転職したいと思ったら最初の行動はこんな感じ。焦りは禁物!

この記事の内容:
転職活動を進める具体的な方法

終身雇用が当たり前だっった昔と比べ、今は転職が当たり前の時代です。

とはいえ、転職は人生の大きな分岐点。

本当に転職すべきかどうか、悩んじゃう…

そもそも転職することが妥当かどうか、そして何から手を付ければいいかよく分かりませんよね…。

まずは自分が本当に転職すべきかどうかを見つめ直す必要があります。

本記事ではそんなあなたに向けて、転職活動を進める具体的な方法をご紹介します。

目次

転職したいけど、本当にそれでいいの?転職したいけど、どうすればいい?

学生時代の友人や職場の同僚が転職していく姿を見てこんな気持になってませんか?

俺もそろそろ転職かな・・・

もしかしてそれは、隣の芝生が青く見えているだけかもしれません。

仮に転職に成功したとしても、そこが今よりも快適に過ごせる職場である保証は何もありません。

なので、まずは自分が本当に退職すべきかどうかじっくりと見つめ直す必要があります。

過去に5社を渡り歩いてきた私の経験からすれば、次のようなポイントを考えれば、あなたが転職すべきかの判断ができると思います。

結論を言ってしまえば、人間関係が一番重要です。

ご参考までに、こちらの記事をどうぞ!

それでも転職したいと思ったら、準備は早めに取り掛かろう!

今後の方向性やキャリア設計を色々と考えて、『転職したい!』『転職すべきだ!』という結論に至ったら、準備は早めに取り掛かりましょう。

昨今は不況なので、早々と転職に成功することは難しいです。半年~1年くらいの時間は見ておいたほうがよいです。

とはいえ、何から手を付ければいいのでしょう。

まずは転職のイメージを膨らませるべく、ハローワークで求人検索をして、どんな仕事があるのかを探してみるのがいいです。

とはいえ、ハローワークまで行く必要はありません。自宅でネット検索できます。

私も何度もお世話になりましたが、操作も使いやすくなっており、便利なツールも併用すると、より検索しやすくなります。

そのあたりはこちらの記事でご確認ください。

東京での勤務を希望する場合は、『東京しごとセンター』がおすすめ

仕事といえばハローワーク。

しかし、公的な就労支援施設は他にもあります。

それが『東京しごとセンター』です。私自身もかなり活用しました。

一言でいうと、ハローワークの東京版と言える存在です。

東京の企業に転職したい人であれば、東京都に住んでいなくても利用OKです。

最初に登録が必要ですが、それ以降は自分の都合の良い時に利用することができます。

施設もきれいで、専任のアドバイザーが付いてくれて様々な相談にのってくれます。私がこのアドバイザーと一緒に履歴書や職務経歴書などをブラッシュアップしました。

転職サイトで見つけた求人の悩みにも相談に乗ってくれます(もちろん、応募はその転職サイトから行う必要があります)。

また、各種セミナーや合同説明会なども頻繁に開催されていて、全て無料で利用できます。サイトを見るだけでもなかなか参考になりますよ。

転職フェアに顔を出してみる!

転職フェアに顔を出してみるというのも一つの手です。

東京の場合、東京ドームの近くにあるプリズムホールという場所で開催されることが多いです。会場近くには人気ラーメン屋も多いので、気分転換がてら、帰りに寄ってみてはいかがでしょう。

無料で参加できますし、実際の相場感を肌で感じとることができます。

転職したいと考える方にとっての最初の一歩として非常に有意義だと思います。

場内は熱気で溢れていますので、モチベーションアップにも効果的ですよ。

早めに予約して参加すると、クオカードやAmazonギフトカードなどの特典がもらえる場合もあります!

転職したいと思ったら取るべき行動:まとめ

以上、転職したいと思ったら取るべき行動をまとめてみました。

転職活動がスムーズにいく人は本当にごくわずかです。

多くの場合は苦労することになりますので、一喜一憂しないで就職活動を進めてください。焦りは禁物です。

また、これから数多くの履歴書や職務経歴書を作成することになると思います。

当サイトではそういった方に向けて、履歴書や職務経歴書の書き方のコツ、私の転職失敗談の記事をご用意しました。

いずれの記事も、実際の求職者の経験に基づくもので、転職サイトによる正攻法とは異なる観点の内容になっています。

それではまた次の記事でお会いしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる