初めての転職|おすすめな就職活動の進め方。焦りは禁物

今は転職が当たり前の時代です。

とはいえ、転職は人生の大きな分岐点ともいうべき一大イベントです。

本当に転職すべきかどうか、悩む…

そもそも転職が妥当なのかどうか、そして何から手を付ければいいかよく分かりませんよね…。

まずは自分が本当に転職すべきかどうかを見つめ直す必要があります。

ちなみに私はこれまでに4回の転職を経験してきました。そして、40代半ばで外資系企業に転職を成功させたので、ある程度の再現性はあると自負しています。

本記事ではそんなあなたに向けて、転職活動を進める具体的な方法をご紹介します。

この記事の内容

初めて転職活動を行うときの効果的な活動方法


この記事を書いた人:管理人ヤットキ
管理人ヤットキ
ウェブ解析士

ガラケー時代から100以上のSNSに携わってきました。

業界歴9年のWeb解析士です。GAIQ保有。

Twitterはこちら→ @yattoki_mashita

目次

初めての転職。おすすめな就職活動の進め方|転職すべきかどうか迷う

学生時代の友人や職場の同僚が転職していく姿を見てこんな気持になってませんか?

俺もそろそろ転職かな・・・

もしかして、隣の芝生が青く見えているだけかもしれません。

仮に転職に成功したとしても、その仕事が今よりも充実した内容である保証は何もありません。

まずは自分が本当に転職すべきかどうかをじっくりと見つめ直す必要があります。

私はこれまでに4回の転職を経験してきました。その時を振り返って確実に言えることは、転職の判断基準はズバリ『人間関係』です。

ご参考までに、こちらの記事をどうぞ。

≫転職の判断ポイント第1回

≫転職の判断ポイント第2回

初めての転職|早めの準備こそ最もおすすめな就職活動の進め方

今後の方向性やキャリア設計を色々と考えて、『転職したい!』『転職すべきだ!』という結論に至ったら、準備は早めに取り掛かりましょう。

ただ、昨今は就職難です。

早々と内定が出るのは難しい状況であることを肝に銘じておくべきです。三ヶ月~半年くらいは覚悟しておきましょう。

とはいえ、何から手を付ければいいのでしょう。

まずは求人のイメージを膨らませるべく、ハローワークでどんな仕事があるのかを探してみるのがいいです。

とはいえ、ハローワークまで行く必要はありません。自宅でネット検索できます。

私も何度もお世話になりましたが、操作も使いやすくなっており、便利なツールも併用すると検索しやすくなります。

そのあたりはこちらの記事でご確認ください。

≫自宅でハローワークの求人を検索する

初めての転職|おすすめな就職活動の進め方は『東京しごとセンター』

仕事探しと言えば、まっさきに思い浮かべるのがハローワーク。

しかし、公的な就労支援機関は他にもあります。

それが『東京しごとセンター』です。私自身もかなり活用しました。

一言でいうと、ハローワーク東京版と言える位置づけで、専任のコンサルタントが相談に乗ってくれます。

公的な就労支援機関といえども、かなり質の高いサービスを受けられる穴場的な存在です。

≫ 東京都からの委託による事業のため、利用はすべて無料!安心サポート!

東京の企業に転職したい人であれば、東京都に住んでいなくても利用できます。

最初に登録が必要ですが、それ以降は自分の都合の良い時に利用することができます。

施設もきれいで、専任のアドバイザーが様々な相談にのってくれます。私もアドバイザーと一緒に履歴書や職務経歴書などをブラッシュアップしました。

転職サイトで見つけた求人の悩みにも相談に乗ってくれます(もちろん、応募はその転職サイトから行う必要があります)。

また、各種セミナーや合同説明会なども頻繁に開催されていて、全て無料で利用できます。サイトを見るだけでもなかなか参考になりますよ。

≫東京しごとセンターとハローワークの違い

≫東京しごとセンターで就職を決める!

