東京しごとセンターとハローワークの違いをピックアップ!【利用者目線】

本記事の内容:
東京しごとセンター(飯田橋)とハローワークの違いをお伝えします。

転職が当たり前の時代となり、ハローワークや東京しごとセンターを利用する人が増加しています。

しかし、初めて利用する方にとっては勝手がわからず、何かと不安になることも…。

男性
男性
 しごとセンターとハローワークって何が違うの? 

 

どちらも似たような感じなので、何がどう違うのかよく分からない方も多いはず。

 

私はどちらも利用しまくってました。

そんな私が両者の違いをまとめてみました。

どちらも利用は無料で職員さんも丁寧なので、気分転換がてら、何かのきっかけを掴みに一度訪問してみてはどうでしょうか。

ちなみに私の知人(40代後半の女性)は、東京しごとセンターから5社ほど応募して内定を獲りました。

たまに愚痴ったりしながらも5年以上、その会社で充実した仕事生活を送っているようです!

なにより、全て無料で就業支援を受けられるのはありがたい制度ですね!≫ 東京しごとセンターのホームページを見る

東京しごとセンターとハローワークの違い。初回の手続き編

まず、ハローワークを東京しごとセンター(飯田橋)の簡単な利用ガイドをまとめました。

ハローワーク

アクセス

各自治体により異なる。

開庁時間

各所によって異なりますが、平日(月~金)8:30~17:15のところが多いようです。

大きな規模のハローワークでは土曜日も開いていますが、土曜日は、求人情報の検索、職業相談・相談のみの業務になります。

詳細は必ず、利用先のハローワークに問い合わせてください。

駐車場

各所によって異なります。

初回手続き

まず、初回利用時に求職申込書を必要事項を記入して利用者カードを発行してもらいます。

この利用者カードは、ハロ-ワーク求人に応募する際に必要になります(求人検索だけなら不要)。

求人に応募する場合は、この利用者カードを窓口に提示して、ハロ-ワークからの紹介状を発行してもらう必要があります。

ハローワークでの手続き
  • Step.1
    求職申込書の記入
    求職申込書に必要事項を記入し、利用者カードを発行してもらいます。
  • Step.2
    求人検索
    専用端末で求人を検索しましょう。検索だけなら自宅のパソコンでも検索することができます。
  • Step.3
    求人に応募
    応募したい求人を印刷して窓口に提出し、紹介状を発行してもらいます。
  • Step.4
    応募書類を郵送
    発行してもらった紹介状を応募書類に同封して企業に郵送します。

東京しごとセンター(飯田橋)

アクセス

東京都千代田区飯田橋3-10-3

※都営地下鉄大江戸線・東京メトロ有楽町線・南北線の飯田橋駅下車。「A2出口」から徒歩5~10分くらい。

開庁時間

平日9:00-20:00、土曜日9:00-17:00
※年末年始は、12月29日~1月3日まで休み

駐車場

地下に有料駐車場あり。

15分ごとに100円、最大1800円。高さは210㎝まで。

利用時間は8:00から22時まで。それ以外の時間帯は入出庫不可。なお、近隣に民間の有料駐車場あり。

オートバイおよび原付も1日500円で駐車可能。利用時間は車と同じ。駐輪場なし。

初回手続き

飛び込みでいっても問題ありませんが、二回目以降は予約が必要です。

まずは1階の総合窓口で利用者登録を行いましょう。大体、10分位で完了します。登録が完了すると、専任のアドバイザーを付けてくれます。

P-jobというマイページが開設されます。しごとセンターのPCまたは自宅のPCから、P-jobのマイページに履歴書と職務経歴書を登録しましょう。

東京しごとセンターでの手続き
  • Step1.
    利用者登録
    利用登録申込書を記入して、登録証を発行してもらいます。
  • Step2.
    初回カウンセリング
    簡単な施設案内と初回カウンセリングを受けます。
  • Step3.
    履歴書と職務経歴書の登録
    P-jobのマイページに履歴書と職務経歴書を登録します。

しごとセンターの詳細はこちらの記事もご覧ください。» 東京しごとセンターで就職を決める!(利用案内、アクセス、予約方法など)

東京しごとセンターとハローワークの主な違い。

両者の大きな違いは、その運営母体と、取り扱う求人内容にあります。

運営者

ハローワークは国の事業ですが、東京しごとセンターは都の事業です。

とくに、東京しごとセンターの運営は、パソナキャリアという民間の転職会社に委託しています。そのため、しごとセンターの営業担当が独自に求人を開拓しているため、ハローワークにはない求人もあります。

