東京しごとセンターは都民以外も利用可能!最寄り駅からのアクセス情報

この記事の内容

東京しごとセンターへのアクセス、利用方法、利用してみた感想

応募しても書類選考すら通過しない…

転職活動の結果がなかなか出ず、途方に暮れている方は本当にたくさんいらっしゃいます。

私自身も数回の転職を経験していますので、仕事が決まらない時の辛さはよく分かります。

でも、まだ間に合います!

東京で働くことを考えているのなら、『東京しごとセンター』に相談してみてはどうでしょうか。

都民以外も利用可能なサービスなので、ぜひ活用したい制度です。

この記事では、 東京しごとセンターへのアクセスや利用方法について説明します。

転職活動に悩んでいるなら…

転職に悩みや不安を抱えていませんか?

東京都の就職支援事業によるアドバイザーなら、無料で何度でも相談に乗ってくれます。

私もよく相談してました。アドバイザーとの二人三脚で内定を手繰り寄せましょう。

転職が決まらない30代・40代こそ攻めの姿勢を!

転職活動に悩んでいるなら…

転職に悩みや不安を抱えていませんか?

東京都の就職支援事業によるアドバイザーなら無料で何度でも相談に乗ってくれます。

安心して転職活動を進められますよ。私もよく相談してました。

転職が決まらない30代・40代こそ攻めの姿勢を!

この記事を書いた人

ヤットキプロフ

業界歴9年のWeb解析士GAIQ保有。

ガラケー時代からSNSに携わってます。

Twitterはこちら→ @yattoki_mashita

この記事を書いた人

ヤットキプロフ

業界歴9年のWeb解析士

GAIQ保有

ずっとSNSに携わってます。

Twitterはこちら: @yattoki_mashita

目 次

東京しごとセンターは都民以外も利用可能!最寄り駅からのアクセス情報

東京しごとセンターは、都内での仕事を探しているなら、都民以外の方も利用できます

東京しごとセンターは、東京都が都民の方の雇用や就業を支援するために設置した、<しごとに関するワンストップサービスセンター>です。お一人おひとりの適性や状況を踏まえたきめ細やかな就業相談(キャリアカウンセリング)から、就職活動や就職後に役立つ知識・スキルを習得するための各種セミナーや能力開発、求人情報の提供・職業紹介まで、就職に関する一貫したサービスを提供しています。都内で仕事をお探しの方でしたら、都民以外の方もご利用いただけます。

引用:東京しごとセンター公式サイト

また、履歴書の書き方や合同説明会など各種セミナーに全て無料で参加できるのでおススメです。

実際に利用していた私が、利用者目線でアクセスや利用方法などをご紹介します。

東京しごとセンターとは?ハローワークとの違い

あまり馴染みのない東京しごとセンター、いったいどういう場所なのでしょうか。

東京しごとセンターを一言で表現すると、【しごとに関するワンストップサービスセンター

東京都による公的な就労支援機関で、カウンセリング・就活セミナー・仕事紹介などを行っています。

都内での就業を考えている方であれば、都民以外の方でも気軽に利用できます。

また、2020年6月30日から「オンライン就職支援」が始まりました。

ハローワークとの違いについてよく取り上げられますが、その大きな違いは、次のような点です。

  1. 都内で仕事を探している方が利用できる(都民でなくてもOK)
  2. アドバイザー制度など、ハローワークよりも手厚いサービス
  3. セミナーや合同説明会などを頻繁に実施

最も大きな違いは、都内での就業を考えている人に限定したサービスという点です。

ハローワークは全国の求人を対象としていますが、東京しごとセンターはは都内の求人を専門に取り扱っています。

そのほか、東京しごとセンターとハローワークの違いの詳細はこちらの記事をご覧ください。

東京しごとセンターには独自の求人案件がある

しごとセンターには営業部隊がそろっているので、独自の求人案件を開拓しています。

いわば、東京都という公的な側面と民間事業の側面を併せ持つ特徴的な行政サービスです。

求人件数は公開されていませんが、2019年~2020年の利用者数は約25,000人。

そのうち、就職に成功した人は約14,000人(参考:東京しごとセンター公式サイト)。

50%以上の利用者が内定していることになるので、かなりの割合といえます。

東京しごとセンター(飯田橋)へのアクセス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次
閉じる