40代での転職失敗は人生終わり?無職どん底でも、なんとかなる話

この記事の内容

40代による転職失敗談をブログ形式でお伝えします。失敗してもなんとかなる!

最近では多くの人が転職を経験していますが、みなさん、大なり小なりの失敗談をもっているはずです。

かくいう私も盛大に失敗してきました。

40代での転職失敗は人生終わりなのでしょうか?

いえ、そんなことはありません。現に私がそうですが、今もちゃんと生きてます(笑)

たとえ無職のどん底に陥っても、もがけばなんとかなるんです!

40代男性である私の転職失敗談をご覧ください。

転職活動に悩んでいるなら…

転職に悩みや不安を抱えていませんか?

東京都の就職支援事業によるアドバイザーなら、無料で何度でも相談に乗ってくれます。

私もよく相談してました。アドバイザーとの二人三脚で内定を手繰り寄せましょう。

転職が決まらない30代・40代こそ攻めの姿勢を!

転職活動に悩んでいるなら…

転職に悩みや不安を抱えていませんか?

東京都の就職支援事業によるアドバイザーなら無料で何度でも相談に乗ってくれます。

安心して転職活動を進められますよ。私もよく相談してました。

転職が決まらない30代・40代こそ攻めの姿勢を!

この記事を書いた人

ヤットキプロフ

業界歴9年のWeb解析士GAIQ保有。

ガラケー時代からSNSに携わってます。

Twitterはこちら→ @yattoki_mashita

この記事を書いた人

ヤットキプロフ

業界歴9年のWeb解析士

GAIQ保有

ずっとSNSに携わってます。

Twitterはこちら: @yattoki_mashita

目 次

40代の転職失敗は人生終わり?無職のどん底でも、なんとかなる!

転職や再就職の失敗など考えたくもない最悪の事態です。

でも、もし失敗してしまったら…?

結論、転職に失敗してもなんとかなります。普通に社会復帰できます。

内定を出るまでに時間はかかるかも知れません。

『40代での転職失敗は人生終わり。無職のどん底』なんていう雑誌の記事を目にすることもあります。

でもこれって、半分事実で半分事実じゃないと思うんです。

事実、40半ばで無職になった私でも、半年ほどアルバイトの傍ら就活して、外資系企業から内定をもらうことができました。

もちろん、相当もがきました。考えられるかぎりの工夫も凝らしました。

そこで、私が行ってきた対策を体験談を基にシェアします。

転職に失敗しても殺されるわけじゃありません

冒頭で述べた『なんとかなる』というのは、内定を獲得できるという意味です。

これには【戦略】と【継続】が必要です。

たとえば次の1~3を行い、それを繰り返します。

  1. 応募書類の見直し
  2. 応募書類の添削
  3. 提案資料の作成

ただ、『3.提案資料の作成』は、全ての応募先企業に対して有効というわけではありません。

私の場合、ここぞという応募先企業に提案資料を履歴書に同封したり面接に持参していました。

提案資料を作成した理由は、自分の熱意をアピールするためです。

40代を過ぎると、他のライバルと同じことをしていては結果が出ません。

そこで、採用担当者の目を引くためのプラスαの必要性を感じたのです。

もちろん、百発百中で狙いとおりの効果を得られるとは考えておらず、半ばダメ元でした。

しかし、これがハマれば大きな効果を発揮します。

大体の場合、高評価を得て最終面接までこぎつけることができました。

もちろん、企業によっては『出過ぎたマネをするな』と考えられるかもしれません。

しかし、そうなったらそれまでのこと。

そんな企業は、出る杭を叩くような文化だと思って割り切りましょう。

縁がなかったのです。

転職失敗談と内定獲得までのエピソード

私の転職失敗人生は、勤務先の倒産から始まります。

この倒産の1年ほど前から希望退職者の募集が始まりました。しかも、割増しで退職金が支払われるという条件付きです。

当時の私は30代後半。

倒産することが確実な会社に最後まで残るのはリスクが高いと判断し、早期に退職することにしました。

同時期に退職したのはなんと全社員の2/3です。

さて、ここから苦難の道のりが始まります。本当に多くの会社に応募しました。

しかし、書類選考にすら通過できない毎日。応募件数を数えてみたら50社を軽く超えるという事態に…。

でも、もがき続ければなんとか内定にたどり着くことができるんです。

以下では、そんな私の転職失敗談と成功談を2つご紹介します。

ケース1. 転職失敗事例:A社に応募した時のエピソード

この会社が募集していた職種は、私がかつて携わっていた業務と非常によく似ていました。

そこで、企業側が求める人物像や技術に直結するような志望動機や職務経歴書を作成。

このときはエージェントやハローワークにも添削してもらいました。完成までに一週間くらいかかったと思います。

それと並行して、業務フローの改善につながる提案資料も作成しました。

その甲斐あって書類選考に通過して面接に進めることになりました。

これは後で聞いた話ですが、この会社の書類選考通過率は非常に低いそうです。

一次面接では前述の提案資料を持参し、経験者の観点から、現状の問題点と改善点をまとめたものをノートPCの画面を見せながら説明しました。

場の雰囲気はかなり盛り上がり、高評価を得たと思います。これが功を奏したのか、その日の夕方には二次面接の案内が届きました。

エージェントによると三次面接まで用意されていたそうですが、この二次面接が実質的に最終だと聞かされました。

そして迎えた二次面接。

緊張しながらも社長と役員からの質問になんとか答えましたが、結果はあえなく落選。

この時の雰囲気からすると、アラフォーという年齢が大きなネックになったと思います。

また、前職を早期に退職したことから、会社にあっさりと見切りをつけてしまう性格というマイナスイメージを持たれてしまったようです。

なかなか難しいものです。

しかし、アラフォーといえども念入りに応募書類を作成すれば、倍率の高い企業の書類選考に通過できるという自信につながりました。

ケース2. 転職成功事例:B社に応募した時のエピソード

B社は私にとって未経験の業界でした。

しかし、募集職種としては経験のある内容だったので応募しました。

それは社内SEです。

この企業はそれまでIT関連のポジションを設けてこなかったのですが、今後のWeb展開を見据えたうえでの担当者の募集でした。

そこで先ほどのA社と同様、『自分の経験をどのように活用するか』という観点で提案資料を作成することにしました。

具体的には、未経験ながらも業界のことを調べて、各社の比較や動向などをまとめることに。

さらに、実店舗に足を運んで商品を購入し、業界未経験ながらも使用感をチェックしたりもしました。

また、企業サイトのデザインが古臭かったので、企業カラーを取り入れたサイトの改修案も資料にまとめました。

こうした書類を履歴書に同封して応募したところ、なんとか面接に進むことができました。

そして、その後の二回の面接を経て内定をもらうことができたのです!

40代の転職失敗は人生終わり?なんとかなるから、早めの再スタートを!

冒頭にお話ししたように、 40代での転職失敗は人生終わりではありません。

無職のどん底で悲しい思いをするかもしれませんが、それは一時のこと。

諦めずにもがけば、なんとかなります。

それも3年も4年も先の話ではなく、せいぜい半年~1年くらいのものでしょう。

それくらいなら何とか乗り越えられそうじゃありませんか?

また、転職サイトやハローワークからの応募だけでなく、企業サイトの採用ページから直接問い合わせてみるくらいのフットワークの軽さも必要です。

まずは応募しなければ何も始まりません。

あなたの吉報をお待ちしています!

転職活動に悩んでいるなら…

転職に悩みや不安を抱えていませんか?

東京都の就職支援事業によるアドバイザーなら、無料で何度でも相談に乗ってくれます。

私もよく相談してました。アドバイザーとの二人三脚で内定を手繰り寄せましょう。

転職が決まらない30代・40代こそ攻めの姿勢を!

転職活動に悩んでいるなら…

転職に悩みや不安を抱えていませんか?

東京都の就職支援事業によるアドバイザーなら無料で何度でも相談に乗ってくれます。

安心して転職活動を進められますよ。私もよく相談してました。

転職が決まらない30代・40代こそ攻めの姿勢を!

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

【関連記事】

初めての転職の進め方

英語できない40代が外資系企業に転職できた理由

転職に迷うならやめたほうがいい理由

ハローワーク求人検索の仕方とコツ。ブラック企業の見分け方

東京しごとセンターは都民以外も利用可能!

東京しごとセンターとハローワークの違い

40代による転職フェアの参加レポート

変な会社に入ってしまった時の体験談とその特徴

税金が払えない・奨学金を返済できない。そんな無職が活用したい制度

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次
閉じる