【面接で緊張する人は必見!】話す内容が飛ぶ時・言葉に詰まった時の対策

面接で詰まった時やうまく話せない人に試してほしい対策
この記事の内容

面接で自然かつスムーズに話す意外なコツを説明します

面接は緊張しまくり!うまく話せないから超苦手…

転職や再就職の最大の壁は面接といっても過言ではありません。

たとえWebで行われるとしても、口頭でのやり取りはどうしても緊張してしまいます。

そこで今回は、面接で自然かつスムーズに話すコツをご紹介します。

うまく話せない人にぜひ試してほしい方法です。

この記事を書いた人

ヤットキプロフ

業界歴9年のWeb解析士GAIQ保有。

ガラケー時代からSNSに携わってます。

Twitterはこちら→ @yattoki_mashita

この記事を書いた人

ヤットキプロフ

業界歴9年のWeb解析士

GAIQ保有

ずっとSNSに携わってます。

Twitterはこちら: @yattoki_mashita

目 次

【面接で緊張する人は必見!】話す内容が飛ぶ時・言葉に詰まった時の対策

面接をうまく乗り越えるポイントは、いかに自然なやり取りができるかという点に尽きます。

そこで私の持論をお伝えします。

ポイントは、些細なことに気を遣いすぎないことです。

小さなことに気を取られすぎない

面接において、多くの人が異常なほど入室マナーを気にしているようです。

たしかに、ノックもなしに入室するのは問題外です。

しかし、ノックの回数や鞄を置く位置が採否に大きく影響するとは到底思えません。常識の範囲内で十分です。

些末なことにエネルギーを使うのはやめましょう。

マナーについて書かれたページを前日に一読する程度で十分です。

あまりに神経質になりすぎると、動きまでぎこちなくなってしまいます。

頭が真っ白にならないようにするコツ

きっと多くの人は、面接の事前準備として回答リストやメモを暗記すると思います。

しかし、ここが落とし穴です。

丸暗記は時間がかかるうえに、一言一句を正確に覚えることはできません。

また、なんとか覚えることができたとしても、記憶した文章を口から発すると、音読しているように聞こえてしまいます。

これでは、スムーズなコミュニケーションが図れているとは言えません。

そしてなにより、記憶がスッポリと抜け落ちることがよく起こります。

こうなるともう、頭が真っ白に…

言葉が詰まってうまく話せないという、悪夢のような状況が生み出されます

これを回避するために私が編み出したのが【キーワード結合法】です。

秘伝:キーワード結合法!

【キーワード結合法】とは文字どおり、その場でキーワードをつなぎ合わせて話すというだけの方法です。

このネーミングは私が勝手につけました(笑)。

事前準備としては、想定質問集&回答集からキーワードだけを抜き出して、それらを覚えるだけです。

あとは、キーワードを面接の場でつなぎあわせて話すということです。

そんなに都合よくできるの?

そう考えるのも無理はありません。実は私もこの方法には不安がありました。

しかし、いざやってみると不思議なくらいにうまくいったのです。

人間というのは文章を丸暗記するよりも、キーワードを組み合わせて再構築するほうが得意なのかもしれません。

一度、自宅で練習してみて下さい。3~5回ほど練習すれば、その効果を実感できるはずです。

実際、私はこの方法で緊張の度合いがかなり減少しました。

おすすめの方法です!

キーワード自体を忘れたらどうなるのか?

では、キーワードを忘れてしまったらどうなるのでしょうか?

その場合も大丈夫です。実は、みなさんの脳みそが瞬時に別の言葉に置き換えてくれます。

言い換えると、抜けてしまったキーワードを脳みそが自動的に補完してくれるんです。

自分が思うよりも脳は賢いです!

もちろん、立て板に水のようにペラペラと話すことはできません。しかし少なくとも、日常会話のような自然なやり取りができます。

まとめ)【面接で緊張する人は必見!】話す内容が飛ぶ時・言葉に詰まった時の対策

以上、『面接で緊張する人は必見』と題して、話す内容が飛ぶ時や言葉に詰まった時の対策を説明しました。

今回ご紹介した方法はかなり我流ですが、この方法と相性がピッタリの方もいるかもしれません。

『面接がうまくいかないから何かを変えたい』とお考えの方、ダメ元で一度ためしてはいかがでしょうか?

みなさんの面接がうまくいくことをお祈りしています!

履歴書の作り方に悩んでいるなら…

アドバイザーと一緒に応募書類を作成すれば、書類選考の通過率はグンと上がります。

東京都の就職支援事業によるアドバイザーなら、無料で何度でも相談に乗ってくれます。私もよく相談してました。

そのときの体験談はこちらです。

転職が決まらない30代・40代こそ攻めの姿勢を!

履歴書の作り方に悩んでいるなら…

東京都の就職支援事業によるアドバイザーに相談して、書類選考の通過率を上げましょう!

無料で何度でも相談に乗ってくれるので、活用しない手はありません。私もよく相談してました。

転職が決まらない30代・40代こそ攻めの姿勢を!

それではまた次の記事でお会いしましょう!

【関連記事】

書類選考に通過する志望動機の書き方

『応募書類在中』『履歴書類在中』と印刷済の封筒

転職が決まらない30代・40代こそ攻めの姿勢で!

転職・再就職を成功させる履歴書の書き方

転職のための履歴書の書き方

A3サイズの履歴書を印刷する方法

ツールを使った志望動機と自己PRの作り方

書類選考を通過する職務経歴書の書き方

面接で詰まった時やうまく話せない人に試してほしい対策

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次
閉じる