転職フェアは、初めての転職の進め方として最適

転職フェアに顔を出してみるというのも有効な手段の一つです。

東京の場合、東京ドーム近くのプリズムホールという場所で開催されることが多いです。

転職の最初の一歩として非常に有意義だと思います。

無料で参加できますし、実際の相場感を肌で感じとることができるはずです。

会場近くには人気ラーメン店も多いので、気分転換がてら、帰りに寄ってみてはいかがでしょう。

場内は熱気で溢れていますので、モチベーションアップにも効果的ですよ。

早めに予約して参加すると、クオカードやAmazonギフトカードなどの特典がもらえる場合もあります!

≫ 転職フェアってどんな感じ?

40代による転職失敗談|初めての転職を経験する人に聞いてほしいこと

転職に失敗してしまうことはそれほど珍しいことではない、と私は思います。

私にもそうした経験があります。

幸いにも、精神的に不安定になる直前に自分でストップをかけ、自己都合退職でサッサと退職しましたが、短期離職という事実が次の仕事探しの障害となりました。

でも安心してください。なんとかなります!

もちろん苦労や努力が必要ですが、別に殺されるわけじゃありません!

ちょっと私の体験談でものぞいてみてください。

≫ 40代による転職失敗談のエピソード

初めての転職活動の進め方。失敗しないためにヘンな会社を見分ける

実は私も、多くの方と同じ様に内定が出るまでにとても苦労しました。

就職活動を続けていくなかで数多くの変な会社に出くわす度に、アンテナの感度が鋭くなっていったのを覚えています。

その経験を踏まえ、自分なりに培ってきた変な会社の見分け方をまとめてみました。

本当にいろいろな会社があるものです…。

≫ 変な会社の見分け方| 確認すべき6つの判断ポイント

入社してみないと分からないこともたくさんありますが、過度に礼儀を重んじるところは警戒したほうが良さそうです。

もし職場見学の機会があったら、仕事場の雰囲気などを重点的に見ておきたいところです。

また、面接でいいことばかり(ノルマはない、給料が良い、職場の雰囲気は最高など)言われる場合は要注意です。

≫ 実体験による最悪な会社の特徴3つ

退職してお金がないときに利用できる制度(税金・奨学金など)

奨学金の返済や税金の支払いに困ったときは、迷わず行政に相談しましょう。

実は私も年金の免除申請や奨学金の返済猶予制度を利用したことがあります。

経済的な困窮を恥ずかしがる必要は全くありません。市役所の職員さんはとても丁寧です。親身に対応してくれますよ。

苦しいときには恥ずかしがらず、まずは相談することが必要です。

≫税金・奨学金が支払えない時に活用したい制度

新社会人に告ぐ!今後のキャリア形成をしっかりと!

私のような凸凹人生にならないように、就活生や新社会人に向けたポイントをまとめました。

ポイントは、キャリア形成を早い段階で計画することです。

20代は土台作り、30代で大きく羽ばたくようにイメージしてコツコツやっていけば、何があっても大崩れすることはないでしょう。

一貫したキャリアをもつ人材は社会的に大きく評価されます。ぜひとも頑張ってください!

≫ 就活生に捧ぐ。キャリア形成のススメ

≫ 新社会人はこれだけ!【中年サラリーマンからのアドバイス】

初めての転職|おすすめな就職活動の進め方:まとめ

以上、転職したいと思ったら取るべき行動をまとめてみました。

転職活動がスムーズにいく人は本当にごくわずかです。

多くの場合は苦労することになりますので、一喜一憂しないで就職活動を進めてください。焦りは禁物です!

また、これから数多くの履歴書や職務経歴書を作成することになると思います。

当サイトではそういった方に向けて、履歴書や職務経歴書の書き方のコツ、私の転職失敗談の記事をご用意しました。

いずれの記事も、実際の求職者の経験に基づくもので、転職サイトによる正攻法とは異なる観点の内容になっています。

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる