初めての外資系への転職|英語できない中年男が内定をもらうまで

外資系への転職|英語できない中年男
こんな人に向けて書きました
  • 英語ができないけど、外資系に転職したい
  • アラフォーでも外資系から内定が取れるのか心配
  • はじめての外資系転職だから不安

外資に興味あるけど、英語は得意じゃないし…

外資系企業に転職したいけど、英語ができないことを不安に感じて二の足を踏んでしまっていませんか?

私も経験者なので、応募をためらう気持ちは良く分かります。

でも今、あなたの目の前にはチャンスが転がっているんです。ダメ元の精神で挑戦してみてはいかがでしょうか。

失敗しても命を取られるわけではありません。次に進むだけです。

この記事では、40代半ばの英語できない私が、外資から内定を獲得した体験談を紹介します。

≫ 外資系転職専門のエンワールド・ジャパン

この記事を書いた人

ヤットキプロフ

業界歴10年のWeb解析士GAIQ保有。

ガラケー時代からSNSに携わってます。

この記事を書いた人

ヤットキプロフ

業界歴10年のWeb解析士

GAIQ保有

ずっとSNSに携わってます。

目 次

初めての外資系への転職|英語できない中年男が内定をもらうまで

『数撃ちゃ当たる』ではいつまでたっても書類選考を通過できません。

しかし、外資系企業への応募に臆病になる必要はありません。

私がこう考えるのは、『40代・英語力なし』という絶望的な状況でも内定を獲得できたからです。

当時の私の状況は次のとおりです。

当時の私のスペック
  • 年齢:40代前半
  • 転職回数:4回
  • 短期離職経験:2回(半年)
  • TOEIC:530点
  • ITスキル:中の上(ニッチな分野での特殊スキルあり)
  • 資格:Web解析士、GAIQ

これから分かるとおり、私は目立った特徴のない中年男性です。

そんな私が実際に行った3つの対策を具体的にお伝えします。

応募へのためらいを解消する考え方

転職活動にあたり、当初は外資系企業という選択肢は頭に全くありませんでした。

そんなある日、『これは!』と思える外資の求人を転職サイトで偶然見つけました。

しかし、日本企業でしか働いてきたことのない私にとって、応募には不安しかありません。

そこで、懇意にしているアドバイザーに相談したところ、こんな助言をしてくれました。

採否を決めるのは企業です。迷うくらいなら応募してみては?

そうなんです、採否は企業側が決めることなんです。応募者はその判断をただ待つことしかできません。

つまり、こちらがどうしようもできない事を気にしても仕方ないので、まずは応募してみようということでした。

アドラー心理学にも同じような例え話があります。

これ以来、私は応募へのためらいがグッと少なくなりました。オススメの考え方です!

履歴書の意外なコツ|外資系に転職した、英語できない男の秘策

まずは書類選考を通過しなければ何も始まりません。

また私は過去、管理職として採用業務にほんの少しだけ携わっていたことがあります。

そのときに多くの応募書類を見た結果、『作り込まれた履歴書や職務経歴書の数はとても少ない』ということを実感していました。

そこで、次の2つを心がけて書類の完成度に徹底的にこだわりました。

  1. 論理的な文章
  2. 志望動機と趣味欄の充実

一見すると、どれも当たり前のようにも思えますが、これができていない人は意外に多くいます。

英語ができない私が外資系から内定をもらえた要因はこれらを徹底したことだと考えています。

では以下、順番に説明します。

その1. 論理的な文章

書類全般に渡って、PREP法を参考に文章を作成しました。

PREP法とは、結論(Point)→理由(Reason)→具体例(Example)→結論(Point)の順番に記述する文章の型のことです。

主に説得力のあるプレゼンを行うときなどに用いられます。

そのため、履歴書や職務経歴書にもよくなじみますし、自然と論理的な文章になります。

とはいえ、文章は独りよがりになりがちなので、色んな人の意見をもらいながら20回以上は書き直しました。

また、採用担当者は、書類の完成度によって応募者の業務遂行能力を推し量っています。

そのため、好印象を与える書類を作成するためには、専門家からアドバイスをもらうのが最も効果的です。

特に、外資系企業への応募を検討している方であれば、それを専門に扱う転職コンサルタントが最適でしょう。餅は餅屋といいますし。

なおかつ、規模の大きな人材紹介会社であれば、チーム内での情報共有などに強みがあります。こうしたコンサルタントと面談できるのはかなりのメリットです。

≫ 外資系転職専門のエンワールド・ジャパン

このエンワールド・ジャパンでは、就業後1年間、職場定着に向けたサポートも実施しているそうです。

一度、気軽な気持ちで面談してみてはいかがでしょうか?

相談するだけで、ずいぶんと気が楽になりますよ

その2. 志望動機と趣味欄の充実(←意外なコツ)

そして次は、志望動機と趣味欄の充実です。

私はここでもPREP法を使いました。

少しびっくりする話ですが、最近は未記入の志望動機が多いそうです。熱意をアピールできる絶好のポイントなのですが…

さらに意外なコツとは、【趣味の記述を充実させる】ことです。

その理由は、同僚になるかもしれない人の性格や趣味を知っておきたいからだそうです。

言われてみれば確かにそうですよね。

でも求職者はついつい、趣味の記述を簡単に済ませがちです。

『何を』『どのように』『どれくらい』というレベルまで掘り下げて記載すると、面接官の関心を引くはずです。

上記の履歴書の書き方を徹底して行えば、書類選考の通過率は上がっていくのではないでしょうか。

面接対策|外資系企業に転職。英語のできない私の秘策

第一関門の書類選考を突破した私でしたが、心配事がありました。

それは、面接で英語でのコミュニケーションをテストされるかもしれないということです。

しかし幸いにも、3人の面接官は全て日本人(もちろん、みなさんバリバリのバイリンガル)でした。

『英会話できません』と正直に申告していたのが良かったと考えています。ただ、TOEICなどの学習計画などは予め職務経歴書に記載しておきました。

あとは私の秘策を実行に移すだけです。

ど忘れして頭が真っ白にならないための秘策

多くの方は想定問答集を作成して、それに対する答え方を暗記すると思います。

しかし、暗記した文章を思い出して口に出すと、本読みをしているような口調になってしまいます。

さらに、緊張のあまり話すことを忘れてしまうとパニックです。私も幾度か経験しました。

そうした最悪の事態を回避するために編み出した方法が私の秘策です。

その秘策とは、想定問答集の回答を丸暗記するのではなく、キーワードだけを覚えることです。

面接本番では、キーワードをつなぎあわせて答えていきます。

このメリットは2つです。

  1. 自然な会話口調で話すことができる
  2. キーワードを忘れても、脳みそが瞬時に別の言葉に置き換えてくれる

1について、文章を丸暗記すると本読みのような口調になってしまいます。しかしキーワードを連結して話せば、不思議と本読み口調がなくなります。

2については、身近な人に面接官役をしてもらい、模擬面接でその効果を確かめてみてください。キーワードを忘れてしまっても、脳が瞬時に別の言葉に置き換えて補完してくれます。

とはいえ、ぶっつけ本番でやり過ごせるほど甘くありません。

事前にコンサルタントに相談すれば的確なアドバイスを貰えますし、面接情報なども提供してもらえるかもしれません。

当時、こうした外資系専門のコンサルタントの存在を知っていれば、もっとスムーズに活動できていたかもしれません…。

≫ 外資系転職専門のエンワールド・ジャパン

40代による外資系企業への転職方法|英語できない中年男の体験談:まとめ

以上、長くなりましたが、40代でも外資系企業に転職できた、英語のできない私の体験談をお伝えしました。

本記事をおさらいすると、次のようになります。これでなんとか内定を獲得することができました。

応募へのためらいを解消する考え方

採否は企業側が決めること。こちらの力が及ばない事を気にしない。迷うならまず応募。

履歴書の書き方

PREP法で書く。

志望動機と趣味欄の充実(特に趣味)させる。

とっておきの面接対策

キーワードをつなぎあわせて答える。

内定通知書のオファーレターに署名する時、慣れない手付きでサインしたのを今も覚えています。

ただし、ちょっと遠回りしてしまったと反省もしています。

もし過去の自分に指摘できるなら、『専門家を頼ればもっとスムーズに転職活動できるよ』とアドバイスすると思います。

≫ 外資系転職専門のエンワールド・ジャパン

外資系企業への挑戦はなかなか経験できることではありません。

せっかくの機会なので、めいっぱい楽しんで下さい!

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次
閉じる