求人の検索範囲

ハローワークはどこの事業所であっても、全国の求人検索が可能です。

例えば、沖縄のハローワークでが北海道の求人を検索することもできます。

また、検索には利用者カードがなくても窓口で検索したい旨を伝えるだけで検索することができます。

その反面、東京しごとセンターで検索できる企業は、東京都の企業だけです。つまり、応募する人の住所はどこでも構いませんが、応募先は東京の企業に限定されます。

東京しごとセンターとハローワークの違い。利用者の視点から比較。

以下の表は、実際に両者を利用してみた、東京しごとセンター(飯田橋)とハローワークとの違いです。

あくまで私の感想ですが、『当たらずとも遠からじ』という感じです。

ちなみに、私の知人(50代女性)は、東京しごとセンターから5社に応募して、2社の内定を獲得しました。

また、しごとセンターの壁には再就職の成功体験がたくさん掲示されているので、実績は十分のようです。

ハローワーク しごとセンター
雰囲気
アドバイザー 要申し込み 専任
対応地域 全国 東京
求人件数
求人の質

 

次に、東京しごとセンターとハローワークの違いについて、各項目を具体的に説明していきます。

ハロワークの特徴

ハローワークの雰囲気

市役所の中に併設されている事も多いため、雰囲気は役所とよく似ています。

また、頻繁に顔を出していると、規模の小さいハローワークでは顔見知りもできるかもしれません。

ただ、ここには本当にいろんな人が来ます。なかには職員に大声でいちゃもんを付けたりするような人もいますので、必ずしもあたたかな雰囲気であふれているというわけではないことも確かです。

そんなせいもあって、職員は不愛想だと思われがちですが、実際に利用してみるとそんなことはありません。また、こちらから依頼すれば、応募書類に関する丁寧な指導を受けられます。

その甲斐もあって、私もここで応募した企業から内定をもらうことができました。

専任アドバイザー

手の空いている職員が順次、窓口相談を行うシステムですが、自分と相性の良い職員を指名することもできます。

その場合、指名した職員の手が空くまで待たなければいけないので、待ち時間は多少長くなるかもしれません。

ただ、アドバイザー制度がないとはいうものの、もちろん、個別の相談にも乗ってくれます。窓口でいろいろと質問してみましょう。

また質問だけではなく、応募書類の添削などにもその場で対応してくれます。

かなり融通を利かしてくれますので、ダメ元で色々とリクエストしてみてはいかがでしょうか。

対応地域

全国の求人を探すことができ、専用のパソコンで検索します。

一昔前は紙に印刷されたものからを探していたようですが、今ではパソコンになりました。

操作はタッチペンで行うので、キーボード操作が苦手な人でも大丈夫ですし、分からないことがあれば、職員が丁寧に教えてくれます。

利用するハローワークの近隣の求人であれば掲示板にも貼り出していますし、正社員だけでなく、契約社員やアルバイトなども探すことができます。

ちなみにハローワークインターネットサービスというものがあるので、自宅で検索することも可能です。ただし、ちょっと使いにくいです…

また、履歴書のフォーマットをダウンロードすることもできます。

ハローワークの求人件数

ハッキリいってめちゃくちゃ多いです。

しかしなかには、同じ企業が複数の職種で応募していたり、数年前も見かけたような会社が何回も募集していたりしますので注意が必要です。

そうした会社は往々にして離職率が高い傾向にあり、仮に内定が獲れたとしてもすぐに退職してしまうという悲劇につながりかねません。

そうならないためにも、応募したい求人について、窓口の職員に調べてもらいましょう。

例えば、過去に何回、ハローワークに求人登録しているか、そして求職者からの苦情の有無など、可能な限り調べてくれます。

また、インターネットなどを使って、どんな会社なのか自分でしっかりと調査することも必要です。

こちらの記事もご参考までにどうぞ!

関連記事

これからに日本社会には未曽有の大不況が押し寄せようとしています。 テレビやネットなどを見ていると、失業者数の増加に関するニュースが目に付くようになってきました。 しかし、政府による有効な対策が実施されるような気配も見えず、まさに[…]

ハローワークの求人の質

一般的に言われることですが、あまり良くはありませんでした。求人件数の多さに期待してしまうと、ガッカリしてしまうかもしれません。

ただし、感じ方は人それぞれです。

実際、私が一番長く務めた会社もハローワークで見つけました。

検索条件を色々と変えて、しらみつぶしに探してみましょう。お宝求人は必ずあります!

東京しごとセンター(飯田橋)の特徴

東京しごとセンターの求人は、年代別にヤング(29歳以下)/ミドル(30歳~54歳)/シニア(55歳以上)に分類されています。

これにより、年齢によって利用するコーナーが異なるのが特徴です。これ以外にも全年齢対象や女性再就職支援の求人もあります。

また、センターでは多数のセミナーが開催されています。書類作成、面接対策などに関するものが頻繁に行われているようです。もちろん無料!

ちなみに私は書類作成セミナーに申し込んできました。

それだけでなく、企業の面接会などもあり、こちらは書類選考なしで面接を受けることができるものがあります。

東京しごとセンター(飯田橋)の雰囲気

所在地は飯田橋です。

大企業のオフィスのような開放的な雰囲気で、ハローワークよりも洗練された感じです。とはいっても堅苦しい雰囲気ではありません。

私服で行っても全く問題ありません。むしろスーツ姿の人はほとんどいませんでした。

また、支店的な位置付けである「東京しごとセンター多摩」もありますが、こちらは市役所内に設けられているので、ハローワークと似た雰囲気です。

専任カウンセラー

ハローワークとは異なり、専任カウンセラーが付きます。

この人たちはパソナキャリアという民間会社に所属しています。要は転職のプロということですね。

専門知識に長けているので、かなり丁寧なアドバイスを受けることができます。

また、初回登録時にカウンセリングがありますが、それ以外でも希望すれば適宜、カウンセリングを受けることができます。

1回の面談の所要時間は大体1時間くらいで、希望すれば応募書類の添削もしてくれます。

対応地域

東京の求人が対象です。

“東京”しごとセンターという名称は、東京の求人に限定していることが由来です。

しかし、利用者は都民以外でも利用可能です。

他府県在住の方であっても東京の求人を探している場合は、当然、利用可能です。そのため、東京しごとセンターの利用は、再就職のための有力な選択肢になり得ます。

東京しごとセンターの求人件数

そこそこ多いですが、数はハローワークには負けます。東京限定の求人が対象なので仕方ないのかもしれません。

求人はハローワークと同様に掲示板に貼り出されていますが、それはごく一部です。

ただ、求人件数の少なさを補って余りある特徴が東京しごとセンターにはあります。それはセミナーです。

各年齢層に応じて数多くのユニークなセミナーが開催されており、有益な情報提供の場となっています。

登録者はこれらセミナーに無料で参加することができます。ミニ面接会なども開催されているのでぜひ利用してみましょう!

なお、東京しごとセンターでの求人に応募する場合は基本的に、P-jobというセンターの独自システムで行います。民間の転職サイトとほぼ同じです。

P-jobへのログインにはIDとパスワードが必要になりますが、これは初回登録時に説明してもらえます。

応募したい求人を見つけたときは、P-job上から応募することができるうえ、結果連絡も確認することができるので非常に楽です。

東京しごとセンターの求人の質

転職サイトには負けますが、独自の営業部隊が求人を開拓しているため、ハローワークよりは少し上なような気がしました。

また、その人にとって向いていない可能性のある求人に応募した場合は、アドバイザーがそれを教えてくれます。

東京しごとセンター(飯田橋)とハローワークの違い:まとめ

ハローワークと東京しごとセンターにはどちらも一長一短なので、一概にどちらがよいかは判断できません。

どちらか一方だけを利用するのではなく、二つを併用しながら、いいとこ取りをするのが一番です。

真面目に活動していれば、いつか光明が見えてきます。

今は苦しくて辛い時かもしれませんが、時には休憩しながら、できることからコツコツとやっていきましょう!

大丈夫、未来は明るいですよ!

まだ、間に合います!

\ 無料で利用!内定を目指そう! /

東京しごとセンターを積極的に活用しよう!

何歳でもOK!一人で悩まず、まずは相談!

 ヤング(29歳以下)ミドル(30~54歳)シニア(55歳以上)など、年齢に応じた求人が大きな魅力。

 まずは専門のカウンセラーに相談してみましょう!

最新情報をチェックしよう!