を説明します。

ウイルスが仕込まれた悪意あるファイルをうっかり開かないためにも、保護ビューの設定は「有効」にしておく方が安全です。保護ビューの解除はその点を十分考慮して行いましょう。

\入会金・月額費用・月謝なし/


業界歴9年のWeb解析士GAIQ保有。

ガラケー時代からSNSに携わってます。

Twitterはこちら→ @yattoki_mashita

目 次

エクセルの保護ビューを解除して、ファイルの編集を有効にする方法

先ほどのメッセージについて、マイクロソフト社のサイトには次のような説明がなされています。

インターネットやその他の安全でない可能性のある場所にあるファイルには、コンピューターに害をもたらすウイルス、ワーム、その他のマルウェア類が含まれている可能性があります。 このような安全でない可能性のある場所にあるファイルは、コンピューターを保護するために読み取り専用として保護ビューで開かれます。 保護ビューを使用すると、ファイルを読み取り、その内容を確認し、リスクを軽減しながら編集を有効にできます。

引用:日本マイクロソフト株式会社 サポートページ

難しいことが書いてありますが、要はこういうことです。

インターネットからダウンロードしてきたファイルには、コンピューターウイルス等が類が含まれている可能性があるので、読み取り専用の保護ビューで閲覧して、PCウイルスのリスクを減らしましょうという注意喚起です。

とはいえ、ファイルが安全であることが分かっているのなら話は別です。

毎回、メッセージが表示されるのは少し煩わしいかもしれません。

そこで、以下ではメッセージを非表示にして、保護ビューを解除する方法を画像付きで説明します。

保護ビューを解除する方法

これは見たままの操作になるのですが、メッセージの右側にある『編集を有効にする』ボタンを押すだけです。

これで今後は、メッセージ非表示・保護ビュー無効の状態になるので、すぐに編集可能です。

エクセルの保護ビューを解除
編集を有効にする

ただし、この設定は当該ファイルに限定されます。

もし、別のファイルをダウンロードして開くと、そのたびに同じ警告メッセージが表示されます。

どのエクセルファイルに対しても、メッセージ非表示・保護ビュー解除をデフォルト設定にしたい場合は、エクセルファイル(どのファイルでも構いません)を開いて以下の操作を実施して下さい。

まず【ファイル】タブをクリックします。

エクセルの保護ビューを解除
[ファイル]タブ

左サイドメニューの【その他】から【オプション】を選択して下さい。

エクセルの保護ビューを解除
オプション

そして、Excelのオプション画面の左サイドメニューにある【トラストセンター】から【トラストセンターの設定(T)】をクリックしましょう。

エクセルの保護ビューを解除
トラストセンター

トラストセンター画面の【保護ビュー】欄にある3つのチェックボックスを外し、【OK】ボタンで完了です。

エクセルの保護ビューを解除
トラストセンター

以上の操作で黄色の警告メッセージは表示されなくなり、保護ビューが解除されます。

気になる方はお試し下さい。

赤いメッセージの解除方法

さて、先ほどは黄色の警告メッセージに関する設定でしたが、実は、赤色の警告メッセージもあります。

エクセルの保護ビューを解除
警告メッセージ

より重大な内容のように思えますね。こんな事が書いてあります。

このファイルに問題が見つかりました。このファイルを編集すると、コンピューターに損害を与えるおそれがあります。クリックすると詳細が表示されます。

このメッセージは、VBAというプログラム言語で記述されたマクロが、エクセルファイルに含まれている場合に表示されます。

エクセルに仕込まれるウイルスはマクロであることが多いので、こうしたメッセージを表示するようになっています。

もし、ファイルの安全確認が取れていて、内容を編集したい場合は上記のメッセージをクリックして下さい。

すると、こんなメッセージが表示されます。

セキュリティの警告

【コンテンツの有効化】を押すと、そのファイルに限ってメッセージや保護ビューが解除されます。

しかし、この場合も先ほどと同じ様に、マクロが含まれた別のファイルをダウンロードして開くと、そのたびに警告メッセージが表示されます。

どのファイルに対しても、メッセージ非表示・保護ビュー解除にしたい場合は、エクセルファイル(どのファイルでも構いません)を開いて以下の操作を実施して下さい。

まず【ファイル】タブをクリックします。

エクセルの保護ビューを解除
[ファイル]タブ

左サイドメニューの【その他】から【オプション】を選択して下さい。

エクセルの保護ビューを解除
オプション

そして、Excelのオプション画面の左サイドメニューにある【トラストセンター】から【トラストセンターの設定(T)】をクリックしましょう。

エクセルの保護ビューを解除
トラストセンター

そして、左サイドメニューの【設定できる場所】から【新しい場所の追加(A)】をクリックして下さい。

エクセルの保護ビューを解除
[信頼できる場所]

すると、【Microsoft Officeの信頼できる場所】ウィンドウが開くので、【参照(B)】ボタンを押しましょう。

エクセルの保護ビューを解除
[信頼できる場所]を指定

【参照(B)】ボタンで指定したフォルダの中にファイルを置くと、それらはすべて安全なファイルとみなされ、常にメッセージ非表示・保護ビュー解除となります。

【Microsoft Officeの信頼できる場所】は、上で述べた黄色メッセージの非表示・保護ビュー解除にも有効です。

エクセルの保護ビューを解除する方法:まとめ

以上、エクセルの保護ビューを解除する方法を説明しました。

基本的には数クリックで解決するので操作自体は難しくなかったと思います。

簡単がゆえにあっさりと保護ビューを解除してしまいがちですが、セキュリティ意識を高く持ち、保護ビュー解除には十に注意を払って行ってください。

ワードやエクセルが苦手な方に人気の講座はこちらです。

\入会金・月額費用・月謝なし/

毎月先着10名様限定

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次
閉